« 子供のネット中傷、削除に壁…運営者が拒否も(25日)読売 | トップページ | 猪瀬前知事立件へ詰め=公選法違反の疑い-5000万円受領問題・東京地検(25日)時事 »

2014年3月25日 (火)

ストーカー行為:「また男か」…規制できぬSNS(25日)毎日

◇連続送信は対象外、「法が実態に追いついてない」の声も

 ストーカー行為の手段として電子メールの連続送信が使われた神奈川・逗子ストーカー事件を受け、警察当局は2013年、ストーカー規制法を00年の施行以来初めて改正し、嫌がる相手に何度もメールを送りつける行為を新たに規制対象に含めた。しかし、この数年で急速に普及した無料通信アプリ「LINE(ライン)」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の連続送信は対象外で、摘発することができない。捜査の現場からは、「法が社会の実態に追いついていない」との声が上がっている。【林奈緒美】
 「また男か」
 「シカト?」
 警視庁田無署に2月、逮捕された東京都練馬区の無職、阿部直也容疑者(26)は今年1月31日、携帯電話で元交際相手の女性(23)に1589件ものメッセージをラインで送信したとされる。20日後にも、「電話に出て」「来ないなら今日行くからな」などとラインで1660件のメッセージを送り、女性宅に押しかけたという。
 女性からの110番を受け、田無署は2月20日に捜査を開始。女性の携帯の履歴からラインで繰り返し送信している事実は確認できた。しかし、(1)SNSの連続送信は規制対象外(2)ラインの文言自体に、「面会や交際、復縁の要求」や「行動の監視を告げる行為」など法で禁じている「つきまとい行為」に明確に該当するものが見当たらない−−などの理由でストーカー規制法の適用を見送ったという。
 最終的に同署は、阿部容疑者が女性の頭を携帯で殴ったなどとする事案に着目し、2日後の22日に暴行容疑で逮捕した。
 警視庁によると、ストーカー事件で加害者が元交際相手らに送信するメッセージは、徐々に表現がエスカレートし凶暴化するケースが目立つという。しかし、SNSの連続送信は摘発できない。ある捜査幹部は「これだけ普及しているのに時代に合っていない。他の容疑を適用できる事案ならいいが、そうでなければ被害者を危険にさらし続けることになりかねない」と法整備の必要性を訴える。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://mainichi.jp/select/news/20140325k0000m040154000c.html

« 子供のネット中傷、削除に壁…運営者が拒否も(25日)読売 | トップページ | 猪瀬前知事立件へ詰め=公選法違反の疑い-5000万円受領問題・東京地検(25日)時事 »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59352016

この記事へのトラックバック一覧です: ストーカー行為:「また男か」…規制できぬSNS(25日)毎日:

« 子供のネット中傷、削除に壁…運営者が拒否も(25日)読売 | トップページ | 猪瀬前知事立件へ詰め=公選法違反の疑い-5000万円受領問題・東京地検(25日)時事 »