« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 柏連続通り魔事件、竹井容疑者を鑑定留置へ (11日)TBS »

2014年4月11日 (金)

改正少年法が成立、有期刑上限20年に引き上げ(11日)TBS

 重大な罪を犯した犯行時18歳未満の少年に言い渡す有期刑の上限を現行の15年から20年に引き上げる改正少年法が、参院本会議で可決、成立しました。
 これまでの少年法では、犯行時、18歳未満の少年については、成人なら無期刑に相当する場合、「10年から15年の有期刑」に緩和できると規定されていました。国会で11日に成立した改正少年法は、この上限を20年に引き上げたほか、刑期に幅を持たせる「不定期刑」でも上限を現行の10年から15年に引き上げました。
 「厳罰化を図るものではない。従来ですと少年に対する無期はあったが、有期刑で不定期刑ということになると、5年から10年。無期と10年との間に差がありすぎると(いう声が裁判の現場からも聞かれてきた)。少年に対する適切な科刑を可能にするもの」(谷垣禎一法相)
 少年法を巡っては、少年事件の被害者遺族などから「成人に比べて量刑が軽すぎる」と厳罰化を求める声が出ていました。改正少年法は、5月中に施行される見通しです。(11日16:24)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2173078.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 柏連続通り魔事件、竹井容疑者を鑑定留置へ (11日)TBS »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 柏連続通り魔事件、竹井容疑者を鑑定留置へ (11日)TBS »