カテゴリー

« 特捜部元検事が所得隠し 4年で1.1億円、国税局指摘(28日)朝日 | トップページ | 帰省ラッシュ きょうがピーク(28日)NHK »

2013年12月28日 (土)

恐喝主導は県警警部、捜査恐れ事件隠滅も画策(28日)読売

福井県警警部ら2人が6月、建設会社役員の50歳代の男性から100万円を脅し取ったとされる事件で、警部の共犯として恐喝罪に問われた不動産会社役員・五十嵐豊被告(52)の初公判が27日、福井地裁であり、五十嵐被告は起訴事実を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、警部・朝井信二被告(51)が犯行を主導し、事件後には、捜査を恐れて100万円の返還を五十嵐被告に指示して事件の隠滅を画策していたと明らかにした。
 冒頭陳述で検察側は、朝井被告が5月、男性の疑惑に関する投書が県警に届いていると五十嵐被告に教え、「もみ消すには一つ(100万円)か二つ(200万円)は要る」と恐喝を持ちかけ、五十嵐被告は分け前を期待して応じたと指摘。

« 特捜部元検事が所得隠し 4年で1.1億円、国税局指摘(28日)朝日 | トップページ | 帰省ラッシュ きょうがピーク(28日)NHK »

不祥事案」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐喝主導は県警警部、捜査恐れ事件隠滅も画策(28日)読売:

« 特捜部元検事が所得隠し 4年で1.1億円、国税局指摘(28日)朝日 | トップページ | 帰省ラッシュ きょうがピーク(28日)NHK »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ