« 足の不自由な女性 踏切ではねられ死亡(27日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

2014年1月27日 (月)

安全センサー故障、数年間放置か 稲沢の駐車場事故(27日)はょ宇同

愛知県稲沢市の機械式立体駐車場「国府宮パーキング」で客の女性(84)が、車両を載せるゴンドラと1階の床に挟まれて死亡した事故で、車の近くに人がいる場合に反応するセンサーが数年前から故障していたことが、駐車場の経営者(69)への取材で分かった。
 経営者によると、センサーは、駐車場の出入り口付近とゴンドラの左右にあり、人を感知した際には、ゴンドラは稼働しなくなる。このうち、ゴンドラの左右にあるセンサー計8機のうち6機が、故障によって動いていなかった。
 経営者はセンサーの故障を、立体駐車場メーカー「三菱重工パーキング」(横浜市)が実施している月1回の定期点検で数年前から知っていた。メーカーから修理の指示も受けていたが、直していなかった。 今回の事故は、車を出庫させようとした客の女性が、実際にはまだ駐車場内にいたのに、駐車場の従業員(66)が、既に女性が出庫したと思い込み、ゴンドラを動かしたために起きたとみられている。経営者は取材に、事故当時の女性の正確な位置は不明で、センサーが正常なら事故を防げたかどうかは分からないとの考えを示した上で、「出入り口付近のセンサーがあれば十分だと考えていた。認識が甘かった」と、問題があったことを認めた。
 稲沢署は、関係者の業務上過失致死容疑での立件を視野に調べている。(中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014012790085737.html

« 足の不自由な女性 踏切ではねられ死亡(27日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全センサー故障、数年間放置か 稲沢の駐車場事故(27日)はょ宇同:

« 足の不自由な女性 踏切ではねられ死亡(27日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »