« 気持ち断ち切るため…人気声優のコンサート妨害(3日)読売 | トップページ | 夜行バスがトラックと衝突 乗客多数けがか、北陸道SA(3日)共同 »

2014年3月 3日 (月)

スマホなど操作中のけが 都内で36人(3日)NHK

東京都内で歩きながら、スマートフォンなどを操作していて事故に遭い、病院に運ばれた人は去年1年間に36人で、スマートフォンの普及に伴って、年々、けがをする人が増えていることから、東京消防庁が注意を呼びかけています。

東京消防庁のまとめによりますと、去年1年間に都内でスマートフォンや携帯電話を操作していて、けがをして病院に運ばれた人は36人で、統計を取り始めた平成22年の1.5倍ほどに増えています。
けがの状況で最も多いのは、スマートフォンなどの操作中や画面を見ているときで24人と半数以上を占め、次いで通話中が5人、電話を取ろうとしたときが3人などです。
けがをした人の半数以上は転ぶなどしたものですが、去年10月には、板橋区で携帯電話を操作していた男性が誤って踏み切りに入り、電車にはねられて死亡する事故も起きています。
また、携帯電話を見ていた人にぶつかられて2人がけがをするなど事故に巻き込まれるケースも相次いでいます。
スマートフォンなどの操作中にけがをする人が、年々、増えていることから、東京消防庁は「スマートフォンは画面にくぎづけになりやすく、事故が起きる可能性が高いので立ち止まって使用してほしい」と注意を呼びかけています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140303/k10015661141000.html

« 気持ち断ち切るため…人気声優のコンサート妨害(3日)読売 | トップページ | 夜行バスがトラックと衝突 乗客多数けがか、北陸道SA(3日)共同 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59229165

この記事へのトラックバック一覧です: スマホなど操作中のけが 都内で36人(3日)NHK:

« 気持ち断ち切るため…人気声優のコンサート妨害(3日)読売 | トップページ | 夜行バスがトラックと衝突 乗客多数けがか、北陸道SA(3日)共同 »