« 同級生恐喝した少年 脅され金に困りコンビニ強盗未遂の同級生 ともに容疑で逮捕 北海道警千歳署(15日)北海道 | トップページ | 父親に「死にたい」 将来悲観し女性警官殺害か (15日)TBS »

2014年4月15日 (火)

拉致被害者家族NYへ出発 国連で要請へ(15日)NHK

北朝鮮の人権問題への対応について話し合われる国連安全保障理事会の非公式会合に出席し、被害の実情や解決への協力を訴えるため、拉致被害者の家族が会合が開かれるニューヨークへ向けて出発しました。

ニューヨークの国連本部を訪れるのは拉致被害者の増元るみ子さんの弟の照明さんです。
国連の安全保障理事会では現地時間の17日、北朝鮮の人権問題への対応について話し合うため非公式会合が開かれることになっています。
増元さんは日本の拉致被害者の家族を代表して会合に出席し、被害の実情や肉親の早期帰国への協力を各国に直接訴えることにしています。
北朝鮮の人権問題を巡っては、国連の人権理事会で先月、拉致などの人権侵害を国際法上の「人道に対する罪」に当たるとしたうえで、安全保障理事会に対して北朝鮮の責任者を処罰するための国際的な司法手続きを始めることなどを求める決議が可決されています。およそ40年前、大学の入学祝いにるみ子さんがくれた腕時計をした増元さんは、出発前成田空港で「拉致問題の悲惨さと緊急に解決が必要な問題であるということを訴えてきたい。会合には常に姉と一緒にいる気持ちで臨みたい」と話しました。
【国際社会の関心の喚起を】古屋拉致問題担当大臣は閣議のあとの記者会見で、「先月、北朝鮮の人権状況に関する決議が国連人権理事会で可決されて以来、多国間で意見交換を行う初めての機会であり、日本政府の発言枠で家族会を代表して増元事務局長に発言していただく機会を設けた。あらゆる機会を通じて、拉致問題に対する国際社会の関心の喚起と理解の促進に努めていきたい。そのことが拉致問題の解決につながっていくと考えている」と述べました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140415/n64025210000.html

« 同級生恐喝した少年 脅され金に困りコンビニ強盗未遂の同級生 ともに容疑で逮捕 北海道警千歳署(15日)北海道 | トップページ | 父親に「死にたい」 将来悲観し女性警官殺害か (15日)TBS »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事