« 2014年2月26日 | トップページ | 2014年2月28日 »

2014年2月27日

2014年2月27日 (木)

短距離ミサイルを発射=日本海に4発-北朝鮮(27日)時事

【ソウル時事】韓国国防省によると、北朝鮮は27日夕、日本海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体4発を発射した。訓練の一環とみられるが、国防省は追加発射などに備え、監視を強化している。
【特集】一からわかるミサイル防衛~テポドンは打ち落とせるか?~
 飛しょう体は同日午後5時40分ごろ、南東部の江原道・旗対嶺付近から北東方向の海上に発射された。射程は200キロ以上で、国防省は短距離弾道ミサイル・スカッドの可能性が高いと分析している。
 24日から韓国で行われている米韓合同軍事演習に対抗する狙いもあるとみられる。ただ、韓国とは逆方向に発射していることから、離散家族再会で融和ムードにある韓国への過度の刺激は避けようとしたもようだ。(2014/02/27-21:41)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

Top_header_logo21

| トラックバック (0)

北朝鮮、短距離ミサイル発射か 日本海側に4発(27日)共同

【ソウル共同】韓国国防省当局者は27日、北朝鮮が同日午後5時40分(日本時間同)ごろ、南東部、江原道旗対嶺の周辺から北東方向の日本海側に短距離ミサイルとみられる物体4発を発射したと明らかにした。物体は200キロ以上飛行したとみられるという。
 韓国軍はさらなる発射などの可能性に備え、北朝鮮に対する監視を強化した。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022701002329.html

| トラックバック (0)

暴力追放:組事務所使用差し止め 法改正後の初の代理訴訟(27日)毎日

暴力団事務所周辺の住民が生活不安を受けているとして、公益財団法人「暴力追放広島県民会議」は27日、住民数十人の委託を受け指定暴力団5代目共政会2代目有木組(広島市中区)の山内純二組長(45)=恐喝罪で公判中=を相手取り、組事務所の使用差し止めを求める訴訟を広島地裁に起こした。警察庁などによると、住民に代わり暴力団事務所の使用差し止め請求の代理訴訟を認めた「改正暴力団対策法」が昨年1月に施行後、代理訴訟の提訴は全国初。
 県民会議によると、事務所は2006年7月ごろに設置。住民は使用差し止めの仮処分申し立てを行うなどして事務所撤去を求めたが応じなかったため、提訴に踏み切った。
 住宅街にある事務所周辺は通学路もあり、住民生活がおびやかされ憲法で保障された人格権に反するとしている。住民が不安を感じているとして、室内の紋章やちょうちん、設置された監視カメラの撤去も求めている。
 原告代表で県民会議の永井覚代表理事は「住民の不安を払拭(ふっしょく)することが我々の存在意義。法改正の目的を果たしたい」と話している。

http://mainichi.jp/select/news/20140228k0000m040063000c.htmlLogo_mainichi_s1

| トラックバック (0)

「アンネの日記」破り、東京「ジュンク堂」でも(27日)読売

東京都豊島区南池袋の大型書店「ジュンク堂書店池袋本店」で、「アンネの日記」2冊が破られていたことが27日、警視庁目白署幹部への取材でわかった。
 同庁で各地の公立図書館でアンネ関連本が破られた事件との関連を調べている。同署幹部によると、公立図書館の被害を受け、同店が3階売り場を調べたところ、2冊が破られていた。同店は今月22日、同署に器物損壊容疑で被害届を出している。

| トラックバック (0)

アンパンマン無断上映容疑 自称映画興行者の父子逮捕、全国で1000回超か(27日)産経

人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の映画を無断で有料上映したとして、大阪府警豊中南署は27日までに著作権法違反の疑いで、大阪府内の自称映画興行者の父子2人を逮捕した。ほかの子供向けアニメ映画も含め、これまで全国で千回以上、上映したとみられる。
 豊中南署によると、逮捕されたのは大阪府河内長野市、北野輝樹容疑者(73)と、大阪市淀川区、長男の幸康容疑者(43)。2人はフィルムを配給会社から購入し、無断上映していた疑いがあり、「平成10年ごろから北海道から鹿児島まで車に映写機を積んで回った。土日はほとんどやっていた」と説明。上映前には案内チラシを自作して幼稚園や小学校の前で配り、上映料として2歳以上から1人900円を受け取っていた。チラシを持参すると100円引きで、多い時には120人以上が集まったという。
 著作権を保有する会社が2月、豊中南署に告訴していた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140227/crm14022720380021-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)
犯罪弱者を救えsign03
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20140219160051_3

 なんと3歳の我が子の長男に犬用の首輪を付けて監禁していたとして26歳の父親と20歳代の妻が徳島県警に逮捕された。夫婦とも夕方から朝まで外出する際も首輪は付けたままだったという。
容疑者の自宅を訪れた知人が目撃して警察に相談して逮捕された。首輪を付けられベランダに放置されているのを見たという報道もある。
 腹を痛めて産んだ我が子を犬・猫のように捨てたり、食事を与えなかったり、熱湯をかけたり、エアガンで撃ったり、揺さぶって死亡させたり児童虐待は留まることがない。
 児童虐待事案は平成24年に激増、過去10年間で最悪となった。まだ25年の統計は出ていないが、同年上半期(1~6月)の認知件数は221件で最悪の前年同期より20件減少しただけで依然高水準で推移している。
 検挙人員227人のうち最も多いのは傷害95人、次いで暴行47人、殺人も14人あった。今回の事件のような逮捕監禁は3人と少ないが、人間の行動を機器を持って束縛するなんて古代の話でもあるまいし、世界的に恥ずべき行為だ。
 厚労省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」として集中的な広報・啓発を実施しているが、今や啓発だげてなく取締を強化し厳罰で臨むなど〝荒療治〟の時代にきている。
 その意味で埼玉県警は今年4月、児童虐待やストーカー、DVに対応する部署を新設する。警本部長が指揮を執り凶悪事件を捜査する刑事部捜査1課も含めて約50人体勢だという。
 虐待の通報があっても立件できなかったでは許せない。「警察官は家庭に立ち入るべきでない」などと言っている時代ではない。人の命を守るのが警察官だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/ 
 facebok ポチッと…
https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

犯罪収益の海外送金に加担の疑い 請け負った男性書類送検(27日)共同

犯罪で得た収益を海外に送金するマネーミュールと呼ばれるマネーロンダリング(資金洗浄)に加担したとして、京都府警は27日、犯罪収益移転防止法違反の疑いで、京都市伏見区の男性会社員(44)と京都府八幡市の男性会社員(66)を書類送検した。
 府警サイバー犯罪対策課によると、マネーミュールに絡んだ摘発は栃木、愛知両県警に次ぎ、3例目。伏見区の会社員は「何らかの罪になることは分かっていたが、お金が欲しかった」と供述し、2人とも容疑を認めている。
 2人とも現金を受け取るために必要な取り扱い番号などの情報を、グループにメールで送信していた。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022701001525.html

| トラックバック (0)

オウム事件遺族 死刑囚と異例の面会(27日)NHK

オウム真理教の平田信被告の裁判に参加している遺族が、特別に許可を受けて、法廷で証言した2人の死刑囚と、今月、拘置所で面会する機会が設けられました。
死刑囚は外部との接触が厳しく制限されていて、被害者との面会が認められたのは極めて異例です。

面会したのは教団に拉致されたあと死亡した公証役場事務長の假谷清志さん(当時68)の長男の実さん(54)です。
実さんは東京拘置所の特別の許可を受けて先月と今月初めに平田被告の裁判で証言した井上嘉浩死刑囚(44)と中川智正死刑囚(51)に今月18日に面会しました。この中で假谷さんの死亡の原因について、井上死刑囚は「殺害できる薬品を試した結果だと聞いた」などと説明した一方で、中川死刑囚は「意図的に死亡させていない」と話し、裁判のときと同様に説明は食い違っていたということです。死刑囚は外部との接触が厳しく制限されるため被害者と死刑囚の面会が認められたのは極めて異例で、拘置所からは「実さんが裁判で証言する準備のために認める」という説明があったということです。假谷実さんは「事実が解明されたわけではないが遺族が事件に関わった本人から直接、話を聞くことには大きな意味があった」と評価しています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140227/t10015580671000.html

| トラックバック (0)

パキスタン人の男、女性店員の胸など触った疑いで逮捕 福生市(27日)フジテレビ

東京・福生市で、パキスタン人の男が、アクセサリーショップで店番をしていた18歳の女性店員に抱きつき、胸を触るなどした疑いで、警視庁に逮捕された。
強制わいせつの疑いで逮捕されたパキスタン人のアリ・イムラン容疑者(40)は、2013年10月、福生市内のアクセサリーショップで、1人で店番をしていたアルバイト女性(18)にいきなり抱きつき、無理やりキスをしたり、胸を触るなどした疑いが持たれている。
アリ容疑者は、2回にわたり、わいせつ行為をしていたが、調べに対して、「キスしたことは間違いないが、胸は触っていない」と、容疑を一部否認しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00263852.html

| トラックバック (0)

海外通販サイト利用客に商品「誤発送」装い大麻密輸 男2人逮捕(27日)フジテレビ

海外のブランド品の通信販売サイトの利用客に、「商品を誤って発送した」などと言って大麻を送りつけ、日本国内へ転送させる手口で、大麻を密輸していた疑いで、男2人が警視庁に逮捕された。
大麻取締法違反の疑いで逮捕された、職業不詳の勝岡一平容疑者(24)ら2人は、2013年11月、トレーニング器具の中に隠した乾燥大麻およそ1kg、末端価格500万円をアメリカから密輸した疑いが持たれている。
警視庁によると、アメリカにいる密輸グループの主犯格が、通信販売サイトを通じて、都内の20代女性からブランドバッグの注文を受け、その直後、女性に「商品を誤って発送したので、転送してください」とメールを送信し、バッグではなく、大麻を送りつけ、日本国内の仲間に転送させたという。
同様の手口で、これまでに、あわせて3.8kgの大麻が密輸されていたとみられ、警視庁は、密輸グループの全容解明を急いでいる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| トラックバック (0)

いじめ巡り検挙・補導 平成で最多に(27日)NHK

去年、いじめを巡る傷害事件などで警察に検挙や補導された少年は700人を超え、平成に入って最も多くなりました。

警察庁のまとめによりますと、去年1年間に全国でいじめを巡る傷害事件などで警察に検挙や補導された少年は724人と、前の年より213人、率にして42%増加し、平成に入って最も多くなりました。
内訳は、中学生が527人で全体の73%を占め、高校生が109人、小学生が88人でした。
罪名別では、傷害が237人、次いで暴行が218人で、インターネット上に中傷する書き込みをしたなどとして名誉毀損で検挙された少年も11人いました。
警察庁は、大津市で中学生がいじめを受けて自殺していたことがおととし発覚し、去年6月、学校が事実関係を保護者らに伝えることを義務づける「いじめ防止対策推進法」が成立したことなどをきっかけに、警察への届け出が増えたことが検挙や補導が増加した背景にあるとみています。
警察庁は、学校との連携をより強化し、体に危害を加えたり金品を脅し取ったりするなど悪質なケースは的確に捜査を進めていきたいとしています。

続きを読む "いじめ巡り検挙・補導 平成で最多に(27日)NHK"

| トラックバック (0)

ベトナム盗品密輸、背景に日本ブランド人気と航空会社待遇不満 過去に副機長関与も(27日)産経

日本国内でベトナム人の航空会社関係者、仲介役、窃盗グループによる組織的な盗品密輸が横行している疑いが明らかになった。背景には、ベトナム国内での日本製品の人気の高さと、航空会社での待遇への不満があるとみられる。過去にも同種事案でベトナム航空の副機長が有罪判決を受けるなどしており、警察幹部は「ベトナムルートの根絶が急がれる」と警戒を強める。
 ベトナムの首都ハノイ。ベトナム航空本社近くの繁華街では日本製の化粧品が日本国内より安値で売られており、現地の雑誌でも穴場として紹介されている。外務省関係者は「日本語の値札がついたままで、盗品と疑われるものも少なくない」と指摘する。
 日本製化粧品の人気の高さを示すように、日本からベトナムへの輸出量は平成25年に534トンと10年前の5倍以上に増えている。ただ、正規品には関税に10%の付加価値税が上乗せされるため、もうけが出にくい。警察幹部は「盗品であれば、安値で売っても実入りが大きい」とみる。
 警察庁によると、ベトナム人の万引容疑での摘発件数は10年に全国で247件だったが、24年には999件に急増。25年上半期は401件で、外国人全体の摘発件数の4割を占めた。今年1月にも福岡県警などが九州一円で万引を繰り返していたとして、ベトナム人窃盗グループ5人を逮捕・送検したと発表した。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140227/crm14022710550005-n1.htm

| トラックバック (0)

婚活相手 実はセールス マンション買ったら…いなくなった(27日)共同

「婚活サイト」で知り合った交際相手は実はセールス目的で、勧められるまま不要な投資用マンションを買わされた後、遠ざかっていった…。同様の被害に遭ったと主張する男女十二人が二十六日、元交際相手が勤務する不動産関連業者などを相手に総額約二億円の賠償を求める集団訴訟を東京地裁に起こした。
 国民生活センターによると、同じ被害が全国の都市部などで急増しており、恋愛感情や結婚への期待から発覚が遅れて解約が難しくなるケースが多いという。センターは一月からホームページなどを通じ注意を呼び掛けている。
 集団訴訟の原告は三十~四十代の女性十人と男性二人。訴状などによると、サイトを通じて知り合った相手とデートなどを重ねていたところ、勧められてローンを組み、平均約二千六百万円のマンションを購入した。
 中には一人で三戸買った原告もおり、どの原告も購入後、相手と疎遠になったと主張。それぞれの元交際相手は、都内の五業者の従業員で、ほとんどの場合、交際時には肩書や目的を明かしていなかった。
 被害者はインターネットのブログで同様の事例が報告されているのを知り「単なる交際の失敗ではなく最初から標的にされていた」と弁護士に相談するなどしたという。原告側は「結婚を望む真剣な気持ちに乗じ、利回りが期待できない物件を高く買わされた」と批判。安易に融資審査をした責任があるとして、金融機関三社にも賠償を求めている。
 国民生活センターの集計では、被害相談のあった契約者の平均年齢は三五・一歳で、女性の数が男性の二倍以上。被害額の平均は三千万円余りで、恋愛感情を利用してアクセサリーなどを売りつけるデート商法などに比べかなり高額だという。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014022602000235.html

| トラックバック (0)

畳工場でトラック3台炎上、放火か 横浜市(27日)日本テレビ

26日夜遅く、神奈川県横浜市の畳工場で、駐車場に止めてあったトラック3台が焼ける火事があった。警察は、放火の可能性もあるとみて調べている。
 火事があったのは横浜市都筑区にある畳工場で、警察によると、26日午後10時40分頃、「駐車場で車が燃えている」と通報があった。消防が駆けつけ、火は約30分後に消し止められたが、駐車場に止めてあったトラック3台が焼けた。
 この火事によるケガ人はいなかった。警察は、現場に火の気がないことなどから、放火の可能性もあるとみて原因を調べている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/02/27/07246593.html

| トラックバック (0)

オウム菊地被告の初公判5月8日に(27日)NHK

オウム真理教の菊地直子被告に対する東京地方裁判所の審理予定がまとまり、初公判は5月8日に開かれ、死刑囚に対する証人尋問などを行って6月末に判決が言い渡されることになりました。

オウム真理教の菊地直子被告(42)は17年に及ぶ逃亡の末に逮捕され、平成7年に東京都庁で都知事宛ての郵便物が爆発し職員が大けがをした事件で、爆薬の原料を運んだとして殺人未遂のほう助の罪などで起訴されています。
26日、東京地方裁判所で事前に争点を整理する手続きが行われ、今後の審理予定がまとまりました。
それによりますと、初公判は5月8日に開かれ、これまでに教団元幹部の中川智正死刑囚(51)ら死刑囚2人の証人尋問を決めたほか被告本人への質問も予定されています。
中川死刑囚は平田信被告の裁判でも尋問を受けていますが、菊地被告が運んだ薬品で爆発物を製造したとされていることから、どのような証言を行うか注目されます。
菊地被告は「自分が運んだ荷物が爆薬の原料とは思わなかった。事前の計画は知らなかった」などと起訴内容を全面的に争う方針です。
審理は裁判員裁判で行われ、判決は6月末に言い渡される予定です。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140226/k10015563301000.html

News_pic1

| トラックバック (0)

ペット信託:新たな飼い主へ「遺産相続」 高齢者の支えに(27日)毎日

死後、ペットの飼育費用を適切に残し、自身に代わる新たな飼い主を定めるにはどうするか−−。高齢化が進む中、そんな悩みに答える方法として「ペット信託」という方法が考え出された。高齢者がペットと暮らすための住宅やサービスも増え、高齢でも安心してペットを飼える環境は整いつつある。飼い主の高齢化や死亡のために殺処分されるペットを減らすことにもなり、新たな動きとして注目されそうだ。【末永麻裕】
 「遺言書に記すだけでは相続争いに巻き込まれ、ペットのために遺産が使われない事が多い」。福岡市東区の元動物看護師で、ペットの相続専門の行政書士として活動する服部薫さん(31)は語る。服部さんは2013年5月、福岡県の50代女性が飼っている猫について、女性が死んだ際に娘に引き取ってもらうための契約を手掛けた。国内のペット信託第1号という。

 ペット信託は、日本司法書士会連合会(東京都)の河合保弘理事(55)が考案し、13年2月に商標登録した。犬猫の平均寿命は05年に平均7歳だったが、12年には犬13.94歳、猫14.45歳と約2倍に延びた(ペットフード協会調べ)。飼い主の死後にペットが残されるケースも増えており、これが考案につながった。

 ペット信託は信託法に基づいて手続きされる。まず、飼い主を代表にした管理会社を設立。飼い主の死後、ペットに残したい財産を事前に管理会社に移しておく。更に、次の飼い主を受益者とする遺言書と「ペットの飼育のために」と記した信託契約書を受益者と締結。遺産を飼育費として相続してもらう。
 相続された飼育費が適切に使われているか監督する制度もあり、弁護士などの監督人がペットの飼育状況をチェックする。相続財産の乱用を防ぐため一度に相続させず、分割することも可能だ。
 服部さんは現在、福岡県の50代女性から相談を受けている。認知症の母が飼う2匹と自身が飼う4匹の計6匹の犬をペット信託したいといい、受益者を探している。女性は「犬たちが面倒を見てもらえなかったらと思うと怖い。自分の死後ではどうすることもできない。生前にきちんと遺志を残したい」と話す。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://mainichi.jp/select/news/20140227k0000m040145000c.html

| トラックバック (0)

母も「3歳長男に首輪」…夕から朝への外出中も(27日)読売

長男(3)の首に犬用の首輪を付けて監禁したとして徳島市鷹匠町、無職山下翔吾容疑者(26)が逮捕監禁容疑で逮捕された事件で、山下容疑者の20歳代の妻が徳島県警の任意聴取に対し、「(私も)長男に犬用の首輪を付けていた」と供述していることがわかった。
 県警は、妻も虐待に関与していた可能性があるとみて調べている。
 県警の発表や捜査関係者によると、山下容疑者は妻と長男の3人暮らし。県警の調べに対し、「長男が食べ物を散らかして部屋を汚すのを防ぐため、昨夏頃から首輪を付け始めた」と供述しており、妻も、その頃から同様の行為をしていたと説明したという。
 一方、山下容疑者が「長男に首輪を付ける時間が、だんだん長くなっていった」と供述していることも判明。夫婦とも夕方から朝まで外出することがあり、その間も長男に首輪を付けたままにしていたという。

| トラックバック (0)

2人強殺で死刑求刑…被告「当然の報いです」(27日)読売

 堺市で2011年に象印マホービン元副社長の尾崎宗秀さん(当時84歳)と主婦田村武子さん(同67歳)が殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われた無職西口宗宏被告(52)の裁判員裁判の第9回公判が26日、大阪地裁堺支部であり、検察側は死刑を求刑した。
 論告では「まれに見る凶悪事件。命をもって償わせることはやむを得ない」とした。弁護側は「絞首刑による死刑は残虐で憲法に違反する」として無期懲役を求め、結審した。判決は3月10日。
 西口被告は最終意見陳述で「尊い命を奪い本当に申し訳ありません。極刑が当然の報いです」と述べた。(2014年2月26日22時48分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| トラックバック (0)

仮想通貨「ビットコイン」、大手取引所が取引停止発表 (27日)TBS

インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」の東京の大手取引所「マウントゴックス」が26日未明、「当面、すべての取引を停止する」と発表しました。復旧できなければ390億円もの資産が換金できなくなる恐れがあります。
 東京・渋谷にあるビットコインの大手取引所「マウントゴックス」は26日未明、ウェブサイト上で「サイトと利用者を保護するため、当面、すべての取引を停止する」とのコメントを発表しました。
 ビットコインはインターネット上だけで取引される仮想通貨で、中央銀行のような一般の通貨でいう特定の発行者がなく、電子マネーのような運営主体もありませんが、手数料が安いことから利用者が増加していました。
 国内外で利用者が100万人を超えるとされた取引所のマウントゴックスはシステムの不具合を理由に、今月7日から一部の取引を停止。さらに、25日にはウェブサイトの表示が消え、利用者が抗議に訪れる事態となっています。
 「憤りというか、どうにかしないといけないなと。日本円にすると100万円以上は預けている」(抗議に来た利用者、26日)
 「私の預けていたビットコインには3000万円の価値があったのに、消えてなくなったみたいだ」(抗議に来た利用者、25日)
 復旧できなければ利用者が預けていたビットコインの使用や換金ができなくなる可能性があり、その資産は、現在の価値で390億円に上るとみられています。
 一方、他のビットコイン取引所6社は「マウントゴックスがユーザーの信頼を裏切ったのは1社の問題であり、ビットコインや関連業界の価値を反映したものではない」と距離を置く姿勢を示しています。(26日22:07)

http://news.tbs.co.jp/20140226/newseye/tbs_newseye2136101.htmlLogo1

| トラックバック (0)

NY連邦地検が「マウントゴックス」に召喚状(27日)テレビ朝日

仮想通貨「ビットコイン」の取引を停止した東京の「マウントゴックス」に対し、ニューヨーク連邦地検が召喚状を送ったとアメリカのメディアが報じました。
 25日付のウォール・ストリート・ジャーナルの電子版によりますと、マウントゴックスに対する召喚状は今月に送付され、証拠となる文書などの保全も求めているということです。仮想通貨「ビットコイン」をインターネットで取引するマウントゴックスは、世界最大規模の取引所で、利用者は各国で合わせて約100万人いるとされ、現在、利用者のビットコイン約370億円分が使えない状態となっています。資金が返還されない不安が広がっていて、ニューヨーク連邦地検は、アメリカの利用者の不安を踏まえ、具体的な説明を求めているとみられます。マウントゴックスの取引を巡るトラブルで、捜査当局の動きが表面化するのは初めてです。
(C) CABLE NEWS NETWORK 2014

2009_1229_211958annlogo1

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000022201.html

| トラックバック (0)

警察庁技官がひき逃げ容疑 北海道・旭川の市道で(27日)産経

北海道警は26日、北海道旭川市で1月、女性をひき逃げし、死亡させたとして自動車運転過失致死と道交法違反の疑いで、警察庁の技官で北海道警察情報通信部主任、小西嘉将容疑者(41)=旭川市春光4条=を逮捕した。
 逮捕容疑は1月27日午後8時50分ごろ、旭川市春光町の市道で乗用車を運転中、同市神楽3条、無職、松本勝子さん(76)をはねて現場から逃走し、死亡させたとしている。道警によると、勤務日で帰宅した後、車で外出。調べに「大変なことをしてしまい、怖くなって逃げた」と供述しているという。
 現場周辺の聞き込みや防犯カメラの映像の解析から小西容疑者が浮上し、任意で事情を聴いていた。車は岐阜市内で見つかり、売却した可能性もあるとみて、経緯を調べている。
 北海道警察情報通信部によると、小西容疑者は機動通信課の主任として、事故や災害時の警察活動に必要な通信回線の確保などに当たっていたという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140227/crm14022700140000-n1.htm

| トラックバック (0)

【アンネの日記被害】中韓メディア、日本の右傾化が背景と報道(27日)産経

東京都内の図書館で「アンネの日記」が大量に破られていた事件について、日本の右傾化が背景にあるとの報道が中国や韓国で目立ち始めた。
 26日付の中国人民解放軍機関紙、解放軍報は「日本のサイトで『アンネの日記は小説だ』とする言論が大量に見いだされる」と日本で歴史を否定する動きがあると批判。日記を破いても「記憶を消すことはできない」と指摘した。
 韓国のSBSテレビは、日本のサイトにヒトラー生誕記念パーティー開催の呼び掛けがあったとして「日本ではヒトラーに追随する勢力が少なくない」と伝え、キャスターが「日本の右傾化はどこまでいくのか」とコメントした。
 ハンギョレ新聞は、在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げるヘイトスピーチに象徴される「病的な右傾化現象と関連があるかにも関心が集まっている」と報じた。(共同)

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140226/crm14022623060015-n1.htm

| トラックバック (0)

« 2014年2月26日 | トップページ | 2014年2月28日 »