« 福岡・筑後の不正引き出し事件、逮捕の夫婦に多額の借金(13日)TBS | トップページ | 新制度の保釈 全国で250件(13日)NHK »

2014年4月13日 (日)

不審電話識別装置1700件着信 西東京市(13日)NHK

東京・西東京市が、希望する住民に、過去に振り込め詐欺などで使われた番号からの電話を識別できる装置を無料で貸し出したところ、4か月間で合わせて1700件余りの着信が確認された一方、被害にあった人はいなかったことが分かりました。

この装置は、過去に振り込め詐欺や悪質商法などで使われた番号からの電話や非通知の着信があった場合、赤いランプが点滅し、電話に出る人に対して警告する仕組みになっています。
西東京市では、去年7月から、この装置を希望する住民に対して1年間無料で貸し出す取り組みを始めていて、およそ150世帯が利用しています。
西東京市が調べたところ、ことし2月までの4か月間に、合わせて2396件の警告があり、このうち非通知を除く、振り込め詐欺などに使われた番号からの電話が1737件確認されました。
西東京市を管轄する田無警察署によりますと、同じ期間の振り込め詐欺の被害は30件でしたが、装置を取り付けた人で被害にあったケースはなかったということです。装置を取り付けている女性は「警告が点滅した場合には子どもにも電話に出ないよう伝えている」と話していました。
西東京市協働コミュニティ課の古厩忠嗣課長は「一定の効果はあったと考えている。装置をつけていない住民にも不審な電話が相次いでいることを知らせ、被害を防止したい」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140413/k10013697431000.html

« 福岡・筑後の不正引き出し事件、逮捕の夫婦に多額の借金(13日)TBS | トップページ | 新制度の保釈 全国で250件(13日)NHK »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡・筑後の不正引き出し事件、逮捕の夫婦に多額の借金(13日)TBS | トップページ | 新制度の保釈 全国で250件(13日)NHK »