« 西宮の女性遺体、服装や装飾品を公開 兵庫県警(26日)朝日 | トップページ | 娘が母と無理心中図る? 大阪・泉佐野の民家で(26日)産経 »

2014年4月26日 (土)

在日韓国人男性 遺族「日本で課税を」(26日)NHK

パチンコ店などを経営し、4年前に亡くなった東京の在日韓国人の男性が、生前200億円に上る現金をひそかに韓国に持ち出し、韓国の銀行に預金していたことが男性の家族などへの取材で分かりました。
東京国税局は130億円は男性の遺産に当たるとして家族に申告漏れを指摘し、追徴課税しました。

申告漏れを指摘されたのはパチンコ店やサウナなどを経営し、4年前、80歳で亡くなった東京の在日韓国人の男性の家族4人です。家族などによりますと、男性は平成3年ごろ、韓国の銀行の関係者から持ちかけられ、財産を韓国に移すことにし、現金200億円を何度かに分けて飛行機でひそかに韓国まで運んだということです。男性は、200億円を韓国の銀行に預金していましたが、男性が死亡したあと韓国の税務当局は日本に住む家族に対して相続税を課税したということです。
しかし家族は「日本で納税したい」として韓国の税務当局に不服を申し立て、去年、東京国税局に事情を説明したということです。
東京国税局は、男性の遺産に当たる分は130億円に上るとして申告漏れを指摘し、韓国で課税された分を差し引いて相続税3億円を追徴課税しました。
男性の家族は「もともとは日本で貯めた金なので韓国で課税されるべきではないと考えた。
東京国税局から指摘された分は修正申告して納税した」と話しています。

News_pic1_3

   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140425/k10014044601000.html

« 西宮の女性遺体、服装や装飾品を公開 兵庫県警(26日)朝日 | トップページ | 娘が母と無理心中図る? 大阪・泉佐野の民家で(26日)産経 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事