« 認知症男性:身元不明のまま仮名で2年 大阪の路上で保護(19日)毎日 | トップページ | スマホのアドレス帳で恐喝疑い(19日)NHK »

2014年4月19日 (土)

旅客船沈没 船長ら逮捕 船内の捜索続く(19日)NHK

韓国南部の沖合で起きた旅客船の沈没事故は、ダイバーを船内に入れて行方不明者を捜索する活動が夜を徹して続けられていて、多くの乗客が残されているとみられる3階の客室付近にいつ到達できるかが焦点となっています。
一方、韓国の海洋警察は、船長や事故当時操船していた3等航海士ら3人を逮捕しました。

この事故は16日午前、韓国南部の海上を航行中だった旅客船「セウォル」号が大きく傾き、その後沈没したもので、ソウル郊外の高校の修学旅行生300人余りを含む乗客乗員合わせて476人のうち174人が救助されたものの、これまでに高校生など29人の死亡が確認され、273人の安否が分かっていません。
行方不明者を捜索しているダイバーたちは、18日午後に初めて船内の貨物室に入ることができました。
その後もダイバーが夜を徹して捜索を試みていますが潮の流れが速く、船内には短時間しかとどまれないことから、まだ不明者の確認はできていないということです。
旅客船を運航していた船会社によりますと、貨物室の上にあたる3階の客室にはおよそ90人の乗客がいたとみられ、ダイバーが3階付近にいつ到達できるかが焦点となっています。
一方、事故原因を調べている海洋警察などの合同捜査本部は、19日未明、旅客船の船長と事故当時船長に代わって操船していた3等航海士、それに、操だ手の合わせて3人を、乗客の救助を十分に行わなかったなどとして特定犯罪加重処罰法違反などの疑いで逮捕しました。
船長は逮捕された直後、報道陣に対して「ご遺族や国民に申し訳ない」と謝罪しました。
そして、操船を任せた3等航海士が急激な旋回をした時の状況については、「用事があったため、航路を指示して寝室に行っていた」と説明しました。
また操だ手は、「いつもよりもずっとかじが回った」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140419/t10013866251000.html

引率教員の多くが逃げ遅れ

修学旅行中だった高校生とともに沈没した旅客船にのっていた教員たちは、生徒を脱出させようとして逃げ遅れたとみられ、これまでに救助されたのは14人のうち3人にとどまっています。
韓国のKBSテレビによりますと、救助された生徒の証言から36歳の男性教員は大きく傾いた船内で生徒1人1人に救命胴衣を投げ渡していました。
そして、一度は生徒とともに甲板まで脱出したものの、ほかの生徒を助けに行くといって再び船内に戻り、その後、遺体で見つかったということです。
また、25歳の女性教員は傾いた船内で、生徒から「怖い」というメッセージが届くと、「落ち着くように」と携帯電話でメッセージを送信して励ましていました。
この教員も遺体で見つかっています。
KBSテレビは教員の多くが生徒を脱出させようと船内に残った結果、船から逃げ遅れたのではないかと伝えています。

« 認知症男性:身元不明のまま仮名で2年 大阪の路上で保護(19日)毎日 | トップページ | スマホのアドレス帳で恐喝疑い(19日)NHK »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 認知症男性:身元不明のまま仮名で2年 大阪の路上で保護(19日)毎日 | トップページ | スマホのアドレス帳で恐喝疑い(19日)NHK »