« 2014年4月7日 | トップページ | 2014年4月9日 »

2014年4月8日

2014年4月 8日 (火)

被害者7割が手口知らず、被害額3億円超 過去最悪ペース、福岡県警(8日)西日本

福岡県警は8日、県内で今年1~3月に発生した振り込め詐欺などの特殊詐欺事件の被害額が、過去最悪となった2013年(11億円超)の同じ時期より約1億円増え、3億1376万円に上ったと発表した。事件の被害者を対象としたアンケート結果も初めて明らかにし、約7割が「特殊詐欺の手口を知らなかった」と回答し、危機意識の低さが浮き彫りになった。
 県警によると、被害件数は前年同期比4件減の52件だが、1月に福岡市南区で1人暮らしの80代女性が約8千万円の被害に遭い、全体の被害額を押し上げた。被害者の内訳は女性29人、男性23人で、65歳以上が5割に上った。
 アンケートには50人弱が協力。約1割が過去にも被害に遭っていたと回答した。約2割は「警察が動いているから誰にも言うな」と脅されたり、金融機関側から声を掛けられたときに「財産整理のために定期を解約すると言え」「家の改築費用に必要と言え」などと指示されたりしていた。
 手口別では架空請求が最も多く、前年同期比6件増の25件(被害額1億9525万円)。株や金融商品の購入を呼び掛ける詐欺が同4件増の16件(同7984万円)で続いた。昨年、増加が目立った「おれおれ詐欺」はなかった。
 だまし取った現金をレターパックや宅配便などで受け取る「送付型」は23件で、従来の口座への「振込型」22件を初めて上回った。県警捜査2課は「現金送付を求めるのはすべて詐欺」として、注意を呼び掛けている。=2014/04/08 西日本新聞=

Logo1_3 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/80980

| コメント (0)

山口組顧問の弁護士を在宅起訴 建造物損壊教唆罪で大阪地検(8日)共同

依頼人の男に倉庫の壁を壊すようそそのかしたとして、大阪地検は8日、建造物損壊教唆の罪で、大阪弁護士会の山之内幸夫弁護士(67)を在宅起訴した。山之内被告は指定暴力団山口組の顧問で、「悲しきヒットマン」などの暴力団を扱った本の著者として知られる。
 起訴状によると、山之内被告は大阪府摂津市で昨年9月9日、解雇をめぐり会社と紛争中だった依頼人の男(39)に、会社の倉庫の扉を開けるため壁を壊すようにそそのかし、縦55センチ、横20センチにわたって壁を破壊させた、としている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040801002337.html

| コメント (0)

医師資格なしで“強力な脱毛”経営者ら逮捕(8日)日本テレビ

医師の資格がないのに強力な光線を使った脱毛行為を客に行ったとして、兵庫県姫路市のエステサロンの経営者ら3人が逮捕された。
 医師法違反の疑いで逮捕されたのは姫路市のエステサロン「ハニーフラッシュ」の経営者・亀山道弘容疑者(50)ら3人。警察によると、亀山容疑者らは2011年8月ごろから去年10月ごろまでの間、女性4人に対して、医師免許がないのに光脱毛用の器具を使った脱毛行為をした疑いがもたれている。強力な光線で毛根部分を破壊する脱毛行為には医師免許が必要。
 警察によると、4人の女性はひざや腕などにヤケドを負い、さらに、この店には300人以上の客から皮膚トラブルのクレームが寄せられていたという。
 調べに対して亀山容疑者らは、「脱毛行為が悪いこととは思っていませんでした」などと話しているという。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2014/04/08/07248893.html

| コメント (0)

白骨遺体:22歳女性と断定…事件とみて捜査 新潟県警(8日)毎日

新潟県新発田市真野原の雑木林で7日夕、白骨化した女性の遺体が見つかり、県警は8日、昨年11月から行方不明になっていた同市緑町3、パート従業員、徳永希(のぞみ)さん(当時22歳)と断定。事件に巻き込まれた可能性があるとみて、新発田署に捜査本部を設置し、死体遺棄容疑で捜査を始めた。
 捜査本部によると、徳永さんは昨年11月22日午後9時半ごろ、自宅から北東に約1キロ離れた高校時代の友人宅に徒歩で出掛けたまま、行方が分からなくなり、家族が同署に捜索願を出していた。
 遺体は7日午後4時50分ごろ、山菜採りの男性が発見。服装や所持品が行方不明当時の徳永さんのものと一致した。目立った外傷はなく、行方不明直後に死亡したとみて、死因を調べている。
 遺体が発見された場所は徳永さんの自宅から北西に約5キロ離れており、田んぼに囲まれた雑木林。【真野敏幸、柳沢亮】

Logo_mainichi_s1_2

http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?blog_id=608760

| コメント (0)

東京・杉並区の男性死亡火災、放火の可能性が浮上 (8日)TBS

 6日、東京・杉並区の住宅が全焼し78歳とみられる男性が死亡した火事で、家の中から火が出た痕跡がないことがわかり警視庁は放火の可能性があるとみて調べています。
 この火事は、6日午前3時過ぎ、杉並区・天沼にある木造2階建ての住宅が全焼し、男性が死亡したものです。
 死亡したのは、火元の住宅に住む無職の櫻井一雄さん(78)とみられていますが、その後、警視庁と東京消防庁が焼け跡を調べたところ、家の中から火が出た痕跡がないことがわかりました。警視庁は何者かが放火した可能性があるとみて、捜査を始めました。
 また先月30日には、400メートルほど離れた別の住宅でも郵便ポストや壁が焼ける不審火があり、警視庁は関連を調べています。(08日18:12)TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2169423.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
架空請求詐欺
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140329102734

【警視庁緊急メール】 9日午後0時ころ、東京都三鷹市井の頭3丁目周辺でサバイバルナイフ所持の男が井の頭公園に向かって歩いている。一見外国人風という。ご注意をsign03

 今年3月、大阪市内の50代の会社員がサイト利用料金の架空請求で4900万円を騙しとられていたことが分かった。また北海道の男性公務員も出会い系サイトに騙されるなど架空請求詐欺被害が多い。
 大阪府警によると50代の会社員は「サイト利用料を滞納している。退会手続きで和解金が必要」と言われて7回にわたり指定された都内の住所に約4900万円を郵送した。まさに「架空請求詐欺」のなかの「サイト利用料金詐欺」にあたる。
 警察庁によると今年2月までの架空請求詐欺の認知件数は223件で被害額は12億8853万7000円。前年同期に比べて40件、7億2559万5000円も増加している。
 利用もしていないのに「サイトの支払い料金が未納」「1年以上料金未納なので延滞料金を払え」「未納料金の調査費を払え」などと加算してくる。
 利用していなければ完全無視すること。執拗な請求の場合は業者の名称、所在地、番組名、電話番号、利用年月日等を確認して警察に相談すること。
 問題はサイトを検索していて、間違ってクリックしてしまった場合です。この場合は初期画面に「有料」と書いてあるか金額を呈示してあるかが問題。例えあったとしても、利用規約で確認してからクリックしていなければ「無効」です。 
 出会い系サイトの場合は、間違ってクリックする場合があり、その場合は民法95条の錯誤を主張できます。エッチな漫画などをクリックしてしまうと「利用した」になるサイトもあるので気を付けてください。
【事件】6日、東京・杉並区の住宅が全焼して78歳の男性が死亡した火事は放火の可能性が出てきた。8日午後、東京・西東京市の郵便局に刃物を持った男が押し入り、現金3万円を奪って逃走中です。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

東大研修医の男を書類送検=覚せい剤使用容疑-警視庁(8日)時事

東京都豊島区池袋のホテルで覚せい剤を使用したとして、警視庁本富士署が、覚せい剤取締法違反容疑で、東京大医学部付属病院研修医の20代の男=東京都立川市=を東京地検に書類送検していたことが8日、同署への取材で分かった。
 男は2月26日、「自責の念に駆られた。覚せい剤を断ち切り、更生したい」などと述べ、同署に自首した。
 送検容疑は2月中旬、豊島区池袋のホテルの部屋で覚せい剤を使用した疑い。容疑を認めており、男の毛髪からは覚せい剤の成分が検出されたという。
 同署は覚せい剤の入手経路を調べている。(2014/04/08-12:39)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

41歳息子が父に暴行し殺害か 愛知(8日)日本テレビ

8日午前0時頃、愛知県小牧市の住宅で75歳の男性が血を流し倒れているのが見つかり間もなく死亡した。警察は41歳の長男が男性に暴行して死亡させたとみて、容疑が固まり次第、逮捕する方針。
 事件があったのは小牧市の無職・加藤勝教さんの住宅。警察によると8日午前0時頃、「父親が息子に殴られている」と加藤さんの妻から通報があった。警察が駆けつけたところ、2階の寝室で加藤さんが血を流し倒れているのが見つかり、まもなく死亡した。
 加藤さんは殴られた傷の他、刃物で刺されたとみられる傷があり、住宅の中からは血がついた包丁が見つかったという。
 加藤さんは妻と長男との3人暮らしで、警察は長男が加藤さんに暴行を加え死亡させたとみている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/04/08/07248852.html

| コメント (0)

警察官が暴行事件の捜査放置 書類紛失(8日)NHK

京都市の伏見警察署に勤務していた警察官が、暴行事件の捜査を放置し、被害届などの捜査書類の一部も紛失していたことが警察への取材で分かりました。

京都府警察本部によりますと、京都市の南警察署の30代の男性巡査部長は伏見警察署の地域課に勤務していた3年前に、担当した暴行事件の捜査を放置し、被害者が提出した被害届や現場の証拠写真数枚を紛失していたということです。
去年10月、定期的な監査で、巡査部長が当時使っていたロッカーの中に処理されていない事件の書類が放置されているのが見つかり、問題が発覚したということです。警察は被害者に被害届の提出を再度依頼し、事件の発生から2年半後のことし2月に容疑者を書類送検したということです。
調査に対して巡査部長は「当時、忙しく事件の手続きを忘れていた。被害届などは廃棄してしまったと思う」と説明したということで、京都府警察本部はことし1月、この巡査部長を所属長注意にしました。
京都府警察本部は「事件を放置するのはあってはならないことで、再発防止に取り組みたい」としています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140408/k10013579261000.html

| コメント (0)

札幌ボンベ連続爆発、束ねるようにビニールテープ (8日)TBS

札幌市北区のカセットボンベ連続爆発事件で、カセットボンベを束ねるようにビニールテープが巻かれていたことが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。警察は、爆発力を高める狙いがあったとみて捜査しています。
 札幌市北区では、1月の北警察署に始まり、大型商業施設や警察官舎など合わせて5か所でカセットボンベが爆発し、焼け跡から画びょうやクギが見つかっています。
 このうち、2月20日に大型ディスカウント店で起きた事件で、2本のカセットボンベを束ねるようにビニールテープが巻かれていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、複数のカセットボンベをまとめて熱することで爆発力を高める狙いがあったとみて、他の4つの事件でも手口の分析を進めています。
 また、この事件の後、札幌北警察署に2通目の文書が届いていたことも、新たにわかりました。手紙は1通目の爆破予告文と同じくローマ字で書かれ、警察の内部の動きを監視しているような内容だったということです。警察はこの文書も同じ人物が書いたとみて、送り主の特定を進めています。TBShttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2169046.html

| コメント (0)

「岐阜にいた」覆る? 死亡時間帯に現場近く走行 社長殺害容疑の元准教授、設置カメラ映像に(8日)産経

愛知県豊橋市で平成24年1月、経営コンサルタント会社社長、小原洋典さん=当時(40)=を硫化水素自殺に見せ掛けて殺害した疑いで中京学院大の元准教授久野輝夫容疑者(54)=名古屋市天白区=が逮捕された事件で、小原さんが死亡した同年1月30日未明、久野容疑者が運転する車が豊橋市内を走行していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。
 久野容疑者は逮捕後の取り調べに「事実と全く違う」と容疑を否認。逮捕前の共同通信の取材にも「社長が亡くなったときは岐阜県内にいた」と説明しているが、捜査1課は久野容疑者が、小原さんが死亡した時間帯に現場にいた疑いが強いとみて調べている。
 捜査関係者によると、幹線道路に設置されたカメラの映像を解析するなどし小原さんが死亡した時間帯の前後、久野容疑者が運転する車が豊橋市内を走行していたことが確認された。
 小原さんは30日昼ごろ、前日に自分で借りたレンタカーの軽乗用車内で死亡しているのが見つかった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140408/crm14040808570001-n1.htm

| コメント (0)

札幌北署2施設爆発 着火剤同一か 警察の監視におわす新たな手紙も(8日)北海道

札幌市北区で相次いでいるカセットこんろ用ガスボンベの爆発事件で、1月27日の札幌北署駐車場での事件で使われた着火剤が、青い固形燃料だったことが7日、捜査関係者への取材で分かった。3日深夜に同署近くの警察宿舎で発生した事件でも、現場から似た固形燃料が見つかっており、同署は警察施設を狙った2件の事件が同一犯の可能性が高いとみて調べている。
 また、同署駐車場の事件後、同署や北海道新聞社に届いた爆発予告の手紙に書かれていた警察官とみられる個人名は、同署駐車場の事件で自家用車に被害を受けた署員とは違っていた。同署には爆発予告の手紙以外に、2月20日の大型ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ新川店」の事件後にも、警察を監視しているような内容の手紙が届いていたという。
 3通の手紙はいずれもゴム印のようなものでアルファベットの活字を押したようにつづられており、同署は同一人物が書いた可能性が高いとみて、事件との関連を調べている。<北海道新聞4月8日朝刊掲載>

Logo1_2 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/531935.html

| コメント (0)

出会い系サイトで620万円詐欺被害 北海道・帯広の公務員(8日)北海道

【帯広】帯広市内の40代の男性公務員が7日までに、携帯電話の出会い系サイトの保証金名目などで現金計約620万円をだまし取られたと帯広署に届け出た。同署は詐欺事件とみて調べている。
 同署によると、男性は昨年7月ごろ、会員登録していたサイトの担当者と名乗る男から電話で「紹介する女性との独占契約のため」などと現金の支払いを要求され、同年8月1日まで指定された口座に計7回に分けて現金を振り込んだ。男性は1回目の振り込み後、女性と1回だけ会っていた。
 最後の振り込み後、男と連絡が取れなくなり、今年に入って男性が同署に相談。だまされたことに気付いたという。

Logo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/531913.html

| コメント (0)

中京学院大元准教授を再逮捕 知人の自殺、殺人容疑(8日)朝日

知人のコンサルティング会社の男性社長(当時40)に自殺を強要し、殺害したとして、愛知県警は7日、元中京学院大学准教授の久野輝夫容疑者(54)=名古屋市天白区、逮捕監禁致傷罪などで公判中=を殺人の疑いで再逮捕し、発表した。「全く違います」と容疑を否認しているという。
 捜査本部によると、久野容疑者は2012年1月30日未明、豊橋市神野新田町の路上で、駐車したレンタカー内に硫化水素ガスを発生させ、運転席にいた社長にガスを吸わせて死亡させ、殺害した疑いがある。捜査本部は久野容疑者が自殺を強要したうえ、車内にガスを発生させ、社長自ら命を絶つように仕向けたとみている。
 同日午前、社長の妻から「魚釣りに行ったまま戻らない」との届け出が警察にあり、正午過ぎに遺体が発見された。豊橋市の社長の自宅からはパソコンで作成したとみられる「硫化水素自殺に見せかけた他殺だ」「久野が絡んでいる」という書き置きが見つかったという。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG480CKWG47OIPE011.html

| コメント (0)

被災地支援詐欺:言葉巧み、相談させず 孤立する被害者(8日)毎日

詐欺容疑が浮上した東日本大震災の被災地支援名目での福島県の山林売買で、被害者は家族と同居していても相談できずに孤立させられていたことが分かった。過去の被害を身内に知られることを恐れる心情に付け込まれ、売買を巡る連絡は家族のいない時間帯を狙われ、入金をせかされて相談する余裕もなかった。中には損失が心理的負担となり自殺したケースもある。専門家は「誰でもだまされる。周囲が被害者を特別視せず、『お互い様』と目線を合わせることが大事」と指摘している。【小倉祥徳、町田徳丈】
 毎日新聞が被害を確認した37人のうち家族構成が分かったのは33人。同居は6割の20人で、身近な相談相手がいたにもかかわらず、被害に遭っていた。
 東京都の主婦(66)は2013年夏に福島県二本松市の山林を2700万円で購入した。それまで和牛商法などの損失が1億円を超えていたが、夫に一切告げていなかった。今回も「夫に相談すると損失を知られてしまう」と隠した。被害金回収を持ちかけた電話の男は「事を荒立てることはない。ご主人には絶対に言わないで」と話し、夫の出勤時間を確かめた上で、必ず1人の時に連絡してきた。
 被害金は11月末に戻ると言われたが音信は途絶え、電話機の前で待ち続ける日々。話せば夫はショックを受けるだろう。夫の前では明るく振る舞ったが、1人でいると涙がこぼれた。「ごめんなさい」。心の中で唱えることしかできなかった。
 「夫に申し訳なくて自殺したい」。そう思った時もあった。「夫に相談すれば冷静な目で見てくれたかもしれない。でも、もう打ち明けられない。1人で抱えるのはつらいけど」と漏らし、今も悩み続けている。
 1000万円入金した愛知県の主婦(78)は「明日払わないと土地は買えない(ので被害金の回収はできない)」と言われ、急いで金を下ろした。「夜に電話が来て、翌朝に取りに来た」と話す。この間、回収のことが頭を占め、同居の娘にも相談しなかった。「今になって『ばかなことをした』と思う」
 ◇5400万円で山林購入、命絶った妻
 「土地を買わされてお金がない。もう生活できない」。群馬県の主婦(当時65歳)が夫(68)に打ち明けたのは2013年5月初めだった。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140408k0000m040151000c.html

| コメント (0)

名古屋の中学校で男子生徒が飛び降り重体 (8日)TBS

名古屋の私立中学校で始業式が行われた7日、男子生徒が校舎の4階から飛び降り、重体となっています。
 7日の午後1時半頃、名古屋市の私立南山中学校男子部で「校舎から人が転落した」と消防に連絡が入りました。飛び降りたのは2年の男子生徒で、「4階から落ちた」と自分で話していましたが、背中と腰の骨を折るなどして重体です。南山中学校は7日が始業式で、生徒が転落したのは部活動が始まる直前でした。
 「鈍い音が聞こえてきた」(男子生徒の同級生)
 「(男子生徒は)『1人で落ちた。転落した』と答えた。イザコザがあったということは分かっている」(南山中学校男子部 澤田秋善 副校長)
 学校の会見では生徒は飛び降りる直前、同級生の男子生徒と何らかのトラブルがあったということで、学校側は飛び降りの原因を詳しく調べる方針です。TBShttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2168840.html

| コメント (0)

市職員が児童手当約1400万円だまし取る 神奈川県(8日)テレビ朝日

神奈川県小田原市の男性職員が、児童手当約1400万円をだまし取っていたとして懲戒免職の処分を受けました。
 子ども青少年部の30歳の男性職員は、架空の保護者3人をシステムに登録して、先月までの3年間で児童手当約1400万円をだまし取ったとして、7日付で懲戒免職処分となりました。男性職員は登録業務などを担当していましたが、宛先が無い支払通知書があることに別の職員が気付いて発覚しました。「自宅の建築に使った。出来心だった」と話していて、市は警察への告訴を検討しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000024632.html

« 2014年4月7日 | トップページ | 2014年4月9日 »