« 邦人一家4人、事故で死傷=警察追跡の車と衝突-米西部(2日)時事 | トップページ | 路上に男性の遺体 両足太ももに刺し傷 大阪・四條畷(2日)朝日 »

2014年4月 2日 (水)

気象庁「津波の到達は早くて3日午前6時ごろか」(2日)TBS チリ地震

南米チリ北部で起きた巨大地震について、2日午前、日本の気象庁が記者会見し、日本への影響については調査中で、もし津波が来るとすれば、最も早くて北海道や三陸の沿岸にあすの午前6時頃に到達する可能性があるとしています。
 「この地震による津波の日本への影響は現在、いろいろなデータ集めて解析中。北海道東部や三陸の早いところあたりでは明日の朝6時くらいに、もし津波が来た場合には、明日朝6時くらいに来るだろう」(気象庁の会見)
 チリではすでに最大2メートルを超える高さの津波が観測されていますが、日本への影響については調査中で、津波が到達するかなどについて気象庁はまだ判断できないとしています。しかしながら、2010年2月に南米沖で発生したM8.8の地震では、岩手県の久慈港や高知県の須崎港などで最大1.2メートルの津波が観測されるなど、日本では、南米付近を資源とする大地震に伴う津波でこれまでにたびたび津波による被害を受けているため注意が必要です。
 気象庁では、日本にもし津波が来るとすれば、最も早くて、北海道や三陸の沿岸に3日の午前6時頃に到達する可能性があるとしています。気象庁は今後、各国の地震津波観測機関と連携しながら、津波に関するデータを集めて分析し、日本に津波が来るかどうか、来るとしたらどのくらいの高さの津波が来るのか、津波警報や津波注意報を発表するかどうか、夕方頃までには、日本への津波の影響について判断し、新たに発表したいたいとしています。
 Q.もし津波が来るとすれば、どんな点に注意が必要か?
 南米と日本は距離にして1万7000キロも離れています。しかし、これまでの津波が来た実績をみてみると、津波はものすごく早く、時速700キロを超えるような猛スピード、ジェット機並みのスピードでやって来ることが考えられます。ただ、日本へ来るまでには24時間以上かかることが想像されるので、早くても3日午前6時、もし津波が津波が来るとしても、安全を守るためにかけられる時間は十分あり、この時間を有効に使って、もし津波警報や注意報が出る場合には、それに備えた行動をとることが必要となります。(02日11:27)

Logo1_2

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2164046.html

« 邦人一家4人、事故で死傷=警察追跡の車と衝突-米西部(2日)時事 | トップページ | 路上に男性の遺体 両足太ももに刺し傷 大阪・四條畷(2日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邦人一家4人、事故で死傷=警察追跡の車と衝突-米西部(2日)時事 | トップページ | 路上に男性の遺体 両足太ももに刺し傷 大阪・四條畷(2日)朝日 »