« 2014年4月4日 | トップページ | 2014年4月6日 »

2014年4月5日

2014年4月 5日 (土)

女児の死因は不詳=家庭福祉員宅で保育中-警視庁(5日)時事

東京都目黒区の「家庭福祉員」の自宅で保育中に死亡した7カ月の女児について、警視庁碑文谷署は5日、司法解剖の結果、死因は不詳と発表した。女児の体重は標準で外傷もなかった。同署は福祉員の保育状況や女児の家庭環境にも問題はなかったとみているが、死亡した経緯を調べている。
 同署や区によると、3日午後2時ごろ、うつぶせで寝ていた女児が呼吸をしていないことに福祉員が気付き119番。4日午後2時20分ごろ、病院で死亡が確認された。病院から連絡を受けた同署が司法解剖した。(2014/04/05-20:25)

Top_header_logo21_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

北海道警、ボンベ爆発で対策室 250人態勢(5日)共同

札幌市北区の北海道警官舎や警察署駐車場、大型店でカセットこんろ用ガスボンベが爆発する事件が相次いでいることを受け、道警は5日、一連の事件の解決を目指す対策室を北署に設置し、約250人態勢で捜査に当たっていると明らかにした。
 また、道警官舎の爆発で現場から見つかった2千本以上のくぎは、いずれも同じ種類の新品だったことも分かった。
 北署によると、対策室は3日設置されたが、同日夜、道警官舎でガスボンベが爆発した。同署は近隣のパトロールを強化し、近く同署ホームページで情報提供も呼び掛ける。
 北区では道警官舎での爆発も含め、事件が計5件相次いでいる。

2010_0123_11120247newslogo1_4 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040501001875.html

| コメント (0)

中山秀征さんが一日署長、交通安全呼びかけ(5日)日本テレビ

6日から始まる春の全国交通安全運動を前に、タレントの中山秀征さんが警視庁新宿警察署の一日署長に任命され、交通安全を呼びかけた。
 新宿駅西口の広場には、地元・新宿警察署の一日署長に任命された中山秀征さんや地域の住民ら130人が集まり、6日から始まる春の交通安全運動を前に交通安全教室が開かれた。
 中山さんは、幼い頃、両親から信号を守るよう教えられたという自身の体験談なども交えながら、交通ルールを守ることの大切さを訴えた。
 高齢者や子どもが絡む交通事故は、東京都内では2012~13年にかけて減少傾向にあるが、警視庁はこうした地域のイベントなどを活用して交通安全を呼びかけていきたいとしている。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2014/04/05/07248738.html

市バス逆走:名古屋で70メートル「不注意で入った」(5日)毎日

名古屋市交通局は5日、営業走行中の市バスが誤って対向車線のバスレーンに進入し、約70メートル逆走したと発表した。約20人の乗客などにけがはなかった。
 市交通局によると、同日午前11時5分ごろ、同市東区赤塚町で、道路中央にあるバスレーンを走行中の市バスが交差点を通過する際、対向車線側のレーンに入り約70メートル走った。バスはその後、本来のレーンに戻った。現場は右折帯を除き片側3車線あり、中央分離帯はなかった。男性運転手(51)は「不注意で入ってしまった」と話しているという。
 市交通局は「全乗務員に対し安全運転の徹底を改めて強く指導する」としている。【町田結子】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20140406k0000m040057000c.html

| コメント (0)

木炭燃やし母殺害 介護疲れで心中図る? 殺人容疑、次男を逮捕(5日)産経

自宅アパートで木炭を燃やし、同居する母親(80)を殺害したとして、警視庁捜査1課は5日、殺人の疑いで、次男の無職、中村仁容疑者(45)=東京都墨田区文花=を逮捕した。捜査1課によると、「無理心中をしようとしたが、自分は途中でその場を離れてしまった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は2月25日午前、自宅の都営アパートで、木炭を燃やして一酸化炭素を発生させ、母親の孝子さんを一酸化炭素中毒で殺害したとしている。
 捜査1課によると、中村容疑者は孝子さんと50代の会社員の長男との3人暮らし。孝子さんは足などが不自由で、中村容疑者らが介護していたという。
 27日午後2時ごろに長男から「母親の様子がおかしい」と119番通報があり、救急隊員らが孝子さんの遺体を発見。台所から木炭の燃えかすが見つかったことなどから、捜査1課が中村容疑者に事情を聴いたところ、今月4日になって「自分が火をつけて殺した」と関与を認めたという。
 中村容疑者は「以前にも2回、トライした」と供述しており、捜査1課は介護疲れや将来への悲観などから無理心中を図ったとみて、詳しい動機などを調べている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140405/crm14040513370004-n1.htm

| コメント (0)

「適正捜査に必要」222の地方議会が可決 取り調べ可視化の意見書(5日)産経

適正な捜査の確保のために必要だとして、警察や検察による取り調べの録音・録画(可視化)を制度化するよう国に求める意見書が可決された地方議会が、昨年12月までに全国で222に上ったことが5日、日弁連のまとめで分かった。
 日弁連によると、意見書は衆参両院議長や法相ら宛て。日弁連可視化実現本部の田中敏夫本部長代行は「多くの人が関心を持っている表れ。国は重く受け止めるべきだ」と話している。
 地方自治法によると、地方議会は公益に関わる事案について国会や関係省庁に意見書を提出できるが、法的拘束力はない。日弁連は各地の弁護士会を通じ、議会に意見書を出すよう要請。昨年12月12日までに、5府県と217市町村の議会で可決された。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140405/trl14040520170001-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)
これが教育だよ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140324105255

 広島市立小学校で50歳代の女性教師が市教委から文書訓告の処分を受けたという。
 事由は2人の1年児童が2日間の授業時間に椅子を前後に傾けるなどしていたため、椅子を取り上げたうえ6~7日間にわたって床に座らせて授業を受けさせたり給食を食べさせていたもの。
 これが教育なのか体罰なのかだ。何度も注意をしても聞き入れなかったのならそれは教育だ。
 大人も子供も「やりたい事は自由にできる」と思っているような人間が社会のルールを乱している。
 子供の教師に対する暴力事件が増加している。警察庁によると平成25年には789件あった。前年に比べて106件の増。しかも、この数字は過去10年で最悪なのだ。
 学校で人間社会のルールを教えないで誰が教えるのか。教えても聞き入れない我がままな子供をどう教育するのか?地域社会で注意すれば角が立つ。通りかがりの大人が注意すれば110番がかかる。かと言って親と子供の接触する時間が少ない-
 勿論、先生にも問題はないとは言えない。起立もしないし国歌斉唱も拒否する非国民は教育者とは言えないからだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

消防士「火災、マジ勘弁」と投稿 茨城、ツイッターに(5日)共同

茨城県笠間市の笠間消防署に勤務する20代の男性消防士が1月にあった出初め式の前夜、火災現場に出動し、ツイッターに「明日出初なのに23時から今まで火災ってマジ勘弁」と投稿していたことが5日、市への取材で分かった。消防士は市消防長から文書注意処分を受けた。
 市によると、消防士は1月4日深夜~5日未明、市内で住宅火災の消火活動をした。5日午前4時40分ごろ消防署に戻り、携帯電話でツイッターに投稿。出初め式準備のため午前7時半ごろに再び集合予定だった。
 投稿に気付いた市民から14日、市役所に連絡があり、消防士は同日中に投稿を削除した。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040501001516.html

| コメント (0)

テレクラ放火殺人の押収品還付へ 「拳銃、薬物返します」(5日)共同

2000年3月、神戸市のテレホンクラブ「リンリンハウス元町店」などに火炎瓶が投げ込まれ客4人が死亡した事件で、神戸地検が、兵庫県警などが押収した拳銃や覚せい剤の還付手続きを始めたことが5日、分かった。9日まで掲示板で呼び掛け、持ち主が現れなければ廃棄する。
 還付対象は回転式拳銃と自動式拳銃3丁ずつ、実包85発のほか、覚せい剤や注射器588本など計152種類。名乗り出ると「逮捕される可能性が極めて高い」という。
 押収物還付公告と呼ばれる法的な手続きで、家宅捜索で押収したものの、容疑者が否認するなど関与を認定できない場合、処分の前に押収物の内容を掲示する。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040501001488.html

| コメント (0)

木炭燃やし母殺害 介護疲れで心中図る? 殺人容疑、次男を逮捕(5日)産経

自宅アパートで木炭を燃やし、同居する母親(80)を殺害したとして、警視庁捜査1課は5日、殺人の疑いで、次男の無職、中村仁容疑者(45)=東京都墨田区文花=を逮捕した。捜査1課によると、「無理心中をしようとしたが、自分は途中でその場を離れてしまった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は2月25日午前、自宅の都営アパートで、木炭を燃やして一酸化炭素を発生させ、母親の孝子さんを一酸化炭素中毒で殺害したとしている。
 捜査1課によると、中村容疑者は孝子さんと50代の会社員の長男との3人暮らし。孝子さんは足などが不自由で、中村容疑者らが介護していたという。
 27日午後2時ごろに長男から「母親の様子がおかしい」と119番通報があり、救急隊員らが孝子さんの遺体を発見。台所から木炭の燃えかすが見つかったことなどから、捜査1課が中村容疑者に事情を聴いたところ、今月4日になって「自分が火をつけて殺した」と関与を認めたという。
 中村容疑者は「以前にも2回、トライした」と供述しており、捜査1課は介護疲れや将来への悲観などから無理心中を図ったとみて、詳しい動機などを調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140405/crm14040513370004-n1.htm

| コメント (0)

「徹底捜査を」 菅官房長官、ガスボンベ爆発事件で(5日)北海道

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で、札幌市北区の警察宿舎でガスボンベが爆発した事件について、「極めて危険なことだ。徹底して捜査し、できる限り早く解明できるようにしたい」と述べた。

Logo1_2 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/531412.html

| コメント (0)

被害女性が男を取り押さえる 堺のひったくり、自転車で追跡(5日)西日本

4日午後2時20分ごろ、堺市堺区の路上で、看護師の女性(52)=同区=がひったくりの被害に遭い、自転車でスクーターに乗った男を追跡、取り押さえた。
 堺署が窃盗容疑で大阪市住之江区のアルバイト高木翔平容疑者(26)を現行犯逮捕した。調べに対して「追い掛けられているとは思わなかった」と供述している。
 高木容疑者はスクーターで女性に接近し、自転車の前かごから手提げかばんを盗み逃走。しかし、現場から約200メートル離れた路上で、バランスを崩し転倒。自転車で追い掛けてきた女性と通行人の男性2人に取り押さえられた。

Logo1 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/80234

| コメント (0)

福岡北九州高速公社:飲酒勤務に内部通報制度 疑問の声も(5日)毎日

北九州都市高速道路の料金事務所従業員が勤務中に飲酒していた問題で、道路を管理する福岡北九州高速道路公社(福岡市東区)は4日、一連の問題を検証した第三者委員会(委員長・砂田太士(たいじ)福岡大教授)の提言に基づく再発防止策を発表した。勤務中の飲酒などの不祥事を目撃した場合の報告窓口を設ける「内部通報制度」を今月から導入することなどを盛り込んだ。これに対し、現場の従業員からは「これで飲酒問題の根本解決につながるのか」と疑問視する声も出ている。
 一連の問題では、収受業務に携わる従業員4人が昨年7月、料金事務所で勤務中に飲酒し、うち1人が車で定期巡回したことが発覚。その後、多数の従業員が勤務中に飲酒していた事実を公社幹部が隠蔽(いんぺい)したことも判明した。第三者委は3月の最終報告で「内部統制に不備があった。風通しのよい組織づくりが必要」と指摘した。
 公社側は4日の記者会見で、内部通報の窓口を社外の弁護士にするなど、現場の従業員らが相談しやすい制度にする計画を説明。今月から公社、委託業者の本社、料金事務所の三者による会議を四半期ごとに開催し、職場の実情を把握しあうことも決めた。
 ◇雇用改善など触れず
 しかし、第三者委が「我々の議論する範囲を超えているかもしれないが、あえて触れたい」と言及した長時間勤務や雇用形態の見直しは、公社側は大部分を「検討中」とし、具体策はほとんど打ち出さなかった。
 「寝酒を誘発する」と指摘のあった25時間体制の勤務時間についても「一日三交代制などを試験導入するか検討する」との回答にとどめた。
 北九州都市高速の料金所で長年働いてきたベテラン従業員は「昨年7月以前に内部通報制度があれば、問題がここまで大きくならなかったかもしれない。遅きに失した」と悔やむ。勤務雇用形態の見直しは、「現場の声をきっちり吸い上げてほしい」とくぎを刺す。その上で「料金事務所など一部は、働く場所と休憩スペースが離れており、隠れて飲める環境で起きている」と指摘。「公社は実情を把握しているはずで、取り組み方針に言及がないのはおかしい。問題を直視しない体質は変わらないのでは」と話した。
 一方、公社は3日付で、渡口潔前理事長(昨年10月に引責辞任)の退職手当を10%減額するなど役職員5人の懲戒処分を実施した。【比嘉洋、曽田拓】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140405k0000m040143000c.html

| コメント (0)

全国の交通事故死、1千人超す 14年、最も遅いペース(5日)朝日

 1月からの交通事故による累計の死者数が今月3日に1千人を超えた、と警察庁が4日発表した。日付別の統計が残る1970年以降で最も遅いペースだが、お年寄りが占める割合が依然として高い。警察庁の担当者は「団塊の世代が高齢者になり、死者数が目立つようになった。引き続き対策を進める」といっている。
 3日時点の死者数は1010人。都道府県別で死者が最も多かったのは愛知の58人で、千葉の45人、福岡の44人が続いた。最も少なかったのは青森の5人で、山梨、鳥取の6人の順になっている。
 65歳以上の死者数は527人。昨年同期よりも43人減っているものの、死者全体に占める割合は、通年の記録として過去最悪だった昨年の52・7%とほぼ並んだ。都道府県警察は高齢者対策を強化。地域のお年寄りの集まりなどで、シミュレーターを使った交通安全教育や反射材着用の普及を進めているという。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG443DQRG44UTIL00N.html

| コメント (0)

朝日新聞に質問状=「やらせ」事実でない-映画出演の被災者(5日)時事

宮城県南三陸町の災害ラジオ局に密着取材したドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」で一部に演出があった問題で、出演した被災者が代理人弁護士を通じて4日までに、「やらせ」と報じた朝日新聞社に対し、質問状を送ったことが分かった。
 質問状は、被災者は報道されたような「演技」をした認識はなく、「映画を見た人に申し訳ない」と話したこともないため、記事は事実に基づいていないとしている。
 映画は被災者がラジオの受信エリア外の仮設住宅で暮らしていたにもかかわらず、録音を聞いている場面をラジオを聞いているように描いた。
 朝日新聞のコメント 記事は確かな取材に基づくものですが、ご質問には真摯(しんし)に対応します。(2014/04/04-22:07)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

女性ナイフで切られ死亡 殺人未遂容疑で男逮捕(5日)共同

4日午後6時40分ごろ、大阪市西区の路上で、50代ぐらいの女性が、男にナイフで肩などを切られた。府警によると、女性は搬送先の病院で死亡が確認された。
 府警は同日、殺人未遂の疑いで大阪市港区の無職東一郎容疑者(67)を現行犯逮捕した。「金銭トラブルがあった。かっとなって刺した」と供述しており、詳しい経緯を調べている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040401002527.html

| コメント (0)

現場からクギ2000本 札幌警察官舎爆発(5日)日本テレビ

北海道札幌市北区の警察の官舎でカセットボンベが爆発した事件で、現場からは2000本近いクギが見つかっていることがわかった。
 札幌市北区の北海道警の官舎で3日夜に爆発音がし、1階からカセットボンベ5本が見つかり、うち3本が破裂していた。警察は、4日に実況見分を行い、現場からは着火剤とみられる固形燃料のほか、長さ2センチのクギが約2000本見つかったという。クギは爆風で、1階と2階の間の階段の踊り場まで飛び散っていたという。
 警察は今年1月以降、北区で4件続いているカセットボンベの爆発事件と同一犯の可能性もあるとみて調べている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/04/05/07248699.html

| コメント (0)

家庭福祉員が保育していた7か月の女の子が死亡 (5日)TBS

東京・目黒区で、家庭福祉員が保育していた生後7か月の女の子が病院に運ばれ、その後、死亡していたことがわかりました。
 目黒区などによりますと、2日午後2時ごろ、生後7か月の女の子の呼吸が止まっているのに保育中の家庭福祉員が気づき、119番通報しました。消防が駆けつけたところ、女の子は心肺停止の状態で、病院に運ばれましたが、4日午後、死亡しました。この家庭福祉員は、当時、死亡した女の子を含め3人の子どもを保育していたということです。女の子に外傷はないということで、警視庁は、司法解剖して詳しい死因を調べることにしています。
 家庭福祉員の制度は、保護者が仕事や病気などを理由に昼間に子どもの保育ができない場合、保護者と契約を交わしたうえで、福祉員の自宅などで預かる保育制度です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2166599.html

| コメント (0)

のこぎり?で女性殴り強盗「ストレスが…」男を逮捕(5日)産経

のこぎりのようなもので、いきなり女性を殴り、現金などを奪った疑いです。
 片平翔太容疑者(22)は先月、東京・葛飾区の路上で、出勤途中の会社員の女性(29)に自転車で近付き、背後からのこぎりのようなもので背中や肩を殴って、現金1万円などが入ったリュックサックを奪った疑いが持たれています。女性は全治1週間のけがをしました。取り調べに対し、「ストレスがたまっていてやった。金は飲み食いに使った」と容疑を認めています。また、「他にも何件かやった」と供述していて、警視庁が余罪を調べています。

Msn_s1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000024470.html

【衝撃事件の核心】逮捕された元暴力団会長はイラン人だった!! 「任侠の世界に憧れ」…来日35年、その数奇な人生とは(5日)産経

中東・イランで生まれ育った若者はなぜ、はるか遠く約7500キロも離れた日本で、指定暴力団の会長になったのか-。さいたま市内の倉庫に回転式拳銃1丁と実弾23発を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策2課は3月、銃刀法違反容疑で元住吉会系暴力団会長のイラン国籍の男を逮捕した。35年前に来日し、その3年後には組員となり、ヤクザ稼業に手を染めていった。「映画や小説で見た日本の任侠(にんきょう)の世界に憧れていた」という男の人生とは-。(宇都宮想)
流暢な日本語で容疑を否認… 振る舞いは「親分そのもの」
 捜査の端緒は平成25年7月、40代の男性が暴力団から抜けようとし、別の暴力団の男らからカネを脅し取られたとして警視庁に相談したことだった。加害者側にいたのが、住吉会系暴力団「桂真会」会長のアムロラー・ナーセリー容疑者(59)だった。
 警視庁は恐喝事件として、外国人犯罪を専門とする組織犯罪対策2課が捜査。24年12月~25年3月に男性から約18万円を脅し取ったとして、今年2月に恐喝容疑でナーセリー容疑者を逮捕した。男性とナーセリー容疑者はかつて同じ組に所属していたという。
 組対2課はナーセリー容疑者の関係先として、さいたま市緑区の自宅から約300メートル離れた貸倉庫を家宅捜索し、棚の上に置かれたプラスチック製の用具入れの中から思いがけないものを見つけた。ブラジル製の38口径回転式拳銃1丁と実弾23発。発射された形跡はなかったが、いつでも使用できる状態だった。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140404/crm14040421100012-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年4月4日 | トップページ | 2014年4月6日 »