« 工事入札めぐり業者を脅した容疑で暴力団幹部ら逮捕(11日)フジテレビ | トップページ | 高齢者の「詐欺」二次被害防止に、名簿共有へ(11日)読売 »

2014年3月11日 (火)

不明機に盗難旅券で搭乗、1人はイラン人少年(11日)読売

【クアラルンプール=梁田真樹子】マレーシア警察は11日、消息を絶ったマレーシア航空機に盗難パスポートを使って搭乗した2人のうち1人について、ドイツへの不法入国を試みたイラン人少年(19)だったと明らかにした。
警察によると、少年はオーストリア人のパスポートを使って搭乗し、フランクフルトへ行く予定だった。もう1人はイタリア人のパスポートを使っており、身元の特定を急いでいる。警察は、イラン人少年について、「テロ組織の構成員とは考えにくい」と説明した。
 一方、タイ警察によると、2人の航空券はタイ東部のリゾート地パタヤの旅行会社を通じて購入された。別のイラン人男性が、旅行会社に対して電話で、航空券の購入を依頼したという。

« 工事入札めぐり業者を脅した容疑で暴力団幹部ら逮捕(11日)フジテレビ | トップページ | 高齢者の「詐欺」二次被害防止に、名簿共有へ(11日)読売 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不明機に盗難旅券で搭乗、1人はイラン人少年(11日)読売:

« 工事入札めぐり業者を脅した容疑で暴力団幹部ら逮捕(11日)フジテレビ | トップページ | 高齢者の「詐欺」二次被害防止に、名簿共有へ(11日)読売 »