« 切内で立ち往生の女性を小学生7人が救助 JR東日本が感謝状(19日)フジテレビ | トップページ | 新実死刑囚、異例の聴取 妻の入信強要未遂事件で(19日)共同 »

2013年12月19日 (木)

「公金の使い込み隠すため」 コンゴの日本大使館放火で外務省職員(19日)産経

在コンゴ(旧ザイール)日本大使館の放火事件で、現住建造物等放火容疑で警視庁に逮捕された外務省職員、山田真也容疑者(30)=横浜市=が「大使館の公金の使い込みを隠すために放火した」などと供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 焼け跡から見つかった金庫が空になり、現地職員の給料など日本円で2200万円相当の公金がなくなっていたことが既に分かっている。
 捜査関係者によると、山田容疑者は現地のカジノなどによく出入りしていたといい、警視庁は金の使い道や着火方法などを捜査している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131218/crm13121816360009-n1.htm

« 切内で立ち往生の女性を小学生7人が救助 JR東日本が感謝状(19日)フジテレビ | トップページ | 新実死刑囚、異例の聴取 妻の入信強要未遂事件で(19日)共同 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「公金の使い込み隠すため」 コンゴの日本大使館放火で外務省職員(19日)産経:

« 切内で立ち往生の女性を小学生7人が救助 JR東日本が感謝状(19日)フジテレビ | トップページ | 新実死刑囚、異例の聴取 妻の入信強要未遂事件で(19日)共同 »