« 今市小1女児殺害、発生から8年半「無念晴らす」捜査幹部 ポスターに懸賞金(17日)産経 | トップページ | 慎重な裏付け捜査進める警察 今市署前から最新情報(17日)テレビ朝日 »

2014年4月17日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17,18日単位・レベル)
やっぱりお年寄りかcrying
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140328104556

 「こどもと高齢者の交通事故防止」などをスローガンにした全国春の交通安全運動期間(4月6日~15日)の死者が95人で、半数以上の49人が高齢者だったことが警察庁のまとめで分かった。子供の死者は3人だった。
 死者数は前年同運動期間より10人減少し、過去10年間で最も少ない数字となったが、65歳以上の高齢者の死者は前年に比べて1人の減少に留まった。
 状態別で最も多かったのは歩行者の36人、自動車乗車中が31人、自転車乗車中が11人など。
 都道府県別でワースト1は神奈川の13人。以下、東京、埼玉、茨城が各5人、栃木4人の順。これに千葉の3人を加えると全死者数の3分の1以上が関東、しかも首都圏に集中した。
 重点項目のシートベルトの着用は運転中の着用の死者は12人。これに対して非着用の死者は10人だった?????????
 一方、全国の事故発生件数は1万5260件で465件の減少。発生件数のワースト1は大阪の1295件、愛知の1292件、福岡の1050件と死亡事故とは逆の西高東低となっている。
 刑法犯認知件数と合わせて交通事故も減少傾向にあり、日本は良い方向に向かっていることは確かのようです。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 今市小1女児殺害、発生から8年半「無念晴らす」捜査幹部 ポスターに懸賞金(17日)産経 | トップページ | 慎重な裏付け捜査進める警察 今市署前から最新情報(17日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今市小1女児殺害、発生から8年半「無念晴らす」捜査幹部 ポスターに懸賞金(17日)産経 | トップページ | 慎重な裏付け捜査進める警察 今市署前から最新情報(17日)テレビ朝日 »