« 18歳少年が遺族に謝罪 三重の中3女子強殺審判(16日)西日本 | トップページ | ビットコインのマウントゴックス 破産手続きへ(17日)テレビ朝日 »

2014年4月17日 (木)

ノバルティスの座薬、また針 今度は千葉で、けが人なし(17日)産経

ノバルティスファーマ(東京)の座薬に金属針が刺さっているのが埼玉県で見つかった問題で、同社は16日、千葉県でも同様の被害が確認されたと発表した。患者が使用前に気づいたため、けがはなかった。厚生労働省は同日、都道府県を通じ、医療機関などに注意を呼びかける通知を出した。
 ノ社によると、同社の座薬「ボルタレンサポ」を医師から処方された千葉県の患者が15日、「針のような金属が刺さっている」と千葉県警に通報した。針が刺さっていた場所などの詳細は明らかにされていない。埼玉県で見つかった座薬とは同じ工場で製造されているが、製造日は異なっていた。
 座薬は工場から埼玉県の物流センターに運ばれた後、別の卸業者から埼玉県と千葉県の医療機関に納品された。ノ社は製造工程で混入した可能性は極めて低いとしており、「混入があれば使用前に確認できることから、製品の回収はしない」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140416/crm14041622030010-n1.htm

« 18歳少年が遺族に謝罪 三重の中3女子強殺審判(16日)西日本 | トップページ | ビットコインのマウントゴックス 破産手続きへ(17日)テレビ朝日 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18歳少年が遺族に謝罪 三重の中3女子強殺審判(16日)西日本 | トップページ | ビットコインのマウントゴックス 破産手続きへ(17日)テレビ朝日 »