« 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月24日 »

2014年3月23日

2014年3月23日 (日)

中3殺害、少年を家裁送致…強殺など非行事実(23日)読売

三重県朝日町で昨年8月、同県四日市市の中学3年女子生徒(当時15歳)が殺害された事件で、津地検は23日、現場近くに住む当時高校3年だった少年(18)を強盗殺人などの非行事実で津家裁に送致した。
県警の発表によると、女子生徒は昨年8月25日夜、四日市市内で花火大会を見た帰り、JR関西線朝日駅近くのスーパー前で友人と別れた後、連絡が取れなくなり、同月29日にスーパーから自宅の途中にある空き地で遺体が発見された。
 県警は今月2日、女子生徒を殺害して現金約6000円を奪うなどした疑いで少年を逮捕していた。県警の捜査関係者によると、調べに対し、少年は殺意を否認しているという。

| トラックバック (0)

3DS、ネット利用に落とし穴 少女ら性犯罪に遭う(23日)朝日

携帯ゲーム機ニンテンドー3DS(スリーディーエス)から、少女が性犯罪に巻き込まれる事件が相次いでいる。インターネットに接続でき、メールなどのやり取りができるためだ。「スマホを持たせていないから安心」と思っている親にとっては意外な落とし穴任天堂は、保護者がネット機能を制限するよう、店頭で呼びかけを始めた。
 「好きな人には裸の写真を送るものなんだよ」
 昨年4月、福岡県内の中学2年の少女は、ネット接続した3DSで佐賀県内の男(22)からメッセージを受け取った。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG3Q4VS6G3QTIPE00F.html

| トラックバック (0)

窓ガラスや車のミラー割られる、埼玉・加須で13件 (23日)TBS

23日未明から朝にかけて、埼玉県加須市で民家の窓ガラスや車のミラーなどが割られる被害が少なくとも13件相次ぎました。警察は器物損壊事件として捜査しています。
 午前2時すぎ、加須市愛宕で、「窓ガラスを割られた」と住民の男性から通報がありました。また、午前7時ごろ、市内の他の地域でも「車のドアミラーを割られた」などの通報が相次ぎました。
 警察によりますと、加須駅から半径1.5キロ内で少なくとも13件の被害が確認されているということです。
 目撃者からは「大きな音がして、外を見たら3人組の男がいた」との情報もあるということで、警察は同一犯の可能性もあるとみて捜査しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2155964.htmlLogo1_2

| トラックバック (0)

首都高3号渋谷線 72時間ぶりに完全復旧(23日)テレビ朝日

火事の影響で一部区間で通行止めが続いていた首都高速が、72時間ぶりに完全復旧しました。
 首都高速3号渋谷線は20日午後、高架下の工事現場から火が出た影響で、一部区間が通行止めになっていましたが、熱で変形した橋桁の補強工事などを終え、23日午後2時に下り線の通行止めを解除しました。首都高速によりますと、補強工事は再開に向けた応急的なもので、本格的な作業は改めて行うということです。また、出火については、塗装を剥がすために使っていたシンナーが電球に付着したことが原因とみていて、近く再発防止策を取りまとめる方針です。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023693.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
高齢者にもストーカー
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140314153502

 社会問題になっているストーカー行為にも高齢化が目立つのか被害者で70歳代が164人、ストーカー行為者で523人もいることが警察庁の調べで分かった。
 平成25年中のストーカー事件の認知件数は2万1089件、検挙件数は1889件で平成12年の法施行後最悪の数字となった。
 被害者は男性2036人、女性が1万9053人で、年齢別に最も多いのは20歳代7180人、次いで30歳代5674人、40歳代3755人と続き、、70歳以上も164人あった。
 これに対して行為者ではやはり男が多く1万8316人だが、女は2145人と意外に多い。年齢別では30歳代5377人、40歳代が4467人、20歳代4057人と続き、なんと70歳以上が523人もあった。
 検挙件数の多いのは殺人、暴行、傷害など刑法犯と銃刀法など特別法の1574件でストーカー規制法本来の適用はわずか392件。
 問題は検挙ではなく、2452件もある「警告」と103件ある「禁止命令」。6770件ある県警本部長等の援助申し出だ。
 援助のうちの「被害防止の教示」は1884件もあり対応が難しい。身柄拘束もないので行為者の異常性格が非常に怖いのだ。
 警告も含めて被害者が警察に相談しただけで、ぶちギレして殺人行為などに及ぶ。捕まえてしまえば良いのだが、「異常な性格」と言う情報だけで身柄の拘束はできない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
 facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

窓ガラス破損など10件超相次ぐ 埼玉・加須市(23日)テレビ朝日

埼玉県加須市で23日朝、住宅の窓ガラスが割られたり、車のドアミラーが壊されるなどの被害が10件以上相次ぎました。警察は同一犯による犯行とみて捜査しています。
 午前2時すぎ、加須市の住宅で「自宅の窓ガラスが石で割られた」と、この家に住む男性から110番通報がありました。さらに午前7時以降、この周辺で店舗のガラスや住宅の門のミラーが割られているのが見つかったほか、駐車してある車のドアミラーが壊されるなどの通報が相次ぎました。警察によりますと、これらはすべて大通りには面していない住宅街のなかで起きていて、被害件数は半径1.5kmの範囲で約15件に上るということです。警察は同一犯による犯行とみて、周辺の防犯カメラを解析するなどして詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023687.html

| トラックバック (0)

岐阜・涸沢岳で60代男性が滑落、心肺停止(23日)日本テレビ

岐阜県高山市の北アルプス涸沢岳で22日午後、滑落した男性が23日朝、救助されたが、心肺停止だという。

 警察によると、22日午後3時頃、高山市の北アルプス涸沢岳の西尾根付近で「同行者が滑落した」と一緒に登山をしていた男性から通報があった。滑落したのは兵庫県姫路市の60歳代の男性で、仲間と3人で下山する途中、標高2600メートル付近で南側の沢に滑落した。岐阜県警のヘリコプターなどが男性の捜索に向かい、23日午前8時過ぎに標高2100メートル付近で倒れている男性を発見し、収容したが、男性は心肺停止状態だという。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2014/03/23/07247941.html

| トラックバック (0)

殺意を否認 女子中学生殺害で逮捕の少年(23日)NHK

去年8月、三重県朝日町の空き地で、中学3年生の女子生徒が殺害され現金が奪われた事件で、逮捕された18歳の少年について、検察は勾留期限の23日、強盗殺人などの非行の内容で、家庭裁判所に送るものとみられます。
調べに対し少年は、殺意を否認したうえで、「女子生徒が死んでいたかどうか分からない」と供述しているということです。

去年8月、三重県朝日町の空き地で、四日市市の中学3年生の女子生徒が殺害されて、財布から現金およそ6000円が奪われているのが見つかり、今月2日、現場の近くに住む、前日に高校を卒業したばかりの18歳の少年が、強盗殺人などの疑いで逮捕されました。
警察は、少年が事件の直前に偶然、1人で歩いている女子生徒を見つけて、後をつけ、空き地で殺害して現金を奪ったなどとして、調べを進めてきました。
警察によりますと、少年は、女子生徒が窒息して動かなくなるまで、口や鼻を手で強く押さえつけていた疑いがあるということです。
検察は勾留期限の23日、少年を強盗殺人などの非行の内容で、家庭裁判所に送るものとみられます。
警察によりますと、少年は殺意について否認したうえで、「現場を立ち去るとき、女子生徒が死んでいたかどうか分からない」と供述しているということです。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140323/k10013168941000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

入管法違反で国外退去の外国人、8年連続で減少(23日)読売

昨年1年間に不法残留や不法入国など入管難民法違反で国外退去の強制手続きがとられた外国人は1万1428人で、前年に比べて3750人減と8年連続で減少した。法務省が発表した。
国外退去の理由については、不法残留が前年比2726人減の8713人で、全体の76%を占めた。不法入国も前年比747人減の1128人だった。国籍・地域別でみると、11年連続で中国が最も多く4044人。フィリピン(1778人)、韓国(1336人)が続いた。全体の61%にあたる7038人が不法就労をしていた。
 国外退去が減少している背景には、在留期限を過ぎても日本から出国しない不法残留の外国人が、今年1月1日現在で5万9061人と、ピーク時の1993年(29万8646人)から大幅に減ったことがある。2007年に導入した指紋などの生体認証による入国審査の厳格化も、不法残留の抑止効果につながっているとみられる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

処方薬横流し、数千万円着服…卸売複数社員(23日)読売

千葉県の調剤薬局が処方薬を現金問屋に横流ししていた問題に絡み、横流しに社員が関与していた医薬品大手卸売会社「アルフレッサ」(東京都千代田区)の別の複数の社員が、病院などに納入する処方薬の一部を無断で現金問屋に横流しし、代金を着服していたことが関係者の話でわかった。
社員らが不正に得た代金は昨年までの数年間で数千万円に上る。同社側は病院などに被害を弁済しているという。
 横流し問題では、調剤薬局「岩波薬局」(千葉県習志野市)が、アルフレッサから処方薬を過大に仕入れ、過大分の薬を現金問屋に横流しして得た売却代金計約1億円を裏金としてプールしていたことが、東京国税局の税務調査で判明。現金問屋への薬の持ち込みは、アルフレッサの社員が引き受けていた。
 関係者やアルフレッサ幹部によると、横流しに関与した社員とは別の複数の社員が、病院などに薬を納入する際、薬の一部を無断で東京・神田の現金問屋に売却。総額数千万円の代金を着服していたという。

| トラックバック (0)

父の遺体放置容疑で逮捕…「そのままにして年金受給していた」 埼玉(23日)産経

死亡した父親の遺体を自宅に放置したとして、埼玉県警鴻巣署は22日、死体遺棄の疑いで、同県北本市栄、無職、竹内貫記容疑者(29)を逮捕した。
 逮捕容疑は、父の恭貫さん(61)が死亡したのに自宅に放置したとしている。
 署によると、自宅は団地の一室で、2人暮らし。竹内容疑者が22日未明「父親が3カ月ぐらい前に死亡したが、そのままにして年金を受給していた。自首したい」と110番通報した。
 署員が駆けつけた際、恭貫さんは和室で倒れていた。目立った外傷はなく、竹内容疑者は恭貫さんについて「病気があった」と話しているという。署は、司法解剖して死因を調べる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140322/crm14032223070009-n1.htm

| トラックバック (0)

東京・葛飾区でコンビニ強盗、7万円奪い逃走 (23日)TBS

22日未明、東京・葛飾区にあるコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り、現金およそ7万円を奪って逃走しました。
 22日午前3時40分ごろ、葛飾区亀有にあるコンビニエンスストアに男が押し入り、いきなりアルバイトの男性店員(19)に対し、包丁のようなものを突きつけました。男は、ビニール袋を差し出し「金を出せ早くしろ」と男性店員を脅したうえ、現金およそ7万円を奪って逃走しました。当時、店内に客はおらず、男性店員(19)にけがはありませんでした。
 男は身長175センチ位、黒いニット帽に白いマスクをつけていたということです。この店では先月4日の未明にも、似たような男が現金およそ10万円を奪う事件が起きていて、警視庁は同一犯の可能性もあると見て捜査しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2155059.html

| トラックバック (0)

空き家からダイナマイト4本、実弾1240発(23日)読売

22日午後2時頃、京都市右京区にある空き家の元所有者の親族から、「ダイナマイトのようなものが見つかった」と京都府警右京署に通報があった。同署員が、庭にあったロッカー内にダイナマイト4本(直径約3センチ、長さ約12センチ)と、箱に入れられたライフルや散弾銃の実弾計約1240発があるのを確認。半径50メートル以内の41世帯、約20人が避難し、府警の要請で市内の銃砲店が回収した。
 発表では、空き家の元所有者の男性は7年前に死亡。男性は府からライフルと散弾銃を所持する許可を受けていたという。同署は、ダイナマイトが残されていた経緯を調べている。
 空き家を購入した市内の不動産会社から委託された建設業者が、解体工事のために訪れて発見。元所有者の親族に連絡した。

| トラックバック (0)

三宅島で火山性地震やや増加 注意呼びかけ(23日)NHK

伊豆諸島の三宅島では22日、火山性の地震がやや多くなりました。気象庁は小規模な噴火が発生する可能性があるとして、今後の火山活動に注意して、引き続き火口周辺には立ち入らないよう呼びかけています。

気象庁によりますと、伊豆諸島の三宅島では22日午前11時ごろから、山頂付近の浅いところを震源とする火山性の地震がやや多くなり、午後2時20分ごろには震度2の揺れを観測しました。
地震の回数は午後3時までの4時間に、体に感じない地震も含めて50回になりました。三宅島で1日に50回以上の地震が起きるのは、ごく小規模な噴火があった去年1月以来、1年2か月ぶりです。
また、地盤の傾きを捉える傾斜計と呼ばれる観測機器でも、山が僅かに膨らむことを示す地殻変動が一時的に観測されました。午後5時現在、噴煙の様子には特段の変化はないということです。
気象庁は「小規模な噴火が発生し、火口周辺に噴石が飛ぶ可能性がある」として今後の火山活動に注意して、引き続き火口周辺には立ち入らないよう呼びかけています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140322/k10013164181000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

4棟焼け高齢の夫婦と連絡取れず 静岡(23日)NHK

23日未明、静岡県沼津市の住宅街で、住宅や店舗など少なくとも4棟が焼ける火事があり、このうち1棟の住宅に住む高齢の夫婦と、火事のあと連絡が取れなくなっているということで、警察と消防が確認を急いでいます。

23日午前1時45分ごろ、静岡県沼津市真砂町の住宅街で火災が起きていると、消防に通報がありました。
消防車10台が出て消火に当たり、火はおよそ4時間後にほぼ消し止められましたが、消防や警察によりますと、住宅や飲食店など少なくとも4棟が焼けたということです。
警察の調べによりますと、被害が出た住宅に住む82歳の夫と79歳の妻の2人と、火事のあと連絡が取れなくなっているということです。
警察と消防は、高齢の夫婦が火事に巻き込まれた可能性があるとみて、確認を急いでいます。
現場はJR沼津駅から南西に1キロほど離れた住宅街で、店舗や住宅が密集しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140323/t10013169721000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸小学生連続殺傷から17年、遺族は…(23日)日本テレビ

神戸小学生連続殺傷事件で当時10歳の娘を殺害された遺族が丸17年を迎えた思いや、当時14歳だった加害男性から手紙が届いたことを明らかにした。
 1997年の神戸小学生連続殺傷事件で、当時14歳の少年が10歳の山下彩花ちゃんと11歳の土師淳君を殺害した。彩花ちゃんの母親・京子さん(58)は、彩花ちゃんが亡くなって17年がたった思いを文章につづった。京子さんは、千葉県柏市で今月起きた連続通り魔事件の容疑者が、神戸の加害男性に理解を示していたことに「胸がつぶれる思いだった」とコメントし、今年も、加害男性から手紙が届いていることを明らかにした。
 内容は公表していないが2012年辺りから手紙の印象が変わってきたという。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/03/23/07247932.html

| トラックバック (0)

大宮駅近くで火災、騒然 1人やけど(23日)共同

22日午後8時15分ごろ、さいたま市大宮区桜木町、鉄板焼き店「あいろん亭」から出火、木造2階建て店舗を全焼し、隣の建物も燃えた。現場はJR大宮駅近くの飲食店やマンション、住宅が並ぶ密集地で、炎や煙で一時騒然となった。
 大宮署によると、110番した女性従業員は「焦げ臭いにおいがして外に出たら、隣の建物との間の路地に置いてあったプラスチックのバケツ付近から火が上がっていた」と話しているという。
 隣は、飲食店2店が入る木造2階建て。2階の従業員1人が軽いやけどを負い、病院に搬送された。同署と消防は23日朝から、実況見分して出火原因を調べる。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032201002229.html

| トラックバック (0)

尼崎事件、最長裁判に 検察立証だけで20週超す審理も(23日)共同

兵庫県尼崎市の連続変死事件で7被告のうち3件の殺人罪などに問われた被告について、検察側立証だけで20週超、60回前後の審理が検討されていることが22日、裁判関係者への取材で分かった。神戸地裁は裁判員裁判での審理を決め、選任から判決まで100日(開廷36回)と最長だった首都圏連続不審死事件を大幅に超える。
 検察側は死刑を含めた厳刑を求めるとみられ、裁判員の肉体的、精神的な負担が重くなるのは必至。負担軽減策として検察側が一部被告について、いくつかの事件ごとに別々の裁判体で審理する区分審理を見据えた立証計画を示していることも判明。弁護側も区分審理を請求する。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032201002015.html

| トラックバック (0)

« 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月24日 »