« 23歳看護師変死は殺人 寮で絞殺 広島県警が捜査本部(1日)産経 | トップページ | 3台絡む事故で9人搬送 福岡の椎田道、一時通行止め(1日)朝日 »

2014年1月 1日 (水)

「身代金型ウイルス」国内1万5千台に FBI名乗り…ファイル凍結、復旧費要求(1日)産経

パソコンに侵入してファイルやプログラムを凍結し、その復旧と引き換えに金を要求する「身代金型ウイルス」が、国内で広がっていることが情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京)の調査で分かった。ロシア、欧州、米国で拡大した後、2013年に国内のパソコン約1万5千台に侵入した。
 「ランサム(身代金)ウエア」と名付けられたこのウイルスに感染すると、FBIなどを装う画面が表示。要求通り金を支払っても、ほとんどの場合、ファイルなどは修復されない。ランサムウエアに感染すると、パソコンに保存している文書ファイルが暗号化されて読めなくなったり、プログラムが実行できなくなったりする。FBIなどのロゴが画面に表れ、ファイルなどを再び使用できるようにする代金として、100ユーロ(約1万4千円)や300ドル(約3万円)程度を電子マネーで支払うよう求める。「要求に応じなければパソコンのファイルを削除する」と表示される場合もあるという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131231/crm13123121430017-n1.htm

« 23歳看護師変死は殺人 寮で絞殺 広島県警が捜査本部(1日)産経 | トップページ | 3台絡む事故で9人搬送 福岡の椎田道、一時通行止め(1日)朝日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58859408

この記事へのトラックバック一覧です: 「身代金型ウイルス」国内1万5千台に FBI名乗り…ファイル凍結、復旧費要求(1日)産経:

« 23歳看護師変死は殺人 寮で絞殺 広島県警が捜査本部(1日)産経 | トップページ | 3台絡む事故で9人搬送 福岡の椎田道、一時通行止め(1日)朝日 »