« 2014年4月25日 | トップページ | 2014年4月27日 »

2014年4月26日

2014年4月26日 (土)

検審議決前に一転略式起訴 追突事故で再起手続き、神戸地検(26日)共同

神戸市で2012年、自営業男性(47)の車にタクシーが追突し負傷させた事故があり、神戸地検がタクシーの元運転手(66)を自動車運転過失傷害罪について不起訴としたにもかかわらず、男性が検察審査会に審査を申し立てた後の今年2月、議決が出る前に一転して略式起訴していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。
 検察官がいったん不起訴とした事件についても、新証拠の発見や検審の不起訴不当議決などを受けて再捜査する「再起」の手続きが可能。しかし、今回は証拠上の変化もなく、議決前に再起して起訴しており、検察関係者は「異例のこと」と指摘している。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042601001948.html

コンビニ強盗:サンタ姿で一言、「強盗だ。分かるだろ」(26日)毎日

25日午前3時55分ごろ、さいたま市緑区松木2のコンビニエンスストア「セブンイレブンさいたま松木2丁目店」にサンタクロースのような赤と白色の帽子をかぶった男が押し入り、アルバイト店員の男性(22)に包丁のようなものを突きつけ、「強盗だ。分かるだろう」と脅した。男はレジにあった現金約7万円とたばこ6カートン(2万5800円相当)を奪って逃走。浦和東署が強盗事件として調べている。
 同署によると、男がかぶっていたのはサンタクロースのような赤い三角帽で、先に白い玉房状の飾りが付いていた。身長160〜165センチのやせ形で、紺色のジャンパーとズボンを着用。また、目の部分だけに穴が開いた白いお面をかぶっていたという。
 店内には別のアルバイト男性もいたが、2人にけがはなかった。同署は「サンタクロースの格好をした強盗は聞いたことがない」としている。【鈴木梢】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140427k0000m040032000c.html

札幌のボンベ事件、女性を任意で聴取 家宅捜索も、関与を否定(26日)産経

札幌市北区の警察施設や大型店でカセットこんろ用ガスボンベの爆発が5件続いた事件で、北海道警は26日、札幌市内に住む女性から任意で事情を聴いた。自宅も家宅捜索し、事件との関係を慎重に調べている。道警によると、女性は関与を否定しているという。
 最初の事件は1月27日に発生。北署駐車場でガスボンベが爆発し、ワゴン車の一部が焼けた。その後、半径約3キロの範囲にある量販店や商業施設、ホームセンター、北署近くの道警官舎で事件が相次いだ。
 道警が現場の遺留物や防犯カメラの映像の分析を続けたところ、2件目の2月20日の事件で2階靴売り場の一部が焼けた量販店の防犯カメラに、出火元近くをうろつく不審な人物が写っており、女性に似ていたという。
 一連の事件では、犯行を予告したり、警察を批判したりする文書が少なくとも4通、北署や報道機関に届き、道警は捜査本部を設置し、文書の鑑定などを進めていた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140426/crm14042618230010-n1.htm

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
情報屋がいるのかな
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010069_4

24日夜、茨城県笠間市の住宅に2人組の男が押し入り、81歳の女性が粘着テープで縛られた上、現金数百万円と貴金属が入った金庫が奪われる緊縛強盗事件が発生した。
 このニュースを見て思い出したのが平成13年に山形県と新潟県で発生した緊縛強盗事件-同年3月26日に新潟県柏崎市の建設会社社長宅に男たちが侵入し、大学生の三女を「殺すぞ」と脅して粘着テープで縛り、腕時計など2550万円を強奪した事件だ。この事件と手口が酷似しているのが4月28日に発生した山形県羽黒町の強盗殺傷事件。今回の事件も含めていずれも粘着テープで縛り金庫ごと強奪するなど極めて荒っぽい手口。問題はいずれの事件もピタリと資産家に狙いを絞っている。
 山形の事件では地元の暴力団と日本語学校に通う中国人による犯行だったが、なんと日本の暴力団が情報を提供していた。
 平成11年ごろ首都圏を中心にこうした事件が続発した。それは、「日本人情報屋」から対象場所の情報を入手。金品だけを強奪し逃走するもので、「蛇頭」などの中国人マフィアが絡んでいた。しかし、年月を重ねるうち、日本人から情報が入らなくなり、13年以後、緊縛強盗事件は「ピッキング盗事件」に変わった。
 勿論、今年1月に、高松市のマンションで、発生した粘着テープで縛る強盗事件は日本人が犯人だった。今回の事件はデータがないので断言はできないがなぜか単なる強盗事件とは思えない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

「拾得物」小鳥が逃亡、11交番に鳥かご配備 埼玉県警(26日)朝日

埼玉県警春日部署管内の交番で今月、落とし物として届けられた小鳥が警官にかみつき、同じ日に2回も「逃亡」したことを受け、同署が管内全11交番に鳥かごを配備したことがわかった。再発防止に向け、鳥などの小動物を保護しておくためだという。県警によると、交番に鳥かごを置くのは「前例がない」という。
 小鳥の連続逃亡は今月8日午前に発生。同署によると、春日部駅東口交番に男性が体長約10センチの青っぽい小鳥を「落とし物」として届けた。警官が鳥を入れる容器などを探している際に手をかまれ、逃げられた。
 さらに約1時間後、女性が似た小鳥を保護して同交番に届けたが、今度は別の警官が手をかまれて再び逃げられた。小鳥は色などの特徴から同一のインコと見られるという。同署で対策を検討。小動物の保管用として22日までに鳥かごを購入し、配備した。

Logo2_2 http://www.asahi.com/articles/ASG4S4WJWG4SUTNB00Y.html

自宅で父親殺害、57歳息子を逮捕 伊達市(26日)日本テレビ

26日朝、福島・伊達市の自宅で父親を殺害しようとした疑いで息子が現行犯逮捕された。父親は、その後死亡が確認された。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、伊達市保原町のバス運転手・小賀坂義春容疑者(57)。26日午前5時半頃、小賀坂容疑者の妻から「主人が父親を殺した」と110番通報があり、警察が駆け付けたところ、父親の登さん(92)が上着に血がついた状態でベッドにあおむけになっているのが発見された。
 登さんは、運ばれた病院で死亡が確認され、警察は小賀坂容疑者が容疑を認めたため現行犯逮捕した。容疑を殺人に切り替えて、家庭内でトラブルがなかったかなど捜査を進めることにしている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/04/26/07250024.html

音楽隊の巡査部長、電車内で女性の尻触る 広島県警、容疑で逮捕(26日)産経

広島県警は25日、電車内で女性に痴漢行為をしたとして県迷惑防止条例違反の疑いで、県警の音楽隊に所属する巡査部長の住野信博容疑者(41)=東広島市八本松町正力=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は25日午後10時半ごろ、JR山陽線向洋-瀬野間を走っていた上り電車内で、窓側に立っていた県内の大学に通う女性(19)の尻を触った疑い。
 県警によると、住野容疑者は「やったことは間違いない。申し訳ありません」と供述し、容疑を認めている。
 女性が電車内で「痴漢です」と声をあげ、取り押さえた車掌が東広島署員に引き渡した。住野容疑者は当時、酒を飲んでいた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140426/crm14042614000009-n1.htm

大麻購入の男を逮捕(26日)NHK

長崎県警察本部は、東京と埼玉で大麻を栽培し密売していたグループから大麻を購入した男3人を、25日までに大麻取締法違反などの疑いで逮捕したと発表しました。
逮捕されたのは、熊本市の会社員、今田智明容疑者(33歳)と、熊本県菊池市の飲食店従業員、山口真吾容疑者(33歳)、それに長崎市の塗装工、大槻哲也容疑者(42)で、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反などの疑いが持たれています。
警察の調べによりますと、3人は東京都内と埼玉県内の3か所の住宅で大麻を育てて販売したとして、埼玉県警察本部に逮捕された住所不定無職の上田良二容疑者(43)ら7人のグループから大麻を購入し所持していたということで、すでにさいたま地方検察庁に身柄を送られています。
警察によりますと、このグループは、住宅の中で閉めきった部屋の中で高圧の電球で光を当てて大麻を育て、電話で注文を受けて、1グラム2000円ほどで密売しており、これまでに長崎県を含む1都5県で数億円売り上げていると見られるということです。
警察は、密売の仕組みや規模などについて詳しく調べています。
警察の調べに対して、グループから大麻を購入したとして逮捕された3人は容疑を認めているということです。

News_pic1_4 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5034034251.html?t=1398468428289

娘が母と無理心中図る? 大阪・泉佐野の民家で(26日)産経

25日午後9時半ごろ、大阪府泉佐野市鶴原の民家で「友人が出てこない」と110番があった。駆けつけた泉州南広域消防本部の救急隊員が1階の居間で、腹部から出血している女性2人を発見。病院に搬送されたが、60代ぐらいの女性はまもなく死亡した。40代ぐらいの女性は重傷。 府警泉佐野署などによると、重傷の女性は搬送時に「母親を刺して、自分も刺した」などと話していたといい、同署は無理心中を図ったとみて調べている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140426/crm14042601180003-n1.htm

在日韓国人男性 遺族「日本で課税を」(26日)NHK

パチンコ店などを経営し、4年前に亡くなった東京の在日韓国人の男性が、生前200億円に上る現金をひそかに韓国に持ち出し、韓国の銀行に預金していたことが男性の家族などへの取材で分かりました。
東京国税局は130億円は男性の遺産に当たるとして家族に申告漏れを指摘し、追徴課税しました。

申告漏れを指摘されたのはパチンコ店やサウナなどを経営し、4年前、80歳で亡くなった東京の在日韓国人の男性の家族4人です。家族などによりますと、男性は平成3年ごろ、韓国の銀行の関係者から持ちかけられ、財産を韓国に移すことにし、現金200億円を何度かに分けて飛行機でひそかに韓国まで運んだということです。男性は、200億円を韓国の銀行に預金していましたが、男性が死亡したあと韓国の税務当局は日本に住む家族に対して相続税を課税したということです。
しかし家族は「日本で納税したい」として韓国の税務当局に不服を申し立て、去年、東京国税局に事情を説明したということです。
東京国税局は、男性の遺産に当たる分は130億円に上るとして申告漏れを指摘し、韓国で課税された分を差し引いて相続税3億円を追徴課税しました。
男性の家族は「もともとは日本で貯めた金なので韓国で課税されるべきではないと考えた。
東京国税局から指摘された分は修正申告して納税した」と話しています。

News_pic1_3

   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140425/k10014044601000.html

西宮の女性遺体、服装や装飾品を公開 兵庫県警(26日)朝日

 兵庫県西宮市山口町船坂の竹林で女性の遺体が見つかった事件で、兵庫県警は25日、女性が身につけていたものと同種の服装や装飾品の写真を公開した。これまでに有力な情報は寄せられておらず、女性の身元は特定されていない。
 県警によると、女性の血液型はB型。身長約160センチで、足のサイズは23・5~24センチ、髪は肩くらいまでの長さで茶髪だった。20~30歳と推定されている。紺色のコートに灰色のセーター、ピンク色のパンツ姿で、黒い靴をはいていた。「シャネル」のネックレスと「マーク・バイ・マーク・ジェイコブス」の白い腕時計を身につけ、両耳にピアスをしていたという。県警は1月ごろに死亡したとみているが、死因は特定されていない。
 情報提供は西宮署(0798・33・0110)へ。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG4T4VLVG4TPIHB026.html

大型連休 交通機関の混雑状況は(26日)NHK

ことしの大型連休で各交通機関は来月3日からの後半に混雑のピークとなりますが、高速道路は朝から行楽地に向かう人などで渋滞する見込みです。
また海外への出国ラッシュは26日から始まります。

このうち高速道路各社によりますと、下り線は東名高速道路で26日午前7時ごろに神奈川県の伊勢原バス停付近を先頭に30キロの渋滞が予想されています。
また海外への出国ラッシュは26日と27日、それに来月3日がピークで、このうち先月、国際線が増便となった羽田空港は期間中に出国する人が15万3900人と、成田空港の37万3700人には及びませんが去年より29%増える見通しです。
航空各社によりますと、ことしは日並びが悪く、例年より長い期間の休暇が取りにくいため、日本から比較的近く短い休みでも楽しめるハワイやグアム、それにベトナムやタイなどの人気が高いということです。
各交通機関の混雑は大型連休の後半にピークとなる見通しで、このうち下りは高速道路、新幹線、国内の空の便ともに来月3日がピークとなる見通しです。
一方、上りのUターンラッシュは高速道路は4日と5日、新幹線と国内の空の便は6日がピークに、国際線の帰国ラッシュは5日と6日となる見通しです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140426/k10014046431000.html

News_pic1

GW前に高速バス一斉点検、運転手の体調確認 (26日)TBS

高速バスの利用者が増えるゴールデンウィークを前に、国土交通省がバス事故を防ぐため、全国一斉点検を実施しました。
 一斉点検は、全国30か所で行われ、東京の新宿駅西口のバスターミナルでは、国土交通省の職員が、運転手の健康状態についてヒアリングをしたり、交替の運転手が基準どおりに配置されているかなどを確認しました。
 先月、富山県の北陸道で夜行高速バスの事故があり、運転手が意識を失っていた可能性が指摘されていることなどから、国土交通省は、利用者が増えるゴールデンウィークを前に一斉点検を行いました。
 「新しく健康マニュアルを改正して、会社の中でのきめ細やかな(運転手の)健康管理を行なうよう指示した」(国交省自動車局安全政策課 小林豊課長)
 国土交通省は今後、全国のバスターミナルなどで、出発前の抜き打ちの検査も始めることにしています。(25日22:42)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2185460.html

「小切手入りかばんなくした」 振り込め詐欺、容疑の男を逮捕(26日)産経

孫を装って女性(80)から現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁城東署は詐欺未遂容疑で、住所不定、職業不詳、酒井竜太容疑者(29)を現行犯逮捕した。同署によると、酒井容疑者は振り込め詐欺で現金を受け取る「受け子」役で、黙秘しているという。
 逮捕容疑は23日、東京都江東区の無職の女性宅に「小切手などが入ったかばんをなくした。上司が現金を用意するまで立て替えてほしい」などと嘘の電話をし、現金100万円をだまし取ろうとしたとしている。
 同日正午ごろ、郵便局を訪れた女性が慌てているのを不審に思った郵便局員が警視庁に連絡。約3時間後に女性宅に現金を受け取りに来た酒井容疑者を張り込んでいた城東署員が確保した。
 女性は直前に同様の電話を受け、現金220万円をだまし取られる被害に遭っており、さらに現金を催促されていたという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140425/crm14042513010005-n1.htm

| コメント (0)

カシマスタジアムの駐車証偽造 茨城新聞社元支局長を懲戒処分(26日)産経

茨城新聞社(水戸市)は25日、鹿島アントラーズFCが発行する駐車証を偽造したとして、元鉾田支局長の男性社員(53)を出勤停止1カ月の懲戒処分とし、発表した。
 同社によると、男性社員は平成24~26年、県立カシマサッカースタジアム(茨城県鹿嶋市)で行われるJ1鹿島アントラーズの試合で、取材用に報道機関に交付される駐車証をカラーコピーして偽造し、試合観戦などの際に使ったほか、駐車証を知人の女性に貸すなどしていた。
 今年3月、男性社員が鹿島アントラーズFCの封筒に入れて女性あてに郵送した偽造駐車証が、あて先不明で同FCに返送されて発覚した。
 同社は「関係者やサポーター、読者の信頼を裏切り、心からおわび申し上げる。全社員のコンプライアンス強化に努める」としている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140425/crm14042518250006-n1.htm

| コメント (0)

「クラブのダンス営業は合法」 警察当局は摘発継続の方針(26日)産経

公安委員会の許可を受けず客にダンスをさせたなどとして、風営法違反(無許可営業)罪に問われた大阪市北区のクラブ「NOON」の元経営者、金光正年被告(51)に、大阪地裁は25日、無罪(求刑懲役6月、罰金100万円)を言い渡した。クラブでのダンス営業が風営法の規制対象とならないという判断を示した判決は、警察当局の今後の捜査にどんな影響を与えるのだろうか。
 警察幹部は「治安悪化への懸念や住民からの苦情は変わらない」とし、違法クラブの取り締まりの意義を強調する。
 クラブは、風営法で午前1時以降のダンス営業が禁じられているため、深夜営業のできる「飲食店」を装った脱法営業として始まった。「午前1時に閉店すれば、ダンス営業も認められる。営業時間延長のために無許可営業するのは許されない」というのが警察当局の基本姿勢だ。
 クラブ摘発の背景には、店舗内で客同士のけんかや薬物乱用、わいせつ事件などが相次ぎ、住民の苦情が根強いことがある。平成22年に大阪市のクラブで起きた傷害致死事件を機に摘発が強化され、クラブの摘発件数は23年に22件、24年にも12件に上った。
 大阪地裁は今回、客にダンスをさせていたことは認めた上で「享楽的ではない」と認定した。警察関係者は「享楽的であることを立証する必要はあるが、事件や苦情がある以上、規制や摘発を緩めることはできない」と指摘する。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140425/crm14042522390009-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年4月25日 | トップページ | 2014年4月27日 »