« 父の命がけの救助「思い出し涙」 暴風雪被災の少女手記(2日)朝日 | トップページ | アプリで性犯罪被害の子どもが急増(2日)NHK »

2014年3月 2日 (日)

警察庁が初後援したハッキング大会の目的は(2日)読売

ハッキング技術の日本一を競う全国大会「SECCON(セクコン)」が1日、東京都足立区の東京電機大で始まった。
 サイバー犯罪に対処できる「正義のハッカー」を発掘しようと、警察庁が初めて後援した。初開催の前回は学生と社会人の2部門で行われたが、今回は統合。509チーム、計1312人のうち、予選会を勝ち抜いた20チームの計80人が2日間の日程で、サーバーに侵入してデータを改ざんしたり、情報を抜き取ったりするスピードなどを競う。
 出場した北海道釧路市の中学3年(15)は「コンピューター技術者になるのが夢で経験を積みたい。ほかのチームと競うのが楽しい」と話していた。

« 父の命がけの救助「思い出し涙」 暴風雪被災の少女手記(2日)朝日 | トップページ | アプリで性犯罪被害の子どもが急増(2日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59222455

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁が初後援したハッキング大会の目的は(2日)読売:

« 父の命がけの救助「思い出し涙」 暴風雪被災の少女手記(2日)朝日 | トップページ | アプリで性犯罪被害の子どもが急増(2日)NHK »