« 拉致家族 オバマ大統領と面会へ(24日)NHK | トップページ | ワインボトル、透かして見たら覚醒剤 密輸容疑で男逮捕(24日)朝日 »

2014年4月24日 (木)

千葉大4万人超の情報閲覧状態に(24日)NHK

千葉大学の教育学部の教授が、研究室のハードディスクを無断で自宅に持ち帰り、セキュリティーの設定を適切に行わないままインターネットに接続したため、学生など延べ4万7000人分の個人情報が外部から閲覧できる状態になっていたことが分かりました。

閲覧できる状態になっていたのは、平成15年度以降に大学に在籍した3万7000人の学生の氏名や生年月日、それに3300人分の学生の成績など、延べ4万7000人分の個人情報です。
千葉大学によりますと、先月26日、「学生の個人情報がインターネット上で見られる状態になっている」という連絡があったということです。
このため大学が調査したところ、先月12日、教育学部の男性教授が研究室のハードディスクを無断で自宅に持ち帰り、セキュリティーの設定を適切に行わないままインターネットに接続したため、2週間にわたって外部から閲覧できる状態になっていたことが分かりました。
個人情報は現在は閲覧できない状態になっていて、これまでのところ個人情報が悪用されたという連絡はないということです。
大学では関係者に謝罪するとともに教授の処分を検討することにしています。
千葉大学は、「今回の事態を深く反省し再発防止に向け教職員に対する教育・指導に努めます」と話しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140423/k10013979781000.html

« 拉致家族 オバマ大統領と面会へ(24日)NHK | トップページ | ワインボトル、透かして見たら覚醒剤 密輸容疑で男逮捕(24日)朝日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拉致家族 オバマ大統領と面会へ(24日)NHK | トップページ | ワインボトル、透かして見たら覚醒剤 密輸容疑で男逮捕(24日)朝日 »