« 犯罪被害者:後遺症抱え生活保護 持続補償、制度化を(26日)毎日 | トップページ | 尼崎連続変死、合同本部解散へ 3県警、2年に及んだ捜査終結 (26日)共同 »

2014年2月26日 (水)

逮捕の男「受け入れられていないと感じた」(26日)NHK

JR名古屋駅近くの歩道に乗用車が突っ込み、13人がけがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された男が調べに対し「社会に受け入れられていないと感じていた」という趣旨の供述をしていることが警察への取材で分かりました。
事件の動機については、家族や自分自身にも不満があったと供述しているということで、警察は引き続き、調べを進めています。

今月23日、名古屋市中村区のJR名古屋駅近くの交差点で、乗用車が歩道に突っ込んで歩行者など13人がけがをし、警察は車を運転していた名古屋市西区の大野木亮太容疑者(30)が「人をはねて殺すつもりだった」と話したことなどから、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、大野木容疑者は「社会に受け入れられていないと感じていた」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。
動機については、簡単に説明できないとしたうえで、社会に対する不満のほか「家族や自分自身にも不満があった」と供述しているということです。
大野木容疑者は、去年5月ごろに家族が別の場所に引っ越してから1人暮らしで、外出することはあまりなかったということです。
警察は何らかの不満を募らせて無差別に人を殺害しようとしたとみて、引き続き、動機の解明を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140226/k10015535401000.html

« 犯罪被害者:後遺症抱え生活保護 持続補償、制度化を(26日)毎日 | トップページ | 尼崎連続変死、合同本部解散へ 3県警、2年に及んだ捜査終結 (26日)共同 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59200308

この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕の男「受け入れられていないと感じた」(26日)NHK:

« 犯罪被害者:後遺症抱え生活保護 持続補償、制度化を(26日)毎日 | トップページ | 尼崎連続変死、合同本部解散へ 3県警、2年に及んだ捜査終結 (26日)共同 »