« たびたび金を無心の孫、困り果て祖父が通報(15日)読売 | トップページ | 「県警」「日銀」につられ600万円詐欺被害(15日)読売 »

2013年12月15日 (日)

警察庁 「ヘイトスピーチ」団体に警戒(15日)NHK

「ヘイトスピーチ」と呼ばれる差別的な言動をデモの中で繰り返している市民団体について、警察庁は、治安情勢を分析した報告書の中で初めて項目を立てて取り上げ、デモに反対するグループとの間でトラブルが起きるおそれがあるとして、警戒を強めるとしています。

東京や大阪などでは、複数の市民団体が在日韓国・朝鮮人に対し「ヘイトスピーチ」と呼ばれる差別的な言動を繰り返すデモを毎週のように行っていて、デモに反対するグループと小競り合いになるなどして、双方から逮捕者が出る事態になっています。
警察庁は、国内外の治安情勢を分析した報告書「治安の回顧と展望」を公表し、これらの団体について初めて項目を立てて取り上げました。
この中で警察庁は、団体について、極端な民族主義・排外主義的な主張に基づく「右派系市民グループ」だと紹介しています。
このうち、警察庁が中心的な存在だとみている「在日特権を許さない市民の会」は、京都の朝鮮学校の周辺で街宣活動を行って教育を妨害したとして、ことし10月、裁判所から街宣活動の禁止などを命じられています。
警察庁は「これらの団体の活動が広域化し動員数も増加傾向にある一方で、グループの実態を把握することが難しい」としていて、今後も反対するグループとの間でトラブルや違法行為を引き起こすおそれがあるとして警戒を強めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131215/k10013839451000.html

« たびたび金を無心の孫、困り果て祖父が通報(15日)読売 | トップページ | 「県警」「日銀」につられ600万円詐欺被害(15日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁 「ヘイトスピーチ」団体に警戒(15日)NHK:

« たびたび金を無心の孫、困り果て祖父が通報(15日)読売 | トップページ | 「県警」「日銀」につられ600万円詐欺被害(15日)読売 »