« 2014年3月28日 | トップページ | 2014年3月30日 »

2014年3月29日

2014年3月29日 (土)

後ろポケットから…95万円入り財布奪われる(29日)読売

27日午後8時35分頃、川崎市宮前区馬絹のパチンコ店「パーラーワールド」の駐車場で、同店から出てきた男性(68)が、後ろから近づいて来た男にズボンの後ろポケットに入れていた現金約95万円入りの財布を奪われた。
男性が気付いて振り向いた瞬間、男に突き飛ばされ、足蹴りされたが、けがはなかった。
 男はそのまま逃走。宮前署で事後強盗事件として男の行方を追っている。
 発表によると、男は20~30歳代で身長約1メートル80。白っぽい服を着ていたという。

| トラックバック (0)

ベトナム人女性殺害事件から1年、警察が情報提供呼びかけ (29日)TBS

神奈川県秦野市の団地で、ベトナム国籍の女性が殺害された事件から29日で1年が経ち、警察は、付近の駅でチラシを配り情報提供を呼びかけました。
 この事件は、秦野市の県営団地で、パート従業員でベトナム国籍のレ・タン・トウエンさん(40)が、自宅の部屋で、何者かに首を刃物で刺されるなどして殺害されたものです。
 事件から29日で1年が経ちましたが、付近の聞き込みや防犯カメラ映像の解析などからも容疑者の逮捕につながる有力な情報はなく、警察は、現場近くの駅など3か所で事件に関するチラシを配りました。およそ2000枚のチラシを神奈川県警の捜査員などおよそ20人が配布し、情報提供を呼びかけています。

【情報提供】神奈川県警秦野署捜査本部:0463‐83‐0110
(29日15:01)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2160793.html

| トラックバック (0)

軽乗用車がドア開けたまま急発進し男性転倒 男性は死亡 埼玉(29日)フジテレビ

さいたま市の路上で軽乗用車が突然動き出し、男性を転倒させて、そのまま逃走した。転倒した男性はその後、死亡した。
28日午後10時前、さいたま市桜区の路上で、近くの交番に勤務する警察官が、怒鳴り声を聞き、現場に駆けつけたところ、黒っぽい軽乗用車が、運転席側のドアを開けたまま、突然後ろに急発進し、そばに立っていた会社員の清水孝一さん(43)を転倒させ、そのまま走り去った。
清水さんは、車のドアにぶつかって倒れ、病院に搬送されたが、29日午前、死亡した。
警察は、清水さんが、何らかのトラブルに巻き込まれた可能性もあるとみて、傷害事件として捜査している。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00265658.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩道橋に2遺体、自殺か 札幌・東区(29日)産経

29日午前5時ごろ、札幌市東区北41条東10丁目の歩道橋で男女が首をつって死んでいるのを散歩中の男性会社員(44)が見つけ、110番した。所持品から東区の40代の夫婦とみられ、東署は自殺の可能性が高いとみて詳しい状況を調べている。
 同署によると、歩道橋の端で転落防止用の柵にひものようなものを掛け、並んで首をつっていた。遺書は見つかっていないという。
 40代夫婦の夫から27日、母親に自殺をほのめかす電話があり、東署に捜索願が出ていた。現場近くには妻が所有する乗用車が止められていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140329/crm14032914530007-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
自転車のパトロール
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

2014_0323_15274120140323152741

 現在、47都道府県警本部に約6500の交番、約7500カ所の駐在所があり、それぞれが効果的なパトロールを実施している。警視庁管内では最近特に自転車によるパトロールが目立つようになった。
 武蔵野市のアジア大学通りで、歩道にあるケヤキの大木に自転車の警察官が身を潜めて通行車両を監視していた。軽自動車がその前を通過したその時、自転車で軽自動車を追いかけた。軽は信号の赤で停止。警察官も自転車から降りようとしたが信号は青に変わり軽は再び走り出した。
 警察官はさらに追いかける。ようやく次の信号で間に合い車を左側によせて運転手から事情を聞いていた。その時、今度は2人の警察官が自転車でその現場に猛スピードで〝突進〟して行った。
 見ていて、自転車による警察官の事故を心配した。
 そして29日、時事通信の電子版に安心できるニュースがあった。
 警視庁は自転車パトロールの警察官の安全対策として、転倒の衝撃から頭を守る新型の制帽を開発し、4月から一部に試験導入。その結果を踏まえて12月からは制服の全警察官に配備するという。
 米・ニューヨーク市警の「割れ窓理論」の実績のあるブラットン氏がロサンゼルス市警でやったことは「徒歩による巡回」。ロス市内は犯罪発生率が年々減少したという(産経)。
 平成13年ごろ青森県警で、60カ所の全交番に自転車を配置。地域住民との触れ合いを重視した自転車パトロールを実施、効果を上げたことがあった。
 今年、内閣府の世論調査で「日本の治安は良い」と答えた人が6割近かったように、治安はこうした警察官に支えられている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

保護した男性に暴行=交番の3人処分検討-警視庁(29日)時事

東京都新宿区の警視庁新宿署歌舞伎町交番に勤務する警部補(52)ら3人が、酒に酔って保護した職業不詳の男性(39)に対し、顔を殴るなどの暴行を加え、負傷させていたことが29日、警視庁への取材で分かった。同庁は特別公務員暴行陵辱の疑いで3人を調べたが、示談が成立するなどしたため立件は見送った。対応が不適切だったとして、処分を検討する。
 同庁によると、男性は2月7日午前7時ごろ、泥酔して飲食店で料金を支払わなかったため、店員が同交番に連れてきた。暴言を吐き、警察官をたたいたりパトカーを蹴ったりしたため、シートでくるんで保護。この際、腹を立てた警部補と巡査長(26)が抵抗できない男性の腹部を数回蹴ったほか、巡査(22)が新宿署に移送するパトカー内で顔などを殴ったという。(2014/03/29-13:12)

Top_header_logo21_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0) | トラックバック (0)

白鳥どうぶつ園で火災/ウサギやサル60匹死ぬ(29日)共同

28日午後1時25分ごろ、香川県東かがわ市松原の白鳥どうぶつ園の倉庫から出火、鉄骨2階建て約180平方メートルを全焼した。火は約1時間10分後に消し止められたが、園内には春休み中のため、大勢の親子連れらが詰め掛けており、一時騒然とした。けが人はいなかった。
 東かがわ署や同園によると、倉庫1階で飼育中のウサギやモルモット、サルの赤ちゃん合わせて約60匹が焼け死んだ。園内から逃げ出した動物はいなかった。同署が出火原因を調べている。
 倉庫近くで約200人の来園者がペリカンショーを楽しんでいたところ、倉庫から煙が上がった。園へ向かう市道は避難する来園者や車で大混雑し、消防車が現場へなかなかたどり着けなかったという。飼育員らは避難誘導のほか、倉庫隣で飼育するゾウに水をかけ体温上昇を防ぐなど対応に追われた。
 家族3人で訪れた丸亀市内の30代女性は「訳が分からず本当に怖かった」と青ざめた表情。同園の松村智樹専務は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。安全に一層配慮し、営業を続けたい」と謝罪した。

2010_0123_11120247newslogo1_4 http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20140329000244

| トラックバック (0)

ホームセンター火災 現場に数10個の画びょう(29日)NHK

27日、札幌市のホームセンターでトイレが焼ける火事があり、焼け跡から破裂したボンベのような物のほか、数10個の画びょうが見つかったことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は、何者かが人に危害を加えようと画びょうを仕掛け、ボンベのような物を破裂させた疑いがあるとみて、捜査しています。

27日夕方、札幌市北区屯田のホームセンター「ジョイフルエーケー屯田店」の1階にある男子トイレから火が出て内部を全焼し、男性客1人が軽いやけどをしました。現場のトイレの洗面台の下や個室の周辺の焼け跡からは、破裂して黒焦げになったボンベのような物が複数見つかり、警察は放火事件として調べています。
警察のその後の調べで、とくに焼け方が激しかった個室近くには数10個の画びょうが見つかっていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、何者かが人に危害を加えようとボンベのような物に画びょうを仕掛けて破裂させた疑いもあるとみて捜査しています。
現場となった札幌市北区では、ことしに入り警察署の駐車場や量販店の売り場などで、仕掛けられたコンロのボンベが破裂するなどの事件が3件相次いでいて、警察は一連の事件との関連についても調べを進めています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140329/k10013343431000.html

| トラックバック (0)

「袴田事件」被害者遺族が死去 再審決定翌日に発見(29日)共同

静岡市清水区で1966年、みそ製造会社専務=当時(41)=の一家4人が殺害された「袴田事件」で、別棟に寝ていて唯一助かった長女が28日、同区の自宅で死亡しているのが見つかった。清水署によると、事件性はないとみられる。
 事件当時19歳だった長女は、親きょうだいを一度に失った。以後48年間、苦しみの中を生きてきた“もう1人の被害者”ともいえる。
 関係者によると、28日午後6時ごろ、長女を見舞いに来た家族が異変に気付いた。
 27日には、事件の犯人として死刑が確定していた袴田巌さん(78)の再審開始が決まったばかり。長女の自宅周辺では救急車の音に気付いた住民が容体を案じた。「そっとしておいてあげたい」「話すことはありません」と皆、言葉少なだった。
 みそ製造会社の元従業員の男性(82)は長女の死を知ると、「さみしい思いをし続けたと思う」と言葉を詰まらせた。男性は3年ほど前にJR清水駅付近で長女を見掛けた。その際は、精神的に不安定な様子が見られたという。「事件のことが影響したのだろうか。かわいそうという思いが一番」と沈痛な面持ちだった。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.at-s.com/news/detail/976983460.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団融資問題で株主代表訴訟(29日)NHK

「みずほ銀行」が、暴力団員らへの融資を放置していた問題で、親会社の「みずほフィナンシャルグループ」の株主が、当時の経営陣には子会社の監督を怠った責任があるとして、16億円余りを会社に賠償するよう求める株主代表訴訟を起こしました。

「みずほ銀行」は、信販会社を通じた提携ローンで暴力団員らにおよそ2億円を融資していたことが分かったあとも放置し、その後の金融庁の検査で事実と異なる説明をしたとして、2度にわたって行政処分を受けました。
これについて、「みずほ銀行」の親会社の「みずほフィナンシャルグループ」の株主で、横浜市に住む男性が、当時の経営陣14人には子会社の監督を怠った責任があるとして、16億7000万円を会社に賠償するよう求める株主代表訴訟を東京地方裁判所に起こしました。
訴えの中で男性は、「当時の経営陣は、反社会的勢力との取り引きを防ぐ適切な対策を取らず、問題となった融資を漫然と放置しており、経営陣としての義務を果たしていない」と指摘しています。
男性の代理人の前川拓郎弁護士は、「取締役らの責任追及を通じて、メガバンクの社会的責任を明らかにしたい」と話しています。
一方、「みずほフィナンシャルグループ」は「訴状の到達が確認できていないので、コメントは差し控えます」としています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140329/k10013339731000.html

| トラックバック (0)

「先祖の悪い業を取り除けば…」除霊詐欺相次ぐ(29日)読売

青森県警十和田署は28日、同県十和田市の自営業男性(48)が、現金1008万円をだまし取られる詐欺被害に遭ったと発表した。
発表によると、男性は今年2月中旬頃、雑誌の広告に載っていた開運グッズ販売会社の「運気が上昇する」とされる指輪を買ったところ、同月下旬頃、同社の従業員を名乗る女から電話があり、「先祖の悪い業を取り除けば宝くじが当たるし、結婚もできる」などと言われ、指定された口座に現金108万円を振り込んだ。
 また3月中旬頃、同社の霊媒師を名乗る男からも電話で、「家族に霊が取りついている」などと言われ、東京都内の指定された住所に現金900万円を宅配便で送った。男性が現金を送ったことを家族に話し、詐欺の疑いがあったことから、同署に相談した。
 十和田市内では、競馬や宝くじの情報料や除霊料として現金をだまし取る詐欺被害が続発しており、同署では「現金を振り込む前に家族や知人、警察に相談してほしい」と呼びかけている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

原付バイクの男性に車で衝突し逃走した19歳少年を逮捕 八王子市(29日)フジテレビ

東京・八王子市で27日、原付バイクの男性に車で衝突して重傷を負わせたまま逃走した疑いで、19歳の少年が逮捕された。
自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された無職の19歳の少年は、27日未明、車を運転していた際、八王子市寺町の交差点で、原付バイクの45歳の男性と衝突し、重傷を負わせたまま逃走した疑いが持たれている。
調べに対し少年は、「アルバイトに向かう途中で急いでいた。怖くなって逃げた」などと容疑を認めているという。
少年の車が、赤信号を無視して交差点に進入したとの話もあり、警視庁は調べを進めている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00265618.html

| トラックバック (0)

小中高教員3割「説明できない」 脱法ドラッグの有害性(29日)共同

民間団体「日本薬物対策協会」(東京)が首都圏などの小中高校の教員を対象に、若者の間に広がり社会問題化している脱法ドラッグに対する意識調査をしたところ、3割が「有害性を(児童、生徒に)はっきり説明できない」と回答したことが29日、分かった。
 脱法ドラッグは興奮や幻覚作用、意識障害などの健康被害を引き起こすケースがあるが、教育現場に正しい知識が浸透していない実態が浮き彫りになった。
 協会は昨年3月~今年2月、東京都や大阪府のほか埼玉、千葉、神奈川、静岡各県でアンケートを実施。公私立108校の教員計781人が回答した。

http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032901001171.html2010_0123_11120247newslogo1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃に強い新型制帽試験導入へ=自転車警らの安全性向上-警視庁(29日)時事

 自転車でパトロールする警察官の安全対策として、警視庁は転倒の衝撃から頭を守る新型の制帽を開発し、4月から10の警察署で試験導入する。試行の結果を踏まえ、冬服を着用する今年12月から全ての制服警察官に配備する計画。
 新型制帽は、樹脂製の衝撃吸収材を帽子の内部に使用。これまでの制帽より重さは約20~40グラム増すが、外観は変わらない。何もかぶっていない状態に比べ、頭部への衝撃を4分の1に軽減する効果があるという。(2014/03/29-05:30)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| トラックバック (0)

高さ80メートル、絶壁にしがみつき3時間 男性を無事保護、有田町消防本部 [佐賀県](29日)共同

27日午後0時20分ごろ、有田町の英(はなぶさ)山(450メートル)の山頂近くの英岩で、伊万里市の男性(19)から「身動きが取れなくなった」と母親を通して町消防本部に通報があった。80メートルほどの高さの所にしがみついている男性を救助隊が発見、ロープなどを使い約3時間後に救助した。男性にけがはなかった。
 消防本部と伊万里署によると、男性は午前11時ごろ「山に登る」と言って有田町の親戚宅を出発。登山道と間違って岩を登って動けなくなり、母親に携帯電話で助けを求めたという。
 英岩は傾斜が65度超の絶壁で、ロッククライミングの練習にも使われる。消防本部職員は「こけも生え、もし足を滑らせたら危なかった」とほっとしていた。=2014/03/28付 西日本新聞朝刊=

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/78517

| コメント (0) | トラックバック (0)

車検切れ市営バス、58人乗せ487キロ走行(29日)読売

大分県日田市は27日、同市上津江町、中津江村、大山町の一部で運行している市営の「デマンドバス」7台のうち1台が、車検と自賠責保険の有効期限が過ぎたまま運行していたと発表した。
 車検の期限が切れた4日間の走行距離は計487キロ。事故はなかったという。
 市によると、中津江村のタクシー会社に運行を委託。問題のバスは電話予約を受けて走る10人乗りワゴン車で、車検の期限は今月18日、自賠責保険も19日に切れていたが、25日までに52回運行、58人が乗車した。
 市地域振興課の職員が、車検が切れる1か月前に委託業者などに連絡するのを忘れていたという。

(2014年3月29日07時27分  読売新聞)

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

猪瀬・前都知事「許されるなら作家として…」(29日)読売

猪瀬直樹・前東京都知事(67)が医療グループ徳洲会側から5000万円を受け取った事件で、東京地検特捜部は28日、猪瀬前知事を公職選挙法違反(収支報告書の虚偽記入)で略式起訴し、東京簡裁は罰金50万円の略式命令を出した。
前知事は今後5年間、公民権が停止される。猪瀬前知事は納付後に記者会見を開き、「5000万円は選挙資金の側面もあった。これまで不正確な説明をし、おわびしたい」と謝罪した。
 猪瀬前知事は知事選の収支報告書を訂正した上で、28日夕に東京・霞が関で記者会見し、事件の経緯を改めて説明した。
 それによると、猪瀬前知事は2012年12月の知事選前、徳洲会の徳田虎雄・前理事長(76)に対し、自ら資金面での支援を要請。電話で虎雄前理事長に「1億円あればいい」と要求したこともあった。選挙用の自己資金が不足した際、選挙資金に充てることも念頭に置き、虎雄前理事長の次男の徳田毅

・前衆院議員(42)を通じて現金5000万円を借りたという。
 猪瀬前知事は「『1億円を要請したことは100%ない』とか『選挙資金でないと断言できる』などの発言は、自分がそうするはずがないというおごりで述べてしまった」と謝罪。「個人の借入金」との説明を翻し、容疑を認めたことについて「責任を取ってけじめをつけたいと考え、検事に『処罰を受け入れたい』と申し出た」と説明した。
 徳洲会が取得を目指していた東電病院の売却については「徳洲会のために便宜を図った事実は一切ない」と改めて強調。「許されるなら作家として真摯に

仕事に励みたい」と述べた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

GWの高速道路、後半に渋滞が多く発生と予測 (29日)TBS

 今年のゴールデンウィークの高速道路は、上下線とも後半の4連休に渋滞が多く発生すると予測されています。
 各高速道路会社によりますと、ゴールデンウィークの渋滞ピークは、下り線が5月3日(土)、上り線が5月4日(日)、5日(月)と予測されています。上下線とも5月3日から6日までの後半の4連休に渋滞が多く発生するとみられ、ゴールデンウィーク前半は休日の並びが悪く、渋滞が少ないとみられています。
 特に長い渋滞が予測されているのは、5月3日の関越道下り・花園インターチェンジ付近で50キロ、5月5日の東名上り・大和トンネル付近が45キロなどとなっています。(28日20:43)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2160364.html

| トラックバック (0)

住宅5棟を焼く火事 焼け跡から3人の遺体 宮城・仙台市(29日)フジテレビ

29日未明、宮城・仙台市で住宅5棟を焼く火事があり、焼け跡から3人の遺体が見つかった。
火事があったのは、宮城・仙台市太白区の住宅地で、29日午前0時20分ごろ、住民から消防に「火が出ている」と通報があった。
消防が消火にあたり、火はおよそ3時間後に消し止められたが、火元の志賀 虔太郎(けんたろう)さんの木造2階建ての住宅など、あわせて5棟が焼け、志賀さんの住宅から3人の遺体が見つかった。
警察によると、志賀さんは70代で、妻と2人暮らしだが、近所の人の話では、志賀さんの子どもと同居していたという。
現場は、東北道の仙台南インターチェンジに近い閑静な住宅地で、警察と消防は、遺体の身元と火が出た原因を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国系窃盗グループ「爆窃団」2人を逮捕 5年前の銀座窃盗に関与か(29日)産経

中国系の窃盗グループ「爆窃団」のメンバーで、平成21年に東京都内で総額5千万円相当の指輪などが盗まれた事件への関与が疑われる中国人の20~30代の男2人が別の建造物侵入容疑で警視庁捜査3課に逮捕されていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。男らは逮捕直前に貴金属店に立ち寄っており、捜査3課は爆窃団が日本で犯行を再開するための下見目的だった可能性があるとみて警戒を強めている。
 男らの関与が疑われているのは21年2月、中央区銀座の貴金属店の壁に穴が開けられ、金庫から現金約100万円と指輪、ネックレスなど約130点(約5千万円相当)が盗まれた事件。実行犯とみられる爆窃団の男と同時期に来日し、事件後に出国したことなどが確認されていた。
 捜査3課が男らも爆窃団のメンバーとみて警戒していたところ、昨年12月末に再来日。都内や千葉県内の貴金属店などを見て回り、今年1月中旬に中央区内の証券会社に窓ガラスを割って入ったため、建造物侵入容疑で逮捕した。男らは逮捕容疑や爆窃団との関係については認めているが、21年2月の窃盗事件への関与は否認しているという。
 ■爆窃団 中国・香港などに拠点を置き、店舗の壁に油圧ジャッキや電動ドリルで穴を開け、貴金属を盗み出す窃盗グループ。短期間で国内外を出入りする「ヒット・アンド・アウェー」方式で犯行を繰り返す。日本では昭和60年代~平成10年ごろに被害が相次いだ。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140329/crm14032901280002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月28日 | トップページ | 2014年3月30日 »