« アレフ入信、都道府県別で4年連続最多の場所(20日)読売 | トップページ | 逃げた軽?追跡したパトカー、両車田んぼに転落(20日)読売 »

2014年1月20日 (月)

ギョーザ事件 無期懲役の判決(20日)NHK 中国

6年前、中国製の冷凍ギョーザから殺虫剤の成分が検出された事件で危険物質投与の罪に問われている元従業員の男に対し、中国の裁判所は20日、無期懲役の判決を言い渡しました。

2008年1月に発覚したこの事件では、中国・河北省の食品加工会社、天洋食品が製造した冷凍ギョーザを食べた千葉県と兵庫県の男女と中国国内で食べた中国人の合わせて14人が食中毒の症状を訴え、このうち日本人1人は一時、重体になりました。
中国の捜査当局は2010年に、会社の非正規従業員だった呂月庭被告(39)をギョーザに殺虫剤の成分「メタミドホス」を混入した危険物質投与の罪で起訴し、日本時間の20日午前10時から河北省の石家荘にある裁判所で1審の判決公判が開かれました。
裁判では弁護側が、被告は罪を全面的に認めたなどとして刑を軽くするよう求めましたが、裁判長はすべて却下したうえで、犯行は計画的で、14人に健康被害を出したほか工場の閉鎖に追い込まれた天洋食品に多額の損失を与えたとして、呂被告に無期懲役の判決を言い渡しました。
裁判は、日本大使館と日本メディアの代表者にも傍聴が許可され、およそ20分ほどで終わりましたが、呂被告は、終始うつむき、無言だったということです。
今回の事件は、多くの加工食品を中国から輸入している日本に大きな衝撃を与え、日中の間で外交問題にも発展したほか、中国製の食品の安全が問われるきっかけの1つになりました。

官房長官「再発防止対策を期待」

菅官房長官は午前の記者会見で、「わが国の国民が被害を受けた食の安全に関わる事案だったので、真相を究明し、こうした事件が2度と起こらないよう、再発防止の対策が講じられることを期待したい」と述べました。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140120/t10014612471000.html

« アレフ入信、都道府県別で4年連続最多の場所(20日)読売 | トップページ | 逃げた軽?追跡したパトカー、両車田んぼに転落(20日)読売 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58978830

この記事へのトラックバック一覧です: ギョーザ事件 無期懲役の判決(20日)NHK 中国:

« アレフ入信、都道府県別で4年連続最多の場所(20日)読売 | トップページ | 逃げた軽?追跡したパトカー、両車田んぼに転落(20日)読売 »