« 2014年4月29日 | トップページ | 2014年5月1日 »

2014年4月30日

2014年4月30日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、1日単位・レベル)
泥棒もいろいろ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

F1010078_2

おめでとう! 
 札幌市北区の警察施設や大型店でカセットこんろ用ガスボンベの爆発が相次いだ事件で、北海道警は30日、激発物破裂容疑で、同区の女(51)を逮捕した=産経新聞電子版

今年3月まで全国の刑法犯の認知件数が激減しているが、その要因は約7割を占める窃盗犯が1万2126件も減少していることだ。窃盗犯=泥棒で重要窃盗犯と言われているのが住宅などへの侵入盗、自動車盗、ひったくりなど。
 警察庁によるとこの泥棒で最も多いのは非侵入盗の10万8026件。次いで乗物盗の7万2175件、侵入盗2万2327件の順。非侵入盗は空き巣が8564件、出店荒らしが3539件、忍び込みが2489件と続く。
 一般的に「泥棒」と言えば侵入盗だが、その中でも「住宅への侵入盗」は1万1684件でワースト1は愛知県の1340件。次いで千葉県1087件、東京991件、大阪881件、福岡県861件の順だ。
 昔は泥棒と言えば手拭いなどでの頬被りだったが、警備会社のホームページによると現在の泥棒はスーツを着て訪問販売員を装ったり、工事などの作業員になったり、中には普段着で地域住民になりすます者もいるという。
 甚だしいものになると、自宅周辺にマーキングまでして対象を物色する泥棒もいる。例えば女性の一人暮らしとか高齢者世帯とか日中不在の家などへのマーキングだという。
 ゴールデンウイークのまっただ中。くれぐれも気を付けてください。不審者を見たら110番通報を!
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

ゴルフ場内の川に遺体、着衣なし 兵庫県西宮市(30日)朝日

30日午後2時10分ごろ、兵庫県西宮市仁川町6丁目「西宮カントリー倶楽部」の従業員から、ゴルフ場内を流れる仁川に、人のようなものが浮いていると西宮署に通報があった。駆けつけた署員が遺体の上半身を確認し、水深約60センチの川底から足の一部を見つけた。着衣はなく、腐敗が進んでおり、性別や身元は不明。西宮署が、事件と事故の両面で調べている。

Logo2_3

http://www.asahi.com/articles/ASG4Z64R1G4ZPIHB032.html

シートベルト未装着で誤逮捕=罰則なし、警官知らず-宮城県警(30日)時事

宮城県警は30日、シートベルトを装着していなかったとして、道交法違反容疑(座席ベルト装着義務違反)で女性会社員を誤って現行犯逮捕したと発表した。ベルトの未装着には罰則規定がなく、逮捕の2時間半後に釈放した。
 県警地域課によると、パトカーで巡回中の機動警ら隊員が29日午前10時ごろ、仙台市宮城野区内の県道で、シートベルトを装着せず1人で車を運転していた山形市の30代の女性会社員を発見した。車を止め確認している最中に、女性が車を発進させたため、パトカーで約500メートル追跡し現行犯逮捕した。
 逮捕した巡査部長(48)と巡査長(24)は、女性を仙台東署に連行したが、同署の交通課長にベルト未装着では逮捕できないと指摘された。2人は「逮捕できないとは知らなかった」と話しているという。警ら隊幹部は女性に謝罪した。

Top_header_logo21_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

非売品の羽生選手パレードジャンパー、無断で競売に (30日)TBS

先週行われた羽生結弦選手の凱旋パレード。そこで県職員たちに配られたジャンパーが、意外なところで売りに出されていたことがわかりました。
 ソチオリンピックフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手(19)。今月26日、宮城県仙台市で行われた凱旋パレードには、およそ9万2000人のファンが詰めかけました。
 映像をよく見ると、運営スタッフが青いジャンパーを着ています。羽生選手の決めポーズがプリントされたジャンパー。宮城県職員らおよそ1000人に配られた非売品です。
 ところがパレード終了後、このジャンパーがインターネットのオークションに複数枚出品されていることがわかりました。実行委員会によりますと、ジャンパーは、青地のおよそ1050枚と白地のおよそ350枚の2種類を製作。県や市の職員、ボランティアの学生に配った際、売らないよう注意喚起したものの出品が発覚。中には、2万円以上の値が付くものもあります。
 「大変残念なことだなと思ってます。やはりインターネットオークションは、ちょっと場違いの適切でない出方だったかなと思っております」(奥山恵美子市長)
 実行委員会は道義的に問題があるとして、改めて職員らに出品しないよう呼びかけています。(30日16:38)

抜き取られた1万件超の口座情報 特定サーバーに(30日)テレビ朝日

不正に抜き取られたインターネットバンキング利用者の口座情報、約1万3000件が、国内にある特定のサーバーに保存されていたことが分かりました。
 警視庁によりますと、問題となっているのは国内のサーバー提供事業者が管理している「C&Cサーバー」と呼ばれる1台です。このサーバーに不正に抜き取られた16の金融機関のネットバンキング利用者のIDやパスワードなど約1万3000件の口座情報が保存されていることが分かり、このうち約250件が実際に不正送金などに悪用されていたということです。口座情報の多くは「シタデル」と呼ばれるウイルスに感染したパソコン端末からサーバーに勝手に転送されたとみられています。民間のインターネットセキュリティー会社「トレンドマイクロ社」が警視庁に情報提供して発覚しました。警視庁は、サーバー提供事業者からサーバーを借りた人物について不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026046.html

【札幌ボンベ爆発】51歳女を逮捕 激発物破裂容疑で道警(30日)産経

札幌市北区の警察施設や大型店でカセットこんろ用ガスボンベの爆発が相次いだ事件で、北海道警は30日、激発物破裂容疑で、同区の女(51)の逮捕した。
 道警は26日に女の自宅を家宅捜索するとともに、同日から5日連続で任意の事情聴取を続けていた。
 最初の事件は1月27日に発生。北署駐車場でガスボンベが爆発し、ワゴン車の一部が焼けた。その後、半径約3キロの範囲にある量販店、商業施設、ホームセンターで事件が相次いだ。北署近くにある道警官舎でガスボンベが爆発したのは4月3日で、現場から2000本以上のくぎが見つかった。
 一連の事件では、犯行を予告したり、警察を批判したりする文書が少なくとも4通、北署や報道機関に届き、道警は捜査本部を設置し、文書の鑑定などを進めていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140430/crm14043019540010-n1.htm

札幌・北区ボンベ事件 51歳女が関与供述 逮捕状を請求(30日)北海道

札幌市北区で相次いでいるカセットこんろ用ガスボンベの爆発事件で、同市北区の女(51)が一部の事件への関与をほのめかしていることが30日、捜査関係者への取材で分かった。札幌北署捜査本部は、重要参考人として任意で事情を聴いており、激発物破裂容疑で逮捕状を請求した。

 捜査関係者によると、一連の事件のうち1件で、現場近くの防犯カメラが捉えた映像を詳しく分析したところ、付近に不審な人物が写っていた。容姿が似ていたことから、この女が浮上したという。
 捜査本部は何らかの事情を知っている可能性があるとみて、26日に女の自宅を家宅捜索するとともに、任意の事情聴取を開始。当初、関与を否定していたが、聴取5日目の30日、一転関与をほのめかす供述を始めたという。
 同市北区では1月以降、札幌北署駐車場に止めたワゴン車の下でボンベが爆発したのを皮切りに、大型ホームセンターや警察宿舎など半径約3キロ圏内で同様の事件が5件発生。事件の合間に、犯人を名乗る人物から、次の爆発を予告するなどの内容の手紙4通が、北署や北海道新聞社、北海道文化放送(UHB)に届き、捜査本部は同一犯とみて捜査していた。

Logo1_2 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/536540.html

札幌の連続ボンベ爆発事件 女に逮捕状(30日)NHK

札幌市の警察署や大型商業施設などで相次いだカセットこんろ用のボンベを使った爆発事件で、警察はこのうち今月、警察の官舎で起きた事件に市内の51歳の女が関与したとして激発物破裂の疑いで逮捕状を取りました。
30日夜にも、逮捕する方針です。

札幌市北区では、ことし1月から今月初めにかけて、警察の駐車場や官舎、それにホームセンターなどで、仕掛けられたカセットこんろ用のボンベが爆発するなど同じような事件が5件相次ぎました。
警察は、同じ人物による犯行ではないかとみて、現場周辺での聞き込みなどの捜査を進めるとともに、警察などに送りつけられた犯行を予告するような文書の解析を行っていました。
これまでの調べで北区内に住む51歳の女が関与した疑いがあるとして、警察は今月26日に自宅などを捜索するとともに、事情を聴いていました。
その結果、一連の事件のうち今月3日、警察の官舎で起きた事件について激発物破裂の疑いで女の逮捕状を取りました。
警察は、30日夜にも女を逮捕する方針で、ほかの事件との関わりについても調べることにしています。
警察によりますと、女は当初の任意の事情聴取に対しては関与を否定していたということです。

News_pic1_5 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/t10014139211000.html

ブランド品窃盗容疑 夫婦逮捕(30日)NHK

東京・日本橋のデパートで、高級ブランド「シャネル」のバッグを盗んだとして、千葉市に住む夫婦が窃盗の疑いで逮捕され、警視庁は2人が銀座のデパートなどでもブランド品の盗みを繰り返していたとみて捜査しています。
調べに対し妻は、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、千葉市若葉区に住む建設作業員で、韓国籍の金昌吉容疑者(54)と、妻の片岡ひろみ容疑者(55)です。
警視庁によりますと、金容疑者らは、3月31日、東京・中央区の「日本橋三越本店」の高級ブランド「シャネル」の店舗で、およそ50万円のハンドバッグ1個を盗んだとして、窃盗の疑いがもたれています。
これまでの調べによりますと、2人は客を装って店内に入り、展示品のバッグに上着をかけて持ち出し、その日のうちに中古品買い取り業者に売っていたということです。
警視庁の調べで、3月30日と31日に日本橋や銀座の複数のデパートでほかにもブランド品の財布やバッグあわせて9点、およそ180万円分が盗まれ、警視庁は防犯カメラの映像などから、2人が関わったとみて捜査しています。
調べに対し金容疑者は「生活費にあてるためにやった。ほかにもやった」と容疑を認め、片岡容疑者は否認しているということです。

News_pic1_4 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140430/4118341.html

詐欺でATM操作時 不審電話(30日)NHK 埼玉

振り込め詐欺の手口のひとつ、「還付金詐欺」の被害者がコンビニエンストアのATMを使った際、店に不審な苦情の電話が同時にかかるケースが埼玉県内で相次いることがわかり、警察は、犯行グループが店員の注意をそらすために、電話をかけている疑いがあるとして、各店舗に注意を呼びかけています。
医療費の還付金が受けられるなどと高齢者をだます還付金詐欺では、犯人がコンビニエンスストアのATMに行くよう指示し、金を振り込ませる手口が知られています。
埼玉県警が、被害者がATMを使った際の状況を詳しく調べたところ、同じ時間帯に店に不審な苦情の電話がかかるケースが、最近相次いでいることがわかったということです。
警察は犯行グループが被害者に携帯電話で指示を出すのと同時に、店員の注意をそらすために客を装って電話をかけている疑いがあるとして、各店舗に注意を呼びかけています。
白岡市のコンビニエンスストアでは、訪れた警察官が3人の店員に対し、お年寄りがATMの前で携帯電話を使ったりメモを見たりしていたら、特に目くばせをしてほしいと伝えていました。
久喜警察署の原昭文生活安全課長は「客の対応で忙しいと思うが、ATMを使うお年寄りがいたら気にかけてほしい」と話しています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140430/4081781.html

警察署玄関に車突っ込む 暴力団組員を逮捕 長崎(30日)朝日

30日午前8時10分ごろ、長崎県警大村署(大村市)の玄関に軽乗用車が突っ込み、玄関のガラスサッシが損傷した。署は、車を運転していた指定暴力団浪川睦会系組員の無職畑野幸一容疑者(43)を建造物損壊の疑いで現行犯逮捕した。けが人はいなかった。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG4Z3RK5G4ZTOLB009.html

女性警視が後輩支援=警視庁が「メンター制度」導入(30日)時事

女性職員のキャリアアップを支援しようと、警視庁は30日、豊富な知識や経験を有する女性警視(相当職を含む)15人を後輩の相談などに乗る「メンター」に指定した。今後、指導を受ける側の「メンティー」となる後輩の女性警部(同)16人に仕事と家庭の両立などさまざまな課題や悩みの解決法についてアドバイスしていく。(2014/04/30-12:11)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

偽サイト、3割はネット銀 大阪府警が口座凍結を要請(30日)共同

ネット販売を装って金をだまし取る「偽サイト」で振込先に使われているとして、大阪府警が金融機関に凍結を要請した口座の約3割に当たる316口座が、ネット銀行のものだったことが30日、分かった。
 ネット銀行の口座は、免許証やパスポートの画像をネット上で送信すれば開設できることから他人や偽造の身分証が使われる危険性が指摘されている。
 府警は昨年9月から今年3月に1141口座の凍結を要請。外国人名義が多く、大半が中国人。府警サイバー犯罪対策課は、留学や技能実習で来日した中国人を狙って、帰国時に不要になった口座を不正に売買するブローカーがいるとみて、捜査している。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014043001001196.html

警視庁元幹部 痴漢で罰金50万円の判決(30日)NHK

警視庁で参事官などを務めた元幹部が電車内で女子高校生の体を触った罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は無罪の主張を退けて意図的に触ったことを認め、罰金50万円を言い渡しました。
警視庁で生活安全部の参事官を務め、6年前に退職した高木学被告(64)は去年6月、東武東上線の電車内で女子高校生の体を触ったとして東京都迷惑防止条例違反の罪で起訴され、裁判では「痴漢はしていない」と一貫して無罪を主張していました。
判決で東京地方裁判所の今泉裕登裁判長は、「女子高校生は自分の携帯電話で被害の状況を撮影しており、法廷での証言も十分に信用できる」として意図的に体に触れたことを認め、検察の求刑と同じ罰金50万円を言い渡しました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/k10014121671000.html

綱外れたシェパード犬、路上で女子高生襲う 北海道・小樽市(30日)北海道

 【小樽】29日午後5時10分ごろ、小樽市朝里4の市道で、同市内の女子高校生(16)が、大型犬のシェパードに襲われ、軽傷を負った。  小樽署によると、飼い主の同市内の男性会社員(65)が三輪バイクにつないで散歩させていたところ、引き綱が外れて走り出し、ランニング中の女子高校生の腕や足にかみついて転倒させたという。犬は体長約1・1メートルの2歳半の雄。

Logo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/536380.html

性被害で支援受けた女性779人 大阪のケア拠点、4年間に(30日)共同

性暴力被害者の総合ケア拠点として2010年に開設された「性暴力救援センター・大阪(SACHICO)」で今年3月までの4年間に支援を受けた被害女性が779人に上り、500人が未成年だったことが29日分かった。
 全国に9カ所ある総合ケア拠点の関係者らでつくる全国連絡会が大阪市内で同日開いた初会合で、SACHICO代表の加藤治子医師が報告した。4年間の電話件数は1万7173件、センター訪問は2488件だった。
 被害全体の内訳は、家庭の外でのレイプ・強制わいせつが466人と最多で、うち未成年が266人。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042901002092.html

北が砲撃訓練 周辺の島に一時、避難指示(30日)日本テレビ

北朝鮮は29日午後、朝鮮半島の西側・黄海の海域で砲撃訓練を行い、周辺にある韓国の島では一時、緊急避難指示が出された。
 韓国の国防省によると、北朝鮮は午後2時頃から黄海にある延坪島と白ニョン島近くの海域で訓練を始め、10分間にわたって海岸砲約50発を発射した。韓国側の海域への着弾はなかったということだが、周辺にある韓国の島では一時、緊急避難指示が出された。
 韓国国防省報道官「北朝鮮に対しては、韓国側の海域に砲撃すれば強力に対応すると通報した」
 砲撃訓練は終了したとみられているが、国防省は、再開される可能性もあるとみて引き続き警戒している。北朝鮮軍は、先月も黄海で砲撃訓練を行い、約100発以上が韓国側に落下。韓国軍が対応射撃を行うなど、南北間の緊張が高まった。  ★白ニョン島の「ニョン」の漢字は「令」に「羽」

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/04/29/10250193.html

作品の中で一酸化炭素中毒か(30日)NHK

29日、青森市にある美術館で個展を開いていた芸術家の男性が軽自動車を使った芸術作品の中で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。
男性は車のエンジンをかけたまま点検作業をしていたとみられ、警察は排気ガスによる一酸化炭素中毒が原因ではないかとみて調べています。

29日午後6時すぎ、青森市合子沢にある美術館「国際芸術センター青森」の展示室で京都市に住む芸術家、國府理さん(44)が倒れているのが見つかり青森市内の病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。
警察によりますと、國府さんは軽自動車を透明な板で箱形に覆った作品の中で倒れていたということです。
國府さんは車のエンジンをかけたまま1人で点検作業をしていたとみられ、警察は排気ガスによる一酸化炭素中毒が原因ではないかとみて調べています。
美術館を運営する青森公立大学によりますと、この作品は、エンジンを作動させると内部に雨に見立てた液体が降る仕組みだったということです。
國府さんは、自動車などの乗り物に独創的なアイデアを加えて芸術作品を作る造形作家で、個展の日程は4月26日から6月22日までだったということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140430/k10014115781000.html

ピーチ機問題、重大インシデントとして調査官を派遣 (30日)TBS

LCC=格安航空のピーチ・アビエーションの航空機が、着陸に向け高度を下げるタイミングを誤り海面に衝突するおそれがあった問題で国の運輸安全委員会は、30日は管制官からも話を聴くなどして調査を進める方針です。
 28日午前11時50分頃、新石垣空港発のピーチ252便=エアバスA320型機が那覇空港の滑走路に進入する際、機体が地上や海面に接近しすぎたことを知らせる警報装置が作動しました。
 機長は緊急で機首を上げて着陸をやり直し、午後0時10分に無事着陸しました。乗客・乗員あわせて59人にけがはなく、機体にも損傷はありませんでした。
 国土交通省によりますと、252便は通常より4キロ手前で高度を下げ始め、滑走路の手前、6.8キロの海の上で高度75メートルまで下がり、そのままでは海面に衝突する恐れもあったということです。
 機長は「管制の指示を勘違いした」と話しているということですが、国の運輸安全委員会は重大事故につながるおそれがあった「重大インシデント」として調査官を派遣しました。
 「機長ならびに副操縦士のインタビュー、口述をとりました。機体そのものに関しては、私どもの調査、機長、副操縦士の後述等から問題ないだろうと」(航空事故調査官・日野和男氏)
 運輸安全委員会は、30日は那覇空港の管制官からも事情を聴きたいとしており、さらに詳しく調べることにしています。(30日00:09)

車3台事故で2歳児ら8人けが 首都高速・羽田線(30日)テレビ朝日

首都高・羽田線で乗用車3台が絡む事故があり、2歳の男の子など8人がけがをしました。
 29日午後5時40分ごろ、東京・港区の首都高速・羽田線の上りで乗用車3台が絡む事故がありました。警視庁などによりますと、この事故で車に乗っていた20代から70代の男女7人と2歳の男の子合わせて8人が首の痛みを訴えるなどして病院に搬送されましたが、いずれも軽傷だということです。事故当時、現場は渋滞していたとみられます。警視庁は、一番後ろを走っていた車が前の車にぶつかり、そのはずみで更に前の車を巻き込んだ玉突き事故とみて、追突した車の運転手などから事情を聴き、事故の原因を調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000025994.html

生徒装い自殺示唆「遠足中止を」 バス手配ミスのJTB社員(30日)産経

旅行会社「JTB中部」(名古屋市)の男性社員が、岐阜県立東濃高校(同県御嵩町)の遠足で使う予定だった大型バスの手配ミスを隠すため、生徒を装って、自殺を示唆して遠足の中止を求める手紙を書き、学校に届けていたことが29日、学校関係者への取材で分かった。
 東濃高によると、遠足前日の24日午後4時ごろ、この社員から学校玄関付近に落ちていたとする手紙が届けられた。「遠足に行くのが死ぬほどつらい。消えたい。中止してほしい」などと記されていたという。学校側は全校生徒約320人に参加の意思を確認した結果、問題はないと判断し遠足の決行を決めた。
 しかし遠足当日の25日になって大型バス11台が手配されていなかったことが判明。担当者だったこの社員がバスの手配ミスを認め、「ばれないように遠足を中止させようと考え、生徒を装って手紙を書いて届けた」と話したという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140429/crm14042920020005-n1.htm

« 2014年4月29日 | トップページ | 2014年5月1日 »