« 事件後ホテル宿泊 行動を捜査(8日)NHK | トップページ | 財布置き引き、カメラ映像確認不十分で誤認逮捕(8日)読売 »

2014年3月 8日 (土)

裁判官宅と思い込み放火 容疑の男再逮捕(8日)共同

静岡市葵、駿河両区で昨年7月に相次いだ3件の火災で、静岡中央、静岡南両署の合同捜査班と県警捜査1課は8日、現住建造物等放火の疑いで同市葵区瀬名中央の無職の男(62)を再逮捕した。
 逮捕容疑は昨年7月5日ごろ、同区大岩本町の無職女性(92)方の敷地内で自作の発火装置を作動させ、女性宅の駐車場の壁など約5平方メートルを焼いた疑い。装置は蚊取り線香と花火で点火し、ガソリンと段ボールに引火させる仕組みだった。
 静岡中央署によると、容疑者は2009年ごろに親族間で争った遺産相続調停の審判結果に不満を持っていた。同署などは、審判を下した家庭裁判所の裁判官と女性が同じ名字だったため、全く関係のない女性宅を裁判官の家だと思い込んで狙ったとみている。
 調べに対し容疑者は「裁判所の近くに(裁判官が)住んでいるだろうと思って電話帳などで調べた」などと間違えた理由を説明し、「審判結果を見直してほしかった」と動機を話しているという。
 容疑者は同じ夜、遺産相続調停の調停委員を務めていた駿河区稲川の男性司法書士と、審判後の相続手続きをした葵区伝馬町の男性司法書士の自宅にも同様の発火装置を置き、火を付けたなどとして、現住建造物等放火、同未遂容疑で逮捕されていた。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.at-s.com/news/detail/964016798.html

« 事件後ホテル宿泊 行動を捜査(8日)NHK | トップページ | 財布置き引き、カメラ映像確認不十分で誤認逮捕(8日)読売 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官宅と思い込み放火 容疑の男再逮捕(8日)共同:

« 事件後ホテル宿泊 行動を捜査(8日)NHK | トップページ | 財布置き引き、カメラ映像確認不十分で誤認逮捕(8日)読売 »