« 2013年12月17日 | トップページ | 2013年12月19日 »

2013年12月18日

2013年12月18日 (水)

PGA会長ら総辞職=暴力団とゴルフ問題で-代議員全員が辞表(18日)時事

公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)の元幹部2人が指定暴力団会長とゴルフや会食をしていた問題で、PGAは18日、都内で理事会を開き、森静雄会長ら執行部を含む代議員全員が辞職することを決めた。幹部全員が自主的に辞任する形を取ることで信頼回復を図る。
 PGAによると、これまでに全国の代議員91人のうち森会長ら執行部を含む87人の辞表が提出されていた。静岡・山梨地区の4人についても、一両日中にも提出されるめどが立ったという。
 PGAは来年1月に全国14地区で代議員選挙を実施。選ばれた代議員から理事が選出され、その中から新会長が決まることになる。
 森会長に代わり取材に応じた阿部信行副会長は「事態を大変重く受け止めている。再発防止に全力を尽くしたい」などと話した。(2013/12/18-19:12)

Top_header_logo21_2 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013121800796

| トラックバック (0)

ストーカー事件、調査業者再逮捕 偽計業務妨害容疑で(18日)共同

神奈川県逗子市のストーカー殺人事件で元交際相手の男に探偵経由で被害女性の住所を伝えたとされる調査会社経営小浜博敏被告について、愛知県警は18日、ガス会社に苦情を装った電話をかけたとして偽計業務妨害の疑いで再逮捕した。
 小浜容疑者は逗子市役所に電話をかけて、ストーカー事件で殺害された三好梨絵さん=当時(33)=の住所を不正入手した疑いがある。再逮捕容疑は6月、京葉ガスのコールセンターに契約者を装い「口座振替にしたのに料金の請求が来た」などと電話をかけ、業務を妨害した疑い。容疑を認めているという。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121801002149.html

| トラックバック (0)

鹿児島強盗傷害、150人態勢で捜査続く(18日)日本テレビ

鹿児島市の市営住宅で女性が頭から血を流して倒れているのが見つかった事件で、警察は強盗傷害事件とみて18日も約150人態勢で捜査を続けている。
 この事件は17日午前、鹿児島市の市営住宅の一室で、1人暮らしの丸山千枝子さん(61)が頭から血を流して倒れているのが見つかったもの。丸山さんは現在も意識不明の重体。
 事件から一夜明け、現場近くの小学校では保護者に付き添われて登校する児童が多く見られた。
 これまでの調べで、丸山さんはベッドの上で倒れていて、就寝時間帯の犯行の可能性もあるとみられている。また、捜査関係者によると、丸山さん宅の玄関の鍵はかかっていたものの、ベランダ側の窓の鍵は開いていたという。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2013/12/18/07242366.html

| トラックバック (0)

LINEでやりとり 交際断られ暴行容疑(18日)NHK

東京の中学3年の女子生徒が、交際を断った男子生徒らに仲間の少年5人と共に集団で暴行してけがをさせたとして、傷害などの疑いで逮捕されました。
警視庁によりますと、女子生徒はスマートフォン向けの無料通話アプリ「LINE」で男子生徒とやり取りをしていましたが、直接会ったことはなかったということです。

逮捕されたのは、東京・葛飾区の中学3年の14歳の女子生徒と、15歳から16歳までの男子中学生ら合わせて6人です。
警視庁によりますと、女子生徒らは、ことし9月、足立区千住中居町の公園などで、中学と高校の男子生徒5人に集団で暴行し、骨折などのけがをさせたとして、傷害などの疑いが持たれています。
これまでの調べによりますと、女子生徒は、ことし8月に友人の紹介で知り合った中学3年の男子生徒に交際を申し込みましたが、それを断られたことに腹を立て、知り合いと共に男子生徒を呼び出し、暴行したということです。
女子生徒と男子生徒は、スマートフォン向けの無料通話アプリ「LINE」でメッセージのやり取りや通話をしていましたが、直接会ったことはなかったということです。
調べに対して、女子生徒ら2人は容疑を否認し、4人は容疑を認めているということです。
警視庁が動機やいきさつを詳しく調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131218/k10013933421000.html

| トラックバック (0)

ひったくり現場予測、警察が繰り出す英国式対策(18日)読売

ひったくりの急増を受け、兵庫県尼崎市が過去の被害状況から「次に狙われる地域」を予測する手法「プロファイリング」に基づく実地調査に乗り出した。
 2012年の発生件数(258件)は前年より2割増え、人口1万人当たりに換算すると6件で、全国ワースト1の大阪府の半分を占める大阪市(792件)の2・67倍。来春にも新たな対策に乗り出す方針で、警察庁によると、こうした取り組みは初めてという。
 警察庁や兵庫県警によると、ここ数年、取り締まりの強化などで全国のひったくり件数は減っているが、尼崎市では増加傾向にある。読売新聞が昨年の発生件数を人口1万人当たりで計算したところ、尼崎市の6件に対し、隣接の同県西宮市は1・86件、規模は違うが、大阪府の1・81件と比べても、その多さは突出している。
 自転車の前かごに入れたバッグなどをミニバイクで追い抜きざまに奪われるケースが多い。尼崎市は9月に「注意喚起では限界がある」として、「ひったくり撲滅宣言」を行い、プロファイリングに注目。犯罪心理学が専門で、殺人事件の捜査などで実績のある桐生正幸・関西国際大教授に協力を依頼した。
 桐生教授は、米連邦捜査局(FBI)方式でなく、英国発祥の手法を採用。欧州では街頭犯罪対策で効果を上げているといい、桐生教授は「犯行現場となる可能性が高い場所を絞り込み、検挙につなげることができる」と話す。

| トラックバック (0)

「釣りバカ日誌」原作者の実家全焼 (18日)TBS

宮崎県で、漫画「釣りバカ日誌」の原作者・やまさき十三さんの実家である文房具店1棟を全焼する火事がありました。
 18日午前1時すぎ、宮崎県都城市にある文房具店「山崎文科堂」から出火。火はおよそ7時間後に消えましたが、一部3階建てになっている店舗兼倉庫およそ200平方メートルが全焼しました。
 この文房具店は漫画「釣りバカ日誌」の原作者・やまさき十三さんの実家で、漫画の主人公・ハマちゃんこと浜崎伝助の実家のモデルにもなりました。
 警察の調べによりますと、出火当時2階にいた経営者の長女が火災報知機の音に気づき、1階に降りたところ、すでに煙が充満していたということです。この火事によるけが人はなく、現在、警察と消防が出火の原因を調べています。

Logo1_4 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2084071.html

| トラックバック (0)

4人死亡の全焼住宅で再び火災…不審火の可能性(18日)読売

 18日午前2時10分頃、今月10日に4人が死亡した火事が起きた千葉市花見川区の住宅から火が出ていると、近くを通りかかった新聞配達員から119番があった。
 2階ベランダ付近から火が出ており、約40分後に消し止められた。千葉北署は不審火として出火原因を調べている。
 発表によると、火事が起きたのは同区横戸町、会社員戸谷実さん(54)方で、10日未明の火事で全焼し、戸谷さんの妻や長女ら4人が死亡した。人は住んでおらず、玄関も焼けていたため、誰でも入れる状態だったという。

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日単位・レベル)
勇気を持って返納を
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131214142230

 16日、岐阜市で悲惨な事故が発生した。なんと79歳の男性の乗用車が駐車場から無人のまま走り出し、歩道を自転車で走っていた74歳の女性と衝突し、女性は死亡した。
 警察の調べでは、男性が車に乗ろうとエンジンをかけ、フロントガラスの汚れを拭き取ろうと降車したところ車が動きだしたという。
 このところ高齢者が絡む交通事故が多くなっているばかりか死者数の52.5%が65歳以上だという。
 警察庁がまとめた今年11月までの交通事故数は56万7998件で前年同期より3万1762件も減少した。ところが死亡事故は3798件で9件の増加だ。
 交通事故死者数のうち65歳以上が52.5%と最も多く、以下50~59歳が9.5%、16~24歳と40~49歳がそれぞれ8.9%だった。
 事故発生件数が最も多かったのは愛知の4265件、大阪の3802件、東京の3660件、福岡の3624件、神奈川の3032件の順。
 死者数が多かった都県は千葉の27人、静岡25人、東京21人、茨城20人、埼玉19人と首都圏に集中している。慌ただしい年末、くれぐれも交通事故には気をつけましょう。そしてお年寄り、特に高齢者には勇気を持って運転免許証の返納を進めたい。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 76歳男性、8100万円だまし取られる

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

寺に強盗、住職に「殺すぞ」 3万円奪い逃走 茨城(18日)産経

17日午後11時ごろ、茨城県土浦市立田町の浄真寺に男2人が押し入り、住職の男性(29)を殴って現金約3万2千円を奪い逃走した。住職は打撲などの軽傷。土浦署は強盗容疑で2人の行方を追っている。
 同署によると、押し入った1人が「殺すぞ」と脅して住職の首をしめ、別の1人が現金やクレジットカードが入ったバッグを持ち去った。男らは20~30歳位で白いマスクとニット帽姿、黒いジャンパーを着ていた。
 寺は本堂と住居が一体になっており、住職は1人で暮らしていた。夜は人通りが少ない場所という。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131218/crm13121812460003-n1.htm

| トラックバック (0)

鹿児島市女性死亡事件 物取りと怨恨の両面から捜査(18日)フジテレビ

17日、鹿児島市の市営住宅で、女性が頭から血を流して倒れていたのが見つかった事件で、警察は18日朝から現場検証を行い、物取りと怨恨の両面で捜査している。
この事件は、17日午前、鹿児島市の三和町にある市営住宅の1階の部屋で、団体職員の丸山 千枝子さんが、頭から血を流して倒れているのが見つかり、意識不明の重体となっているもの。
警察は、室内のタンスが引き出され、丸山さんに殴られた傷があることから、強盗致傷事件として、18日も室内の鑑識活動や遺留品の捜索をしている。
丸山さんが発見された時、ベランダの鍵はかかっていなかったということで、警察は、逃走経路などを調べるとともに、物取りと怨恨の両面から捜査している。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259905.htmlLogo4_2

| トラックバック (0)

東京・国分寺でアパート火災、1人逃げ遅れか (18日)TBS

18日午前10時20分ごろ、東京・国分寺市のアパートから火が出ました。火は周りの住宅にも燃え広がり、火元の木造2階建てのアパートなどあわせて3棟、およそ150平方メートルが焼けて現在も延焼中です。
 東京消防庁のポンプ車など24台が出動して消火活動にあたっていますが、この火事で逃げ遅れが1人いるとの情報があるほか、1人がけがをしています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2083691.html

| トラックバック (0)

世田谷一家殺害現場、模型に=3Dプリンターで再現-科捜研が作製、公開へ・警視庁(18日)時事

東京都世田谷区で2000年12月、会社員宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件で、警視庁が3次元(3D)プリンターを使い、事件現場となった宮沢さん宅の模型を作製していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。今月30日で事件発生から丸13年になるのを前に、模型を通じて事件への理解を深めてもらい、広く情報提供を募るのが狙いという。
 捜査関係者によると、この模型は同庁科学捜査研究所が3Dプリンターを使用して作った大型のもので、宮沢さん宅の構造を精巧に再現。屋根の部分を取り外すと、4人それぞれの殺害場所などが視覚的に分かるような作りになっているという。18日にも報道陣に公開する。(2013/12/17-22:52)

Top_header_logo21 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013121700997

| トラックバック (0)

暴力団排除:「関係解消」企業 佐賀県警と弁護士会が応援(18日)毎日

暴力団と関係したとして、佐賀県警の要請に基づき公共工事の指名停止を受けた県内の土木会社について、県弁護士会民事介入暴力対策特別委員会の弁護士らが「関係解消」を確認して報告書を作成し、同社が県警に提出した。県警は事実確認し、行政への排除要請解除を検討する。企業と暴力団との関係が社会問題化する中、弁護士や県警などが連携して企業の暴排を図る全国的にも珍しい取り組みだ。
 県警は今年8月、同社が暴力団と不適切な関係にあったとして、県などに排除を要請した。同社の前社長が、資金繰りのため暴力団関係者から金銭の借り入れをしたためとみられる。要請を受けて、県は9月、同社を4カ月の指名停止にした。国土交通省九州地方整備局や関係自治体なども指名停止とした。
 同社はその後、新たに顧問弁護士を置き暴力団排除に着手。社長が交代し▽弁護士や税理士、取締役会による帳簿類のチェック▽全社員の暴力団追放講習の受講−−などを実施した。同社から依頼を受けた県弁護士会民事介入暴力対策特別委の弁護士3人が、暴排の取り組みを確認。さらに取引先をリストアップし、県警が暴力団との関係がないこともチェック。「暴力団との社会的に非難される関係が解消したと認められる」とする報告書を提出した。
 県警は報告書などを精査し、排除要請を解除するかを検討。要請が解除されれば、県など行政側は指名停止の解除を検討する。
 毎日新聞の調べでは、九州地方整備局と九州8県と山口県、福岡、北九州両政令市が、暴力団との関係を理由に公共工事の指名停止などにしたケースは少なくとも約220件あった。
 同社の顧問弁護士、三宅敬英弁護士(長崎県弁護士会)は「暴力団と関係した企業を排除するだけでは根本的な問題解決にならない。企業の立ち直りにつながる取り組みで意義がある」と強調。同社を調査した佐賀県弁護士会民事介入暴力対策特別委員長の井上和弘弁護士は「(チェックシステムの)乱用をどう防ぐかや、弁護士が調査できる範囲が限られるなかで調査の信用性や客観性をどう確保するかなどの課題はある。改善に向けて警察などと話し合いたい」と語った。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131218k0000m040154000c.html

| トラックバック (0)

西日本新聞次長、タクシー運転手暴行認め釈放(18日)読売

タクシーの運転手を殴ったとして、福岡県警西署に暴行容疑で17日に現行犯逮捕された西日本新聞社広告局企画推進部次長、寺崎真二郎容疑者(43)は、調べに対し当初否認していたが、その後「間違いありません」などと容疑を認め、同日釈放された。

| トラックバック (0)

虎雄氏が東電病院の取得意向伝達 猪瀬知事、虚偽答弁か(18日)朝日

東京都猪瀬直樹知事(67)が医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受けとっていた問題で、猪瀬氏が昨年11月に徳田虎雄前理事長(75)に面会した際、売却が決まっていた東京電力病院(新宿区)の取得を目指す考えを伝えられていたことが、関係者の話でわかった。今月6日の都議会一般質問で「東電病院の売却は話題になっていない」とした猪瀬氏の答弁は、虚偽だった疑いがある。
 徳田前理事長の意思表示に対し、猪瀬氏も、自らが東電に売却を迫ったことを話したとされ、5千万円はこの面会の2週間後に提供された。猪瀬氏は10日の都議会総務委員会で「徳洲会が東電病院に興味を持っていたことは全く知らない」とも説明していたが、これも虚偽答弁の可能性が出てきた。病院の開設や増床には都知事の権限が及ぶこともあり、辞任を求める声はさらに強まりそうだ。
 猪瀬氏は昨年11月6日、神奈川県鎌倉市の病院に入院中の徳田前理事長と約1時間、面会した。仲介役で新右翼団体「一水会」の木村三浩代表や前理事長の妻・秀子容疑者(75)=東京地検が公職選挙法違反(買収資金交付など)の疑いで逮捕=のほか、複数の徳洲会職員が立ち会った。

| トラックバック (0)

小学生の暴力10年前の6倍に(18日)NHK

昨年度、学校が把握した小学生の暴力行為はおよそ8300件と、10年前の6倍に増えていることが分かりました。
文部科学省は、感情を言葉で伝える力の低下などが背景にあるとみています。

文部科学省が昨年度、全国の学校が把握した児童生徒の暴力行為の件数を調べたところ、小学校が8296件、中学校が3万8218件、高校が9323件の合わせておよそ5万6000件でした。
中学校と高校はここ数年、減少傾向ですが、小学校では前の年度に比べて1100件余り増加し、10年前に比べると6倍に増えています。
小学生の暴力行為の内容として最も多かったのが、「児童どうしの暴力」で5371件、次いで「器物損壊」が1725件、「教師に対する暴力」が1330件などとなっています。
これによって児童がけがをして医療機関で治療を受けたケースは826件、教師が治療を受けたケースは160件あったということです。
文部科学省は感情や考えをことばで伝える能力が低下したり、感情をコントロール出来ず暴力に頼ったりする傾向が背景にあると見ていて、自分の考えをことばで適切に伝えるトレーニングや怒りに対処する方法を学ぶ取り組みを進めていきたいとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131218/k10013914691000.html

| トラックバック (0)

職務質問中の警官を車でひいた殺人未遂容疑で逮捕 (18日)TBS

今月3日、埼玉県川口市で警察官が職務質問中に急発進した車にひかれ、重傷を負った殺人未遂事件で、警察は31歳の無職の男を逮捕しました。
 殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、埼玉県三郷市に住む無職の寺島三郎容疑者(31)です。
 警察によりますと、寺島容疑者は今月3日、川口市の路上で男性巡査(30)から職務質問を受けた際、車を急発進させて巡査をひき、殺害しようとした疑いがもたれています。巡査は左足首を骨折する全治6か月から8か月の重傷を負いました。
 警察は、逃走したワンボックスカーの行方を追っていましたが、車や男の特徴などから寺島容疑者が浮上し、逮捕しました。取り調べに対し、寺島容疑者は「ひき殺そうとはしていない」と一部容疑を否認しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2083380.htmlLogo1

| トラックバック (0)

あきる野市資産家姉弟強盗殺人 元市職員の死刑確定へ 最高裁(18日)フジテレビ

東京・あきる野市で、資産家の姉と弟を殺害し、現金を奪った罪などに問われ、1・2審で死刑判決を受けた男について、最高裁判所は上告を退けた。男の死刑が確定することになる。
あきる野市の元職員・沖倉和雄被告(66)は、2008年、共犯者とともに住宅に押し入り、大福康代さんと弟の広和さんを殺害して、遺体を山中に埋めたうえ、2人の銀行口座から現金を引き出した強盗殺人などの罪で、1・2審で死刑判決を受けて、上告していた。
17日の判決で最高裁は、「何の落ち度もない2人の生命を奪った結果は誠に重大で、沖倉被告は、犯行計画を立案した首謀者である」として、上告を退けた。
これで、沖倉被告の死刑が確定することになった。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259885.html

| トラックバック (0)

福島で車が突っ込み住宅全焼 運転手が行方不明に(18日)テレビ朝日

福島市で乗用車が住宅に突っ込み、火事になりました。住宅に住んでいた男性が軽いけがをしたほか、車の運転手が行方不明になっています。
 17日午後5時20分ごろ、福島市南沢又のクリーニング業・松野吉秀さん(61)の住宅に普通乗用車が突っ込み、住宅の中にあったストーブが倒れて出火しました。この火事で住宅が全焼し、松野さんが足に軽いけがをしました。また、突っ込んだ車の運転手の行方が分からなくなっていて、警察が確認を急いでいます。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000018130.html

| トラックバック (0)

« 2013年12月17日 | トップページ | 2013年12月19日 »