« 東京・六本木のビルで男性2人刺される、男を傷害容疑で逮捕 (7日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年2月 7日 (金)

亀田興毅、和毅両選手らを提訴 「暴行を受けた」JBC男性職員(7日)産経

Trl14020711300000n11

プロボクシング亀田大毅選手の世界タイトル戦で使用するグローブをめぐってトラブルになり「暴行を受けた」などとして、日本ボクシングコミッション(JBC)の男性職員が、亀田選手の兄の興毅、弟の和毅両選手ら亀田ジム関係者4人を相手取り、1千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。訴えは6日付。
 訴状によると、興毅、和毅両選手ら4人は、昨年9月3日に高松市内で行われた大毅選手の世界タイトル戦で、対戦相手が亀田ジム側の希望する日本製グローブを使わずにカナダ製の使用を決めたため、男性職員に抗議。男性職員が会見室から退室しようとするのを妨害し、興毅選手が「おかしいじゃないか」と脅し、和毅選手が首や肩を数回小突くなどした、としている。
 原告側によると、タイトル戦は対戦者それぞれが希望するグローブを使える契約内容だった。

Msn_s1_3

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140207/trl14020711300000-n1.htm

« 東京・六本木のビルで男性2人刺される、男を傷害容疑で逮捕 (7日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅、和毅両選手らを提訴 「暴行を受けた」JBC男性職員(7日)産経:

« 東京・六本木のビルで男性2人刺される、男を傷害容疑で逮捕 (7日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »