« さいたま突風「竜巻の可能性高い」~気象台(6日)日本テレビ | トップページ | 道警宿舎爆発ボンベ2本 類似事件とは別メーカー 捜査かく乱か(6日)北海道 »

2014年4月 6日 (日)

地元スーパー、商店街が警備強化 ガスボンベ爆発事件 「卑劣な犯罪」(6日)北海道

札幌市北区の大型スーパーや警察宿舎などで相次ぐカセットこんろ用ガスボンベの爆発事件で、地元のスーパーなどが、警備員の配置や巡回を強化して警戒を強めている。週明けには入学式や始業式で新学期を迎えるため、地域の住民は不安を募らせる。

 3日夜に爆発があった北区の警察宿舎に近い「スーパーアークス北24条店」は、従業員による店内外の巡回を強化してきたが、6日からは警備員を配置する。別のスーパーも、客向けに不審物を見つけた際は従業員に知らせるよう協力を求める張り紙を掲示。担当者は「従業員だけでは限界がある。お客に協力を求めることで少しでも抑止力になれば」と話す。
 「コープさっぽろ新琴似南店」は、1日2回の店舗周辺やトイレの見回りを3月下旬以降、回数を増やし現在は1時間に1回に。田島靖店長(52)は「高齢のお客も多く、万一のことがあれば大変なことになる。できるだけ死角をつくらないようにしている」と語る。
 北24条商店街振興組合の小泉詔信(あきのぶ)理事長(71)は、爆発事件の続発について「卑劣な犯罪で許せない」と語気を強め、2月下旬に交差点に設置した防犯カメラをさらに3台程度増やすことも検討しているという。<北海道新聞5月6日朝刊掲載>

Logo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/531616.html

« さいたま突風「竜巻の可能性高い」~気象台(6日)日本テレビ | トップページ | 道警宿舎爆発ボンベ2本 類似事件とは別メーカー 捜査かく乱か(6日)北海道 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいたま突風「竜巻の可能性高い」~気象台(6日)日本テレビ | トップページ | 道警宿舎爆発ボンベ2本 類似事件とは別メーカー 捜査かく乱か(6日)北海道 »