« JR北海道を家宅捜索、レール検査数値改ざんで (12日)TBS | トップページ | 変死:洗剤でガス発生させ母子死亡 心中か 茨城・つくば(12日)毎日 »

2014年2月12日 (水)

遠隔操作で片山被告「徹頭徹尾、事実無根です」(12日)読売

パソコン遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われた元IT関連会社社員・片山祐輔被告(31)の初公判が12日午前、東京地裁(大野勝則裁判長)で始まった。
片山被告は起訴された10事件全てで「徹頭徹尾、事実無根です」と無罪を主張。一方、検察側は冒頭陳述で、片山被告が遠隔操作型ウイルスを開発し、他人のパソコンを操って犯行予告のメールを送信するなどしたと主張した。
 片山被告は、ウイルスを使って他人のパソコンから日本航空に航空機の爆破予告メールを送信し、同社の業務を妨害したなどとして、10事件について五つの罪で起訴された。被告の無罪主張に、弁護側も「被告と同じ意見だ」と述べた。
 一方、検察側は冒頭陳述で、片山被告が2012年6月下旬までに、ウイルス開発を始めたと指摘。職場などのパソコンを使い、ウイルス動作実験も行ったと主張した。

« JR北海道を家宅捜索、レール検査数値改ざんで (12日)TBS | トップページ | 変死:洗剤でガス発生させ母子死亡 心中か 茨城・つくば(12日)毎日 »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59118776

この記事へのトラックバック一覧です: 遠隔操作で片山被告「徹頭徹尾、事実無根です」(12日)読売:

« JR北海道を家宅捜索、レール検査数値改ざんで (12日)TBS | トップページ | 変死:洗剤でガス発生させ母子死亡 心中か 茨城・つくば(12日)毎日 »