« 裁判員裁判の無罪 やり直しへ(12日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年3月12日 (水)

山形の死体遺棄・詐欺事件に無罪 「同居父の死、気付かず」(12日)共同

同居の父親の遺体を放置し、年金をだまし取ったとして死体遺棄と詐欺の罪に問われた山形市の男性被告(36)の判決で、山形地裁は12日、「2人が顔を合わせることはほとんどなく、全く関心を払わない特異な家族環境だった」とした上で、男性が父親の死亡を認識していた証拠がないと判断し無罪を言い渡した。求刑は懲役2年6月。
 男性は2012年9月、同居の父親=当時(66)=が死亡しているのに気付いたのに、遺体が見つかる13年1月まで放置し、父親の年金2カ月分計約19万円をだまし取ったとして起訴されていた。

2010_0123_11120247newslogo1_5 http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014031201001851.html

« 裁判員裁判の無罪 やり直しへ(12日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59281086

この記事へのトラックバック一覧です: 山形の死体遺棄・詐欺事件に無罪 「同居父の死、気付かず」(12日)共同:

« 裁判員裁判の無罪 やり直しへ(12日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »