« 練馬区 不審者情報で警備員を派遣へ(30日)NHK | トップページ | 押収拳銃の鑑定がカギ=邦人銃撃、新たな局面-エクアドル(30日)時事 »

2014年1月30日 (木)

徳洲会事件 不正経緯ほぼ解明(30日)NHK

「徳洲会」グループによる選挙違反事件は、31日から裁判が始まります。
東京地検特捜部は不正な選挙運動の経緯や準備された裏金の使いみちをほぼ解明したとして、詳しい内容を裁判で明らかにしていく方針です。

徳洲会グループの選挙違反事件では、おととしの衆議院選挙で徳田毅議員が立候補した鹿児島2区に全国の病院などから職員およそ600人を違法に派遣したほか、選挙に使う裏金を準備したとして合わせて10人が公職選挙法違反の罪で起訴されていて、31日から徳田議員の姉のスターン美千代被告(46)の裁判が始まります。
東京地検特捜部は、裁判で捜査で判明したとする選挙運動の経緯や裏金の使いみちを明らかにする方針ですが、その詳しい内容が関係者への取材で分かりました。
それによりますと、不正を主導したとされる徳田虎雄前理事長(75)が衆議院の解散当日に美千代被告に対し、選挙資金をどこから出すかを徳田議員と話し合って決めるよう指示したとしています。
これを受けて美千代被告は関連会社の口座から6000万円を捻出したということです。
特捜部は、この裏金の中から少なくとも1380万円余りが選挙運動の地域責任者や自民党奄美事務所の事務局長などに地元の地方議員の買収費用として渡され、このうち470万円は票の取りまとめをした県議会議員や市議会議員などに配られたことが確認できたとしています。
このほか有権者を集めての接待や、選挙管理委員会に無届けの選挙事務所の運営に3500万円余りを充てるなど裏金の使いみちをほぼ解明したとしています。
特捜部は、徳田議員に違法性の認識があったとはしていませんが、裁判で不正な選挙運動を立証して徳田議員への連座制の適用を目指す方針です。
これについて徳田議員の事務所は「事実関係が分からないのでコメントできない」としています。
また徳田議員を支援した地方議員たちは、取材に対し現金の受け取りを否定しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140130/k10014876381000.html

« 練馬区 不審者情報で警備員を派遣へ(30日)NHK | トップページ | 押収拳銃の鑑定がカギ=邦人銃撃、新たな局面-エクアドル(30日)時事 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/59035571

この記事へのトラックバック一覧です: 徳洲会事件 不正経緯ほぼ解明(30日)NHK:

« 練馬区 不審者情報で警備員を派遣へ(30日)NHK | トップページ | 押収拳銃の鑑定がカギ=邦人銃撃、新たな局面-エクアドル(30日)時事 »