« 札幌北署に謝罪会見要求 ボンベ爆発予告の手紙(12日)北海道 | トップページ | 盛岡市の繁華街で火事 飲食店が次々と炎上(12日)テレビ朝日 »

2014年4月12日 (土)

安易な情報提供 潜む危険 空港図グーグル流出(12日)産経

本来非公開であるはずの空港の保安エリアや駅関連施設などの平面図がグーグルグループで丸見えになっていた。昨年にも相次いで行政機関の内部メールなどが誰にでも閲覧可能となった問題があり、改めて重要情報が流出の危険性にさらされている実態が浮き彫りになった。2020年の東京五輪開催を控え、テロ対策を見直している国土交通省も調査に乗り出したが、専門家からは一民間企業にすぎないグーグルへの安易な情報提供を疑問視する声も上がっている。
 グーグルグループをめぐっては、昨年7月、国際会議の交渉過程を記した環境省の内部メールや、東北地方のインフラ整備方針素案を記した国交省の内部文書などが職員の不注意で閲覧制限をかけなかったため、外部から閲覧可能になるといった問題が発覚した。
 これに対し今回、中部国際空港などの保安エリアを含む詳細な平面図が誰でも閲覧できるようになったのは、業務で入手した文書を誤って「一般公開」扱いとしたグーグル側に落ち度があることは明らかだ。
 しかし企業側が相互秘密保持契約を結んだ上で提供したとはいえ、テロを意図する人物らに“機密情報”をさらす危険性は否定できない。
 東京駅でも、JR東日本の子会社が運営する、改札内や駅隣接の高層ビル地下1階にある商業施設2カ所が公開状態となり、非公開である空調用機械室やビル用の特別高圧線の位置などが閲覧可能だった。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140412/crm14041211000006-n1.htm

« 札幌北署に謝罪会見要求 ボンベ爆発予告の手紙(12日)北海道 | トップページ | 盛岡市の繁華街で火事 飲食店が次々と炎上(12日)テレビ朝日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌北署に謝罪会見要求 ボンベ爆発予告の手紙(12日)北海道 | トップページ | 盛岡市の繁華街で火事 飲食店が次々と炎上(12日)テレビ朝日 »