« 強盗未遂容疑で逮捕 連続犯か(14日)NHK | トップページ | 30年前の事故で1億6500万円の賠償命令 頭強打、成人後に障害判明(14日)産経 »

2014年4月14日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14,15日単位レベル)
命の大切さ教えよ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20140410100922

 少年犯罪が減少しているものの、家庭内での殺人事件など凶悪事件が増加傾向にあり、改めて少年非行が問われそうだ。そんな中で、子供たちに「命の大切さ」を教えるため動物のウサギの飼育を教材にしている学校があるという。
 警察庁によると平成25年の刑法犯少年の検挙人員は5万6469人で過去10年連続で減少しているが殺人、強盗など凶悪犯が横這い状態が続いている。
 事件は今年に入っても衰えず、今月2日には千葉県習志野市で、ベンチで寝ていた50歳くらいの男性に殴るけるなどの暴行を加えケガをさせた14歳の少年が逮捕され、3月にはさいたま市で18歳の少年が車を急発進させて43歳の男性を殺害。三重県四日市市でも15歳の女子生徒を殺害したとして18歳の少年が逮捕された。
 今年3月現在の殺人や強盗など凶悪犯の検挙人員は166人で前年同期と比べて1人増。詐欺などの知能犯が201人で13人の増だったが、窃盗犯が7128人で前年比で1221人も減少したのが全体の数字を下げている。
 しかし、警察庁では少年事件について、家庭内における殺人事件や路上強盗殺人など凄惨な事件が目立っていると指摘する。
 特に近年は自分を中心に物事を考える「自己中(自己中心)」の人間が多くなっており、少年犯罪に関わらず判決文では裁判官が自己中心的な性格について意見を述べることが多くなっている。
 そんな中で注目されるのが大阪府内の小学校で「命の大切さを教えるためウサギを飼育している」という。
 朝日新聞電子版によると大阪府教委が昨年4月に行った調査では大阪市と堺市を除く府内の公立の小学校617校のうち265校、266幼稚園のうち146園がウサギを飼っている。学習指導要領は、「(動物の)継続的な飼育」が生活科の内容として規定している。
 我が家でも飼育しているが、ウサギは他の動物と比べて飼育が難しく、その難しさを克服して命を繋ぐことができるのだ。「命を繋ごう」という教育は同時に感情や情緒を育み、創造的で個性的な心の働きを豊かにする情操教育として注目に与えする。
【事件】14日早朝、東京・江東区の駐車場で車に乗ろうとした男性が頭を殴られ、20万円入りのバックを強奪される強盗事件があった。  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
 ★ facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 強盗未遂容疑で逮捕 連続犯か(14日)NHK | トップページ | 30年前の事故で1億6500万円の賠償命令 頭強打、成人後に障害判明(14日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強盗未遂容疑で逮捕 連続犯か(14日)NHK | トップページ | 30年前の事故で1億6500万円の賠償命令 頭強打、成人後に障害判明(14日)産経 »