« 2014年3月25日 | トップページ | 2014年3月27日 »

2014年3月26日

2014年3月26日 (水)

「人質を救出せよ」 羽田空港でテロ対策訓練(26日)テレビ朝日

000023895_6401

来月に予定されているアメリカ・オバマ大統領の来日を前に、羽田空港では、テロリストが人質を取ったという想定で訓練が行われました。
 訓練は羽田空港の国際線ターミナルの入国検査場で、爆弾を持ったテロリストが人質を取ったという想定で行われました。東京税関から通報を受けた警視庁がテロ対策部隊や警備犬を出動させ、テロリストの制圧と人質の救出までの連携を確認しました。羽田空港は、国際線ターミナルの再拡張する他、来月にはオバマ大統領の来日が予定されていて、警視庁は、空港警備の態勢を更に強化する方針です。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023895.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK副部長、同僚の財布から盗み繰り返す(26日)読売

NHKは26日、同僚の財布から現金を抜き取ったとして、横浜放送局の営業センター副部長を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
NHKによると、副部長は2012年初めから約2年間にわたり、職場で同僚13人の机やかばんを物色。財布から、数千円から数万円を繰り返し抜き取っていた。先月、現金がなくなっていることに同僚が気づいて発覚。被害者に計140万円を弁済し、示談が済んでいるが、NHKは「職員として許されず、責任は極めて重い」と判断。上司にも厳重注意した。

| トラックバック (0)

男性ひき死亡させた疑い、タクシー運転手を逮捕(26日)TBS

埼玉県川口市の県道で会社員の男性がタクシーにひかれ死亡した事故で、警察はタクシーを運転していた63歳の女性を自動車運転過失致死の疑い逮捕しました。
 26日午前2時すぎ、川口市坂下町の県道で草加市の会社員、佐藤慎一郎さん(36)がタクシーにひかれ、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。警察は、タクシーを運転していた蕨市に住む相川よね子容疑者(63)を自動車運転過失致死の疑いで逮捕しました。
 相川容疑者は警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。警察によりますと、タクシーの車体の下に血痕がついていて、遺体にもタイヤの痕が残っていることなどから、警察は佐藤さんが道路で仰向けに横になっていたところをタクシーにひかれ死亡したとみています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2158082.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車にひかれ男性が足切断 6時間後に自ら通報 佐賀・JR唐津駅(26日)フジテレビ

25日夜遅く、佐賀県のJR唐津駅構内で、回送列車に男性がひかれて足を切断した。男性が自ら119番通報したのは、事故から6時間後のことだった。
事故があったのは、唐津市のJR唐津駅構内。
警察によると、26日午前4時半すぎ、「唐津駅のプラットホームで、左足の膝から下を切断しているので、救急車をお願いします」と通報があった。
重傷を負ったのは、佐賀市の50代になる公務員の男性で、自ら119番通報し、25日夜、駅に到着した回送列車の下から救出され、病院に搬送された。
警察は、男性が酒に酔ってホームから転落したのではないかとみて調べている。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00265466.html

| トラックバック (0)

ビットコインのマウント社、警視庁に接続記録など提出 (26日)産経

仮想通貨ビットコインの取引所マウントゴックスが経営破綻した問題で、警視庁サイバー犯罪対策課がマウント社からパソコン(PC)の接続記録などの任意提出を受けていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。
 マウント社は2月28日の記者会見で、ハッカーによる不正取引で、計85万ビットコインと現金28億円を消失した可能性があり、刑事告訴を検討していると説明。今月20日には、20万ビットコインが見つかったとしている。
 サイバー犯罪対策課には3月上旬以降、マウント社の弁護士から被害相談があり、24日にPCの接続記録などの提出を受けた。マルク・カルプレス社長からも一連の問題について任意で事情を聴いたという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140326/crm14032619340011-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
警察の力量?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

2014_0319_15241820140319152418

大阪府警が窃盗容疑で誤認逮捕した事件の真犯人が浮上した。この事件は昨年1月、堺市内の車上狙いで盗まれたカードで給油したとして4月に1人の男が通常逮捕されたが、その後の調べでアリバイが成立して釈放された。
 ところが最近になって当て逃げ事件で現行犯逮捕した40歳の男が、車上狙いの関与を認める供述をしているという。
 なんで通常逮捕でこうした問題が起きるのか?通常逮捕は裁判官が捜査機関の請求により発した逮捕状により逮捕されるもので、請求段階でチェックが行われるはずだ。ところが大阪府警は防犯カメラ画像から先入観を持ったため誤認逮捕につながった。
 これは捜査ミスだが、逮捕には3つの方法があり最もミスが少ないと見られるのが現行犯逮捕。犯行を行っているところを現任して逮捕するからだ。もうひとつ緊急逮捕がある。何処の県でそれぞれが多いのかは平成25年の数字で紹介した。
 今回のニュースでもう一度、検証することとし警察庁がまとめた今年2月までの数字を調べた。
 逮捕令状による通常逮捕の多いのはやはり東京・警視庁で917件。次いで大阪府警の547件、愛知県警の388件と続く。昨年の数字と比較すると1、2位は東京、大阪だが3位は埼玉県警だった。
 ちなみに、緊急逮捕1位は福岡県警の58件、愛知県警の55件、大阪府警の320件。
 現行犯逮捕は東京警視庁の919件、大阪府警の334件、兵庫県警の309件の順で、総合するとこれが警察力なのかも知れない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 ★ 別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転席からSNS書き込み=事故停車「友人に連絡」-つくばエクスプレス(26日)時事

つくばエクスプレスの男性運転士(48)が勤務中に私物の携帯電話を使い、インターネット交流サイト(SNS)のフェイスブックに書き込みをしていたことが26日、運行会社への取材で分かった。運転士は「大幅な遅れが見込まれると友人らに連絡しようと思った」と話しており、同社は運転士を乗務から外し、SNS利用のガイドラインを作って再発防止に努めるとしている。
 首都圏新都市鉄道によると、13日午後5時15分ごろ、南流山駅(千葉県流山市)構内で、線路にいた男性が下り列車にはねられ死亡する事故が起き、全線で約2時間運転を見合わせた。
 別の列車に乗務していた運転士は、万博記念公園駅(茨城県つくば市)で運転再開を待っていた際、携帯電話で「開業以来初の人身事故が起きた」などとフェイスブックに書き込んだ。(2014/03/26-13:23)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0) | トラックバック (0)

誤認逮捕事件:新たな容疑者 大阪府警逮捕の男が関与供述(26日)毎日

窃盗事件を巡る大阪府警北堺署の誤認逮捕問題で、府警に道路交通法違反事件などで現行犯逮捕された住所不定の男(40)が、関与を認める供述をしていることが捜査関係者への取材で分かった。窃盗事件では、府警が昨春に無関係の男性会社員(42)を誤認逮捕し、大阪地検が起訴を取り消していた。
 昨年1月12〜13日、堺市北区の駐車場から給油カードが盗まれ、同市西区のガソリンスタンド(GS)で給油に使われる窃盗事件が起きた。
 捜査関係者によると、男は別の車上狙いの窃盗事件で再逮捕され、調べの中で「北堺の事件はすべて自分がやった」との供述を始めたという。
 この事件を巡っては、男性の弁護人がアリバイを指摘し、逮捕、起訴された男性は85日間の勾留後に釈放。大阪地検が昨年7月に起訴を取り消した後、府警は男性に謝罪していた。
 府警はその後の再捜査で、GSの防犯カメラや給油記録を調べ直した結果、事件前後にGSで給油していた第三者の関与が浮上していた。

http://mainichi.jp/select/news/20140326k0000e040248000c.htmlLogo_mainichi_s1

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷区や神奈川県内のコーヒー店ばかり狙う窃盗事件相次ぐ(26日)フジテレビ

東京・世田谷区を中心に、都内や神奈川県内で、コーヒー店ばかりを狙って、現金が盗まれる被害が相次いでいることがわかった。
世田谷区南烏山のコーヒー店で3月13日、ドアガラスが割られ、店内から現金およそ50万円が盗まれた。
世田谷区内のコーヒー店では、2014年2月以降、同じ手口の窃盗事件などが3件相次ぎ、被害は数十万円にのぼっている。
東京・町田市のコーヒー店でも2013年、およそ110万円が盗まれたほか、神奈川県内のコーヒー店でも、同様の窃盗が2014年で20件確認されていて、警視庁などは捜査を進めている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00265443.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナム航空CA 盗品を飛行機で密輸しようとして…(26日)テレビ朝日

ベトナム航空の客室乗務員の女が、日本国内で盗まれた衣類を関西空港まで運んだとして逮捕されました。

 グエン・ビッチ・ゴック容疑者(25)は去年9月、日本国内で万引きされた衣服21点を盗品と知りながらベトナムに持ち込むため、大阪府内のホテルから関西空港まで運んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、衣類は窃盗罪で起訴された30歳の男らから日本に滞在中のグエン容疑者に郵送されていました。その後、グエン容疑者の手荷物として飛行機でベトナムのホーチミンなどに運ばれ、転売されたとみられています。グエン容疑者は、運搬の報酬として衣類1着あたり250円から400円を受け取っていたとみられています。取り調べに対し、グエン容疑者は「盗品とは知らなかった」と容疑を否認しています。警視庁は、他にもベトナム航空の副機長の男や4人の客室乗務員の女が事件に関わったとみて出頭を要請するとともに、26日朝から会社を捜索しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023852.html

| トラックバック (0)

収賄容疑で市元建設部長を逮捕 熊本・上天草の桟橋工事(26日)産経

熊本県警は25日、同県上天草市発注の桟橋整備工事の指名競争入札に絡み現金を受け取ったとして、収賄容疑で同市の元建設部長、楠本金生容疑者(60)=上天草市=を、現金を渡した贈賄容疑で同県天草市の建設会社「吉田組」元役員吉田好美容疑者(67)=天草市=を逮捕した。
 楠本容疑者の逮捕容疑は昨年5月ごろ、上天草市内で入札の指名業者にしてもらいたいとの吉田容疑者の意向を知りながら、現金数十万円を受け取った疑い。
 上天草市によると、楠本容疑者は昨年5月当時、建設部長。「精神的な不調」を理由に今年2月末から入院していたという。
 県警によると、桟橋工事は予定価格が約2億4千万円で、吉田組のJVが落札した。落札率は97・38%。吉田容疑者は経理担当の役員だった。上天草市の舛本伸弘市長公室長は「事実関係を確認して適切に対応し、市民の信頼回復に努めたい」としている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140326/crm14032608490001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

関越道バス事故 睡眠時無呼吸症候群、現場は試行錯誤(26日)産経

■入社時に全員検査、法改正で罰則強化

 過去の交通事故の刑事裁判で、SASの運転手に注意義務を課せないとして無罪判決を言い渡した例はあり、河野化山被告が公判で起訴内容を否定したのもそれを念頭に置いたものとみられる。しかし、判決は事故前から眠気を感じていたと認定、被告側の主張をほぼ全面的に退けた。
 大阪地裁は平成17年2月、SAS患者が車を衝突させ3人にけがを負わせた事故の判決で、急に睡眠状態に陥った可能性があるとして無罪を宣告。千葉地裁も25年10月、6人に重軽傷を負わせた患者を同様に無罪とした。
 今回の判決はSASの影響という主張を否定したが、長距離バスを運行する事業者にとって運転手のSAS対策が大きな課題であることには変わりはなく、試行錯誤が続いている。
 約700人の乗務員を抱える長距離バス大手、ジェイアールバス関東(東京)では入社段階で簡易検査を全員に実施、早期に可能性を把握する態勢だ。日本バス協会などは会員企業に簡易検査費のうち1回当たり2500円の補助制度を設けているが、全員検査が全事業者に行き渡っているとは言えない状態だ。
 SASで死傷事故を起こした場合、今後は法改正で罰則が強化される。現行制度では、一定基準を超す重度の睡眠障害と診断されていれば運転免許の欠格事由になる。
 これまでは取得時や更新時に病状を偽っても処罰されなかったが、6月施行の改正道交法には罰則規定が盛り込まれた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140326/trl14032612380004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼け跡から母子の遺体か 滋賀、民家4棟全半焼(26日)共同

26日午前2時55分ごろ、滋賀県湖南市若竹町で「民家が燃えている」と目撃者から110番があった。近隣の民家を含む4棟が全半焼し、火元となった焼け跡からは、住民とみられる2人の遺体が見つかった。

 甲賀署は、連絡が取れなくなっている30代の女性と、小学生の子どもとみて調べている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032601000858.html

| トラックバック (0)

ベビーシッター事件で母親ら意見交換(26日)NHK

横浜市の2歳の男の子が埼玉県内のマンションの部屋で遺体で見つかり、ベビーシッターの男が遺体を遺棄した疑いで逮捕された事件を受けて、子育て中の母親などが再発を防ぐための対策や子育て支援の在り方について意見を交わす会合が都内で開かれました。

この会合は、子育て中の親を支援するインターネットサイトなどを運営している横浜市の会社が企画し、会場には子育て中の母親や保育園の経営者などおよそ20人が参加しました。
参加者の1人は「子どもを預ける際はサービスの内容に加え、相手の人間性や価値観、それに子どもとの相性などを面談などを通じて確認することが大事だ」と指摘しました。
また、子育て支援の在り方について「1人で子育てする母親の増加や核家族化などの社会変化に合わせて、預け先の選択の幅を広げてもらいたい」といった意見が相次いでいました。
主催した会社の甲田恵子さんは「今回の事件をきっかけに子どもを預けること自体に批判的な意見が出たり支援制度が画一的になったりして子育ての環境が閉鎖的になるのではないかと心配です。支援の在り方について母親などと話し合いを続けて発信していきたいです」と話していました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140325/k10013237191000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

訪中後に不明となった王教授、18日間当局拘束(26日)読売

中国訪問中に一時、行方不明となった神戸大大学院国際文化学研究科の王柯教授(57)(中国出身)が25日、同大学で記者会見し、7日から24日まで中国当局に拘束されていたことを明らかにした。
王教授によると、イスラム系少数民族の研究に訪れた福建省で拘束された。理由として、これまでの中国への渡航回数や研究テーマなどが法律に抵触する可能性があったという。
 王教授は1~10日の予定で訪中。10日、日本にいる妻と同大学に連絡した後、行方が分からなくなっていたが、24日夜に帰国した。

(2014年3月25日21時12分  読売新聞)

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

60代の兄弟? 住宅に2遺体 大阪・豊中、死後数カ月(26日)朝日

 25日午後1時10分ごろ、大阪府豊中市上新田2丁目の住宅で、男性2人の遺体が見つかった。大阪府警はこの家に住む無職の徳留隆司さん(67)と昌盛さん(61)の兄弟とみて身元の確認を進めている。
 豊中署によると、大阪府内に住む妹(59)が2人と連絡が取れなかったことから、この日訪問して発見し、110番通報した。遺体は平屋建ての1室の間仕切りを隔ててそれぞれ見つかった。1人はふとんのそばで下着姿で横向きに、もう1人はこたつのそばで黒いスエットの上下姿でうつぶせで倒れていたという。死後数カ月経過しているとみられる。目立った外傷はなく、同署は26日に司法解剖して死因を調べる。
 現場は北大阪急行千里中央駅南東約800メートルの住宅街。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG3T6S3WG3TPTIL031.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

西之島の面積、東京ドームの15倍に拡大 (26日)TBS

小笠原諸島の西之島の面積が、東京ドームのおよそ15倍に拡大したことが海上保安庁の航空機からの観測でわかりました。
 島の長さは東西におよそ1150メートル、南北におよそ850メートルで、面積はおよそ0.7平方キロメートルに達しているということです。
 島の北側には新たな火口が形成され、これまで主に活動していた2つの火口からも噴煙が盛んに上がっていて、専門家は「マグマの供給が続いており、島の成長はしばらく続く」としています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2157897.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

動物園偽入場引換券事件 元従業員、複数の人物に換金依頼か(26日)フジテレビ

埼玉県にある東武動物公園の偽造チケットを、金券ショップで換金し、現金をだまし取った疑いで、元従業員の男が逮捕された。
2011年、前原尉男容疑者は「こういった施設というのは、お客様に楽しんでいただいてっていう、それが大前提ですので」と話していた。
3年前、東武動物公園の従業員として、フジテレビの番組の取材に答えていた前原尉男(やすお)容疑者(45)。
2014年1月、栃木県内の金券ショップに、東武動物公園の偽のワンデーパス引換券200枚を持ち込み、1枚あたり500円で換金し、現金10万円をだまし取った疑いが持たれている。
前原容疑者は2014年1月、東武動物公園を退職するまで、チケット発券などを担当する業務部に所属していた。
勤務態度は、いたって真面目だったという。
偽造チケットは、関東各地の金券ショップに、大量に出回っていた。
偽造チケットが持ち込まれた金券ショップの人は「2週間くらい前に、『これ、使えなかったんです』っていう、お客さんが戻ってきて」と話した。
前原容疑者は、金券ショップで換金する際、本名を名乗っていて、これが逮捕につながった。
さらに、複数の人物に「お小遣いになる」などと言って、金券ショップに持ち込ませていた可能性がある。
偽造チケットが持ち込まれた金券ショップの人は「女性の(偽造チケットを)持ち込まれた方に聞いたんですけども、『東武動物公園の関係者の方から頼まれた』と。『名前は、前原という名前だ』と」と話した。
この女性は、前原容疑者から換金を頼まれ、手に入れた現金を、前原容疑者の口座に振り込んでいたという。
前原容疑者から、偽造チケットを渡された人は「最初はなんか、ノルマで、なんか売り切れないから、なんか『金券ショップでいいから、売ってきてほしい』って言われました。多いときは、100枚ちょっととかを渡されました、一気に」と話した。
前原容疑者は、群馬県内の印刷会社に、本物の引換券を持っていき、同じものを作るよう指示していた。
偽造チケットは、一目では違いがわからないほど精巧だった。
偽造した数は、なんと9万5,000枚で、正規価格で4億5,600万円分に相当する。
前原容疑者は「パチンコで多額の借金があった」とし、逮捕容疑を認めている。
母親は「ショックだよね。生きているのが嫌になっちゃう」と話した。
東武動物公園は、ワンデーパスの引換券を利用する際は、記載された番号を、電話で確認してほしいと呼びかけ、すでに引換券を偽造されにくいものに切り替える措置を取っている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00265416.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学生男児に強制わいせつ、68歳男を逮捕 警視庁(26日)産経

小学生の男児(8)にわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は25日、強制わいせつ容疑で、埼玉県所沢市松葉町、自称土木作業員、水口勝容疑者(68)を逮捕した。捜査1課によると、容疑を認めている。
 東京都西東京市や小平市、東大和市などでは24年4月~今年1月、6~9歳の男児を狙った同様の事件が数件相次いでおり、捜査1課が関連を調べている。
 逮捕容疑は25年2月26日午後3時ごろ、西東京市内の路上で、下校途中だった小学1年の男児に「こっち、こっち」などと声をかけ、近くの駐車場に連れ込んでわいせつな行為をしたとしている。
 現場周辺の防犯カメラに水口容疑者とよく似た男が自転車で移動する様子が写っていたことから、関与が浮上した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140325/crm14032523250009-n1.htm

| トラックバック (0)

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本射程の中距離ノドンか 650キロ飛行と韓国報道(26日)産経

日本政府は26日、北朝鮮が同日未明に複数の弾道ミサイルを日本海に向けて発射したもようだと発表した。韓国の聯合ニュースも韓国軍合同参謀本部の話として、北朝鮮が射程1300キロとされる中距離弾道ミサイル「ノドン」を2発、首都平壌の北方から東へ発射したと報じた。約650キロ飛んだという。
 ノドンは日本のほぼ全域を射程に収める。日本政府は、現時点では付近を航行する航空機や船舶への被害報告は確認されていないとしている。
 同時間帯には、オランダ・ハーグで日米韓の首脳会談が北朝鮮核問題を主な議題に開かれており、発射はこの3カ国をけん制することを狙った可能性もあるとみられる。
 北朝鮮は2月21日から断続的に短距離弾道ミサイル「スカッド」や多連装ロケット砲を南東部の海岸近くから日本海に向けて発射してきた。(共同)

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140326/kor14032607030002-n1.htm

| トラックバック (0)

« 2014年3月25日 | トップページ | 2014年3月27日 »