« 連続窃盗:背後からマスタード 容疑で33歳女逮捕 熊本(30日)毎日 | トップページ | スタンドに強盗、現金奪い2人逃走 松戸市 動画を再生(30日)日本テレビ »

2013年12月30日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
これが地域住民の安心感だ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131225155031

  検挙に勝る防犯はなし警視庁武蔵野署がまたやりました。今年2月の深夜の路上強盗殺人事件の即逮捕に続いての快挙です。
 事件は今月19日だった。学校帰りの小学1年生の女児(7歳)を車に乗せて連れ去ろうとした事件で、隣の市に住む46歳の男を未成年者略取未遂で逮捕した。
 事件発生の翌日、小欄は現場を見てきた。10㍍近い幅の道路が一直線でさらに五番の目のように整理され、塀に囲まれた民家が多く、車や人通りも少ないなど近隣の〝絆〟なんてまるでない街だった。ただ、この事件では父親がたまたま見ていて事なきをえた。
 男は何度か下見をしており、犯行に使った軽乗用車には盗んだナンバーを付けるなど極めて計画的な犯行。
 「父さんが事故に遭った。病院へ行こう」と無理に車に押し込んでいる。もし父親が見ていなければ重大な事件になっていた。
 同署では現場から走り去った軽自動車について捜査を進め、事件後に千葉県柏市にある自動車解体業者に持ち込まれていたことを突き止めるなど執念の捜査が実った。
 同署管内も含めて隣接する三鷹署、小金井署、荻窪署管内など周辺では子供に対する声かけ事案が多くなっており、未解決になっていれば周辺住民に与える不安感は計り知れない事だった。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。 
 声かけで振り込め詐欺防止 43億円に

News_pic1_4

振り込め詐欺の電話を受けて現金を下ろしに来た高齢者などに、金融機関の職員が声をかけたり通報したりすることで被害を防いだケースが、東京都内で先月までに総額で43億円に上り、去年の同じ時期の1.5倍ほどに増えていることが分かり、警視庁は金融機関との連携をさらに強めることにしています。
警視庁によりますと、先月までに都内で起きた振り込め詐欺の被害額は77億円余りに上り、去年の同じ時期より6億円余り増えました。
一方で、うその電話を受けて現金を下ろしに来た人に、金融機関の職員が声をかけたり警察に通報したりして、被害を未然に防いだケースは1258件で金額は43億円に上り、去年の同じ時期より件数で300件以上多く、金額では1.5倍近くに増えました。
背景には、金融機関に詐欺の手口や被害者の行動の特徴が周知されていることや、地元の警察署の担当者と携帯電話で直接連絡を取る体制がとられていることがあるとみられます。
警視庁は、現金を下ろしに来た高齢者などへの金融機関での対応が、被害防止に大きな役割を果たしているとして、連携をさらに強めるとともに、より効果的な声かけの方法について、マニュアルの整備などを進めることにしています。

« 連続窃盗:背後からマスタード 容疑で33歳女逮捕 熊本(30日)毎日 | トップページ | スタンドに強盗、現金奪い2人逃走 松戸市 動画を再生(30日)日本テレビ »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58849533

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 連続窃盗:背後からマスタード 容疑で33歳女逮捕 熊本(30日)毎日 | トップページ | スタンドに強盗、現金奪い2人逃走 松戸市 動画を再生(30日)日本テレビ »