« 女性のPCを無断で遠隔操作した疑い 知人の男逮捕(28日)朝日 | トップページ | 大阪府警また誤認逮捕 計8件に(28日)NHK »

2014年2月28日 (金)

本ひしゃげるほど…「アンネ」破損、同一犯か(28日)読売

201402280544421n1

東京都内を中心とする公立図書館で「アンネの日記」と関連書籍が破られた問題で、警察当局が本格捜査に乗り出した。
 被害が確認された図書館は、JR中央線や西武新宿線など山手線の西側の沿線に集中。複数ページをまとめて破ったり、切れ端を持ち去ったりするなど手口の類似性も多く、同一犯との見方が浮上している。国際的な注目も集まる中、図書館関係者の憤りは強まるばかりだ。
 ◆1年前にも
 「不審な行為を見かけたら、窓口または職員にお知らせください」。東京の練馬区立光が丘図書館で今月21日、書棚のあちこちに貼り紙が貼られた。
 問題発覚は1月25日、同図書館の利用者から「本を借りようとしたら破れていた」と訴えがあったこと。同図書館で注意を促したところ、続々と見つかり、今月27日現在、都内8自治体と横浜市の計40図書館で310冊が被害に遭っていた。
 「本がひしゃげるほど強い力を加えた跡があった」と同図書館の加藤信良館長は話す。いずれの被害でもページの下半分が数ページから30ページも手で引きちぎられるように破られ、強い力で本がひしゃげていたものもあった。「男性の力でないと無理」との見方も。破られた部分は残っておらず、持ち帰った疑いがある。
 都内では、山手線の西側を走る西武新宿線、西武池袋線、中央線などの沿線に被害が集中。被害の多くは1~2月に確認されたが、記録を見直したところ、豊島区で昨年2月と5月に3図書館で被害があった。
 ◆網羅的に
 狙われた本は、同じ図書館でも、場所が離れた複数のコーナーに置かれていた。「地球の心はなに思う」などとタイトルに「アンネ」の語句がなく、すぐに関連本とわからないものもある。
 このため、館内の蔵書検索や、インターネット上で公立図書館の蔵書や書棚を調べる共通検索システムで「アンネ・フランク」などのキーワードを打ち込んで探し、網羅的に犯行を重ねている可能性もある。
 犯罪心理に詳しい臨床心理士の長谷川博一さんは、「一部を残して破く手口は見た目のインパクトが強い。『アンネ』やナチス関連の思想に非常に強いこだわりを感じる」と指摘する。

◆本格捜査
 警視庁では24日、杉並署に捜査本部を設置、誘拐や企業恐喝などを担当する捜査1課特殊班を投入するなど異例の態勢で捜査に臨んでいる。来日中だったイスラエルのイツハク・アハロノビッチ公安相が27日、古屋国家公安委員長と会談し、日本の警察に徹底捜査を求めるなど、国際問題にも発展しつつある。
 捜査本部では、破られた本の任意提出を受けて指紋を採取するほか、各図書館から防犯カメラの映像を回収し、不審な人物が映っていないか解析する。
 各図書館の検索端末やネット上の共通検索システムへの接続記録なども分析。こうした大量のデータを解析する手法は、人気漫画「黒子のバスケ」の関係先に脅迫文が送られるなどした事件でも使われた。
 ◆広がる余波
 港区の都立中央図書館には24日、大戦中、ユダヤ人難民に「命のビザ」を発給したことで知られる外交官、「杉原千畝」の名前で関連書籍137冊が届けられた。被害が多かった杉並区を27日、在日イスラエル大使館のペレグ・レヴィ公使が訪れ、被害自治体に対し約300冊を寄贈した。
 日本図書館協会の森茜理事長は、「どのような理由があれ、蔵書を破損させることはあってはならない。図書館はあらゆる考え方、思想の本を、あらゆる人に提供するのが役目で、一連の行為は、情報へのアクセス権を侵害する許しがたい行為だ」と話している。

« 女性のPCを無断で遠隔操作した疑い 知人の男逮捕(28日)朝日 | トップページ | 大阪府警また誤認逮捕 計8件に(28日)NHK »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本ひしゃげるほど…「アンネ」破損、同一犯か(28日)読売:

« 女性のPCを無断で遠隔操作した疑い 知人の男逮捕(28日)朝日 | トップページ | 大阪府警また誤認逮捕 計8件に(28日)NHK »