« 「アンネの日記」破り、東京「ジュンク堂」でも(27日)読売 | トップページ | 北朝鮮、短距離ミサイル発射か 日本海側に4発(27日)共同 »

2014年2月27日 (木)

暴力追放:組事務所使用差し止め 法改正後の初の代理訴訟(27日)毎日

暴力団事務所周辺の住民が生活不安を受けているとして、公益財団法人「暴力追放広島県民会議」は27日、住民数十人の委託を受け指定暴力団5代目共政会2代目有木組(広島市中区)の山内純二組長(45)=恐喝罪で公判中=を相手取り、組事務所の使用差し止めを求める訴訟を広島地裁に起こした。警察庁などによると、住民に代わり暴力団事務所の使用差し止め請求の代理訴訟を認めた「改正暴力団対策法」が昨年1月に施行後、代理訴訟の提訴は全国初。
 県民会議によると、事務所は2006年7月ごろに設置。住民は使用差し止めの仮処分申し立てを行うなどして事務所撤去を求めたが応じなかったため、提訴に踏み切った。
 住宅街にある事務所周辺は通学路もあり、住民生活がおびやかされ憲法で保障された人格権に反するとしている。住民が不安を感じているとして、室内の紋章やちょうちん、設置された監視カメラの撤去も求めている。
 原告代表で県民会議の永井覚代表理事は「住民の不安を払拭(ふっしょく)することが我々の存在意義。法改正の目的を果たしたい」と話している。

http://mainichi.jp/select/news/20140228k0000m040063000c.htmlLogo_mainichi_s1

« 「アンネの日記」破り、東京「ジュンク堂」でも(27日)読売 | トップページ | 北朝鮮、短距離ミサイル発射か 日本海側に4発(27日)共同 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59209043

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力追放:組事務所使用差し止め 法改正後の初の代理訴訟(27日)毎日:

« 「アンネの日記」破り、東京「ジュンク堂」でも(27日)読売 | トップページ | 北朝鮮、短距離ミサイル発射か 日本海側に4発(27日)共同 »