« 複数回にわたり農薬混入の疑いも(5日)NHK | トップページ | 工藤会組員 去年80人超検挙(5日)NHK »

2014年1月 5日 (日)

暴力根絶へ寄付、自販機で手軽に 府内8ヵ所に設置(5日)共同

京都府暴力追放運動推進センター(京都市上京区)は、売り上げの一部を、犯罪被害者の支援や市民の暴力団追放運動などのために寄付してもらう自動販売機の設置を始めた。同センターによると、こうした取り組みは全国初という。
 「寄付自販機」設置は昨春からで、現在、下京区や向日市、舞鶴市などの事業所や民宿など府内8カ所にある。飲み物の売り上げ1本ごとに2円が寄付され、同センターと京都犯罪被害者支援センター(上京区)に1円ずつ分配される仕組み。
 1台を設置する向日市の建設現場担当者(59)は「現場では、反社会勢力からの不当要求などを拒否しており、趣旨に賛同した。同じ自販機を置くなら、こうした社会貢献ができればいい」と話す。
 寄付額は、1カ月で計2万円ほどになるといい、京都犯罪被害者支援センターは、被害相談の電話代や約30人いる支援ボランティアの交通費、電話相談の研修費などに充てる。府暴追センターは、住民に代わって組事務所の使用差し止めを求めて提訴する「代理訴訟」の費用などとして貯蓄している。
 府暴追センターは順次、設置の拡大を目指しており、「たとえ1円でも積もれば大きな力になる。多くの方に理解してもらいたい」と呼び掛けている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140104000048

« 複数回にわたり農薬混入の疑いも(5日)NHK | トップページ | 工藤会組員 去年80人超検挙(5日)NHK »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58886395

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力根絶へ寄付、自販機で手軽に 府内8ヵ所に設置(5日)共同:

« 複数回にわたり農薬混入の疑いも(5日)NHK | トップページ | 工藤会組員 去年80人超検挙(5日)NHK »