« マルハニチロ、検出農薬の毒性評価誤る=「甘い基準で判断」社長謝罪-厚労省が指摘(31日)時事 | トップページ | ロシア南部で連続自爆テロ 同一組織による犯行か(31日)テレビ朝日 »

2013年12月31日 (火)

【冷凍食品に農薬】「人為的混入」強まる 苦情地域にばらつき(31日)産経

食品大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題で、群馬県は30日、同工場への立ち入り調査の結果、「通常の製造工程で農薬が混入した可能性は低く、何者かが混入した疑いも否定できない」との見解を示した。県警も意図的混入の可能性があるとみて捜査を始めた。農薬混入は「人為的」である可能性が強まってきたが、慎重な見方を示す専門家もおり、混入経路の解明が焦点となっている。
◆苦情地域にばらつき
 アクリフーズによると、商品の製造工程でマラチオンは一切使われておらず、工場内からも見つかっていない。ただ、消費者から苦情のあった地域は東京都、大阪府、福岡県などバラバラで、流通段階で混入したとも考えにくい。
同社が県に30日提出した資料によると、苦情があった11商品のうち7商品9件でマラチオンを検出。国が定めた残留基準値は0・01ppm。最大値はコーンクリームコロッケの1万5千ppmで、基準の150万倍だ。
 農薬に詳しい立川涼・愛媛大名誉教授(83)=環境化学=は「通常の製造工程ではまず混入が考えられないほどの高い数値。どこかでミスも含めた人為的な混入があったのではないか」と推測。その上で「時間がたてばガス化するので、原材料に残っていたとは考えにくい」と話した。

◆パッケージに穴なく
 県は30日の立ち入り調査で、(1)工場内でマラチオンの使用が確認されなかった(2)検出濃度にばらつきがある(3)濃度が「手に付いていたというレベルより高い」(後藤重幸・衛生食品課長)-などの点を確認。その結果、通常の製造工程で農薬が混入した可能性は低いと判断した。意図的な混入についても、「可能性はある」(後藤課長)との見方を示した。
 ただ、アクリフーズによると、現状では商品のパッケージに針で刺したような穴が開いているということもなく、人為的混入の証拠はないという。
 意図的な混入に慎重な見方を示す専門家もいる。矢野俊博・石川県立大教授(64)=食品管理学=は、「過去の例では農薬の使用量を間違えるというケースがある。今回は品目が多いため、原材料を一括保管している段階で使用濃度を誤るなどして、そのまま加工された可能性は否定できない」と話す。詳細は以下をクリック
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131231/crm13123108570004-n1.htm

« マルハニチロ、検出農薬の毒性評価誤る=「甘い基準で判断」社長謝罪-厚労省が指摘(31日)時事 | トップページ | ロシア南部で連続自爆テロ 同一組織による犯行か(31日)テレビ朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【冷凍食品に農薬】「人為的混入」強まる 苦情地域にばらつき(31日)産経:

« マルハニチロ、検出農薬の毒性評価誤る=「甘い基準で判断」社長謝罪-厚労省が指摘(31日)時事 | トップページ | ロシア南部で連続自爆テロ 同一組織による犯行か(31日)テレビ朝日 »