« 最高裁の寺田新長官が就任会見、初の親子2代での就任(2日)TBS | トップページ | プロゴルフ協会に勧告「暴力団排除徹底されず」(2日)NHK »

2014年4月 2日 (水)

大阪の女性2人、架空請求で計6400万円詐欺被害(2日)朝日

大阪府警は1日、大阪市内の50代と70代の女性2人がインターネットのサイト利用料金の架空請求などで計約6400万円をだまし取られたと発表した。
 阿倍野区の50代の会社員は3月、ネット系企業社員などを名乗る男から「サイト利用料を滞納している。退会手続きで和解金が必要」などと携帯電話に数回着信があり、指定された住所に7回に分けて約4900万円を郵送したという。
 鶴見区の70代の無職女性宅には3月に3回、大手銀行員を名乗る男らから「奥さん名義で食品会社の株を買ったがインサイダー取引になる。担保が必要だ」などと電話があった。女性は3回にわたり指定された東京都内の住所に計約1500万円を郵送したという。
 2人とも、相手から連絡がなくなったことからだまされたことに気付き、1日に府警に被害を届けた。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG416V9PG41PTIL04B.html

« 最高裁の寺田新長官が就任会見、初の親子2代での就任(2日)TBS | トップページ | プロゴルフ協会に勧告「暴力団排除徹底されず」(2日)NHK »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高裁の寺田新長官が就任会見、初の親子2代での就任(2日)TBS | トップページ | プロゴルフ協会に勧告「暴力団排除徹底されず」(2日)NHK »