« あいりん地区の防犯カメラ大幅増 大阪、環境改善へ5年計画(4日)共同 | トップページ | のこぎり?で女性殴り強盗「ストレスが…」男を逮捕(5日)産経 »

2014年4月 5日 (土)

【衝撃事件の核心】逮捕された元暴力団会長はイラン人だった!! 「任侠の世界に憧れ」…来日35年、その数奇な人生とは(5日)産経

中東・イランで生まれ育った若者はなぜ、はるか遠く約7500キロも離れた日本で、指定暴力団の会長になったのか-。さいたま市内の倉庫に回転式拳銃1丁と実弾23発を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策2課は3月、銃刀法違反容疑で元住吉会系暴力団会長のイラン国籍の男を逮捕した。35年前に来日し、その3年後には組員となり、ヤクザ稼業に手を染めていった。「映画や小説で見た日本の任侠(にんきょう)の世界に憧れていた」という男の人生とは-。(宇都宮想)
流暢な日本語で容疑を否認… 振る舞いは「親分そのもの」
 捜査の端緒は平成25年7月、40代の男性が暴力団から抜けようとし、別の暴力団の男らからカネを脅し取られたとして警視庁に相談したことだった。加害者側にいたのが、住吉会系暴力団「桂真会」会長のアムロラー・ナーセリー容疑者(59)だった。
 警視庁は恐喝事件として、外国人犯罪を専門とする組織犯罪対策2課が捜査。24年12月~25年3月に男性から約18万円を脅し取ったとして、今年2月に恐喝容疑でナーセリー容疑者を逮捕した。男性とナーセリー容疑者はかつて同じ組に所属していたという。
 組対2課はナーセリー容疑者の関係先として、さいたま市緑区の自宅から約300メートル離れた貸倉庫を家宅捜索し、棚の上に置かれたプラスチック製の用具入れの中から思いがけないものを見つけた。ブラジル製の38口径回転式拳銃1丁と実弾23発。発射された形跡はなかったが、いつでも使用できる状態だった。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140404/crm14040421100012-n1.htm

« あいりん地区の防犯カメラ大幅増 大阪、環境改善へ5年計画(4日)共同 | トップページ | のこぎり?で女性殴り強盗「ストレスが…」男を逮捕(5日)産経 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あいりん地区の防犯カメラ大幅増 大阪、環境改善へ5年計画(4日)共同 | トップページ | のこぎり?で女性殴り強盗「ストレスが…」男を逮捕(5日)産経 »