« 振り込め未遂、高校生逮捕 「受け子」まとめ役か(26日)共同 | トップページ | 「ワタミタクショク」安否確認サービス巡り提訴(26日)テレビ朝日 »

2014年2月26日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
血の通った支援を
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140220113709

 ガソリンをかけられて全身やけどの重傷を負った犯罪被害者が、依頼された講演で得た収入が「就労収入」に当たるとして保護費の返還を求められていた。厚労省は交通費は「必要経費」で除外されるが、講演料は「収入」とみなしているという=毎日新聞電子版
 そもそも給付金制度は殺人などの犯罪行為により不慮の死を遂げた犯罪被害者の遺族又は重傷病若しくは障害という重大な被害を受けた犯罪被害者に対して、社会の連帯共助の精神に基づき、国が犯罪被害者等給付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図り、再び平穏な生活を営むことができるよう支援するもの。(警視庁資料)
 今回の対象者は全身の皮膚の9割にやけどを負い、20年後の現在も働くことができない状態。講演会も当然、犯罪被害者の立場で行っているもの。どうも厚労省の施策には「精神的なケア」だけが目立つ。
 平成17年に警察と各地方機関の長にこんな通達が出ている。
 「犯罪被害者の意見、要望に反映した支援、救済の確立……」
 JR名古屋駅前で車が歩道に突っ込み13人が重軽傷を負った無差別大量殺人事件(未遂)。25日には大阪府箕面市の路上で、歩いていた男性が刃物で、首を切られるなど、理由もなく犯罪に巻き込まれる事案が多くなっている。そうした被害者を誰が救うのか?
 今回の講演は犯罪被害者支援センターが犯罪を防ごうと被害者しか語れない悲愴な叫びで事件の再発防止を訴えてもらった。講演者は月約8万円の生活保護と障害年金暮らしの生活をしている。厚労省は被害者を支援する意味を込めての「講演料」だとなぜ?理解できない。
 今の行政はこんなものかと呆れてしまう。「法」の執行というなら解釈を変えればいいだけだ。新聞記事を見て役所仕事にに腹が立った。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
  facebokはここをポチッと
https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 振り込め未遂、高校生逮捕 「受け子」まとめ役か(26日)共同 | トップページ | 「ワタミタクショク」安否確認サービス巡り提訴(26日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59203444

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 振り込め未遂、高校生逮捕 「受け子」まとめ役か(26日)共同 | トップページ | 「ワタミタクショク」安否確認サービス巡り提訴(26日)テレビ朝日 »