« 2013年12月16日 | トップページ | 2013年12月18日 »

2013年12月17日

2013年12月17日 (火)

「年賀状」ファイルにウイルス=グループメールで情報収集か-三菱重サイバー攻撃(17日)時事

三菱重工業の防衛などの関連事業所のパソコンが狙われたサイバー攻撃事件。標的の一つとなったパソコンは、所有者の社員が取引先からの新年のあいさつを装ったメールを開封したことでウイルスに感染した。複数でメールを共有する「グループメール」というサービスからアドレスの情報が漏れた疑いがあるという。
 捜査関係者によると、メールは2010年12月30日に「謹賀新年(年賀状添付)」の表題で届き、新年のあいさつが書かれていた。取引先と酷似したアドレスから送られ、添付の年賀状画像ファイルを開くと、不正プログラムが起動する仕組みだった。
 社員のアドレスが知られた経緯は特定できなかったが、警視庁が三菱重工やその他の企業、官公庁への標的型メールを分析したところ、攻撃元が「入社同期」や「社員寮」に限定したネット掲示板やグループメールにメンバーを装って参加し、標的とする人物のアドレスや担当業務などの情報を得ていた形跡が確認されたという。(2013/12/17-20:19)

Top_header_logo21_4 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013121700923

| トラックバック (0)

猪瀬都知事5,000万円問題 都議会、「百条委員会」設置で調整(17日)フジテレビ

東京都の猪瀬知事が、徳洲会側から現金5,000万円を受け取っていた問題で、都議会は、猪瀬知事の説明が二転三転し、真相が究明できないとして、偽証した場合、罪に問える「百条委員会」を設置する方向で調整を始めた。
都議会は、12月13日に閉会したあとも、猪瀬知事が、徳洲会側から現金5,000万円を受け取っていた真相を明らかにするため、総務委員会で、16日・17日の2日間にわたって、知事から説明を求めてきたが、知事の説明が二転三転するなどし、各会派が反発を強めていた。
このため、17日の委員会では、委員長が、「総務委員会では限界があり、百条委員会も視野に、新たな対応を考えざるを得ない」として、最後の質問者を前に、審議を打ち切った。
これを受け、偽証した場合、罪に問える百条委員会を設置する方向で調整に入り、18日の理事会で最終的に決めることにしているが、早ければ12月24日にも百条委員会を開き、猪瀬知事に出席を求めることにしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| トラックバック (0)

漂着した船に男性1人の遺体…北朝鮮の漁船か(17日)読売

新潟県の粟島(粟島浦村)の海岸で16日午後、船首にハングルが書かれた木造船(全長約12メートル、幅約3・5メートル)が漂着しているのが見つかり、県警が17日に船室を調べたところ、男性1人の遺体が発見された。
 県警は北朝鮮の漁船の可能性が高いとみて調べている。
 発表などによると、船内からはイカ釣り漁に使う針やハングルで「朝鮮平壌」と書かれた箸なども見つかった。遺体は身長約1メートル75で、防寒ジャンパーなどを着ていた。目立った外傷はなく、死後数週間とみられる。

| トラックバック (0)

写真は失跡の女性とは別人と発表(17日)NHK

北朝鮮による拉致被害者の可能性があるとされている千葉県の女性によく似た女性の写真を北朝鮮から脱出した人が持っていたことについて、警察庁は写真の女性は別人と判明したと発表しました。

千葉県の旧海上町、今の旭市に暮らしていた加瀬テル子さんは、17歳だった51年前の昭和37年に自宅から美容院に出かけたまま行方が分からなくなりました。
9年前、北朝鮮から脱出した男性が加瀬さんとよく似た女性の写真を持っていたことから北朝鮮による拉致被害者について調べている「特定失踪者問題調査会」が専門家に鑑定を依頼し、「同一人物と考えて差し支えない」という結果が出ていました。
しかし、最近になって警察庁に「写真は違う人物ではないか」という情報が入り、警察庁の担当者が海外に住んでいた写真の女性の所在を確認して、面会した結果、身分証明書などから加瀬さんではなく、日本人でもないことが判明したということです。
警察庁は、加瀬さんが北朝鮮に拉致された疑いが排除できないとして、引き続き、情報の収集を進めることにしています。
これについて、古屋国家公安委員長は17日の記者会見で「詳細な検証を行った一つの成果だと思う。引き続き、捜査に全力を挙げるよう警察を督励していきたい」と述べました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131217/k10013904901000.html

| トラックバック (0)

逗子市に電話し住所入手 ストーカー殺人で調査業者(17日)産経

 昨年11月、神奈川県逗子市で三好梨絵さん=当時(33)=がストーカー行為をしていた元交際相手の男=同(40)=に刺殺された事件で、男に別の探偵経由で三好さんの住所を伝えたとされる調査会社経営小浜博敏被告(60)が、愛知県警の調べに「逗子市に電話して住所を聞き出した」との趣旨の供述をしていることが17日、弁護士への取材で分かった。
 小浜被告は千葉県のガス会社から契約者情報を聞き出したとして不正競争防止法違反(営業秘密侵害)の罪で起訴されている。これまでの捜査には「三好さんの住所を調べたが、逗子市に連絡したことはない」と供述していた。
 捜査関係者によると、小浜被告は三好さんが殺害される前日の昨年11月5日、千葉県の探偵業者から三好さんの住所の調査依頼を受け、数時間以内に回答していた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131217/crm13121719360027-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)
警視庁は九千件も減らす
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131209154519

 残すは2週間-今年もストーカー殺人事件は防げなかった。10月には東京・三鷹市で女子高生が21歳の男に殺害されるショッキングな事件が発生した。被害者は警察に相談していた。
 警視庁は再発防止のため小谷渉・副総監を長とする対策本部を設置、生活安全部だけでなく捜査1課も捜査に乗り出すことになった。
 警視庁は全刑法犯の認知件数が激減しているのだが、三鷹のストーカー殺人事件だけが悔やまれてならない。
 警察庁のまとめによると今年11月までの刑法犯認知件数で警視庁が前年同期に比べて9945件も減少した。減少数では全国1でその結果、認知件数は14万8583件。ところが大阪府警は4104件増加して13万9681件だった。増加数は全国ワースト1。
 減少した県警は埼玉県の-8316件。愛知県の-7259件、福岡県の-5351件、兵庫県の-5196件の順。
 検挙率は全国平均が30.4%で前年より1.7ポイント減少した。高率だった県警は島根が57.1%、秋田57.0%、山形51.5%、山口44.1%、群馬44.0%など。
 今年2月に東京・武蔵野市の路上で22歳の女性がルーマニアの少年ら2人に殺害される強盗殺人事件が発生。武蔵野署は数時間後に犯人を逮捕した。全国から集まる〝若者の街〟「最も住んでみたい街」だけに未解決なら与えた恐怖感は計り知れない。
 まさに「検挙に勝る防犯はなし」なのである。来年もこれでいきましょう。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 電車で全裸、写真撮影容疑 富山の20代男女6人を書類送検(産経電子版)

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

誘拐の邦人男性解放=マニラ近郊カビテ州で-比(17日)時事

【マニラ時事】フィリピン国家警察筋は17日、マニラ首都圏パラニャーケ市で誘拐された40代の日本人男性スミ・ハヤトさんが同日未明、首都圏に隣接するカビテ州で解放されたことを明らかにした。在フィリピン日本大使館も同様の情報を入手しており、安否確認を急いでいる。(2013/12/17-11:40)

Top_header_logo21_3 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013121700211

| トラックバック (0)

無人の乗用車が自転車と衝突、女性死亡 岐阜(17日)共同

 16日午後1時半ごろ岐阜市加納朝日町2で、同所の無職白井雅俊さん(79)宅駐車場から、無人の乗用車が国道157号に向けて後進。歩道を走ってきた同市加納南広江町、家業手伝い太田佑子さん(74)の自転車と接触した。太田さんは転倒して頭を強く打ち死亡。白井さんは車を止めようとして転倒し、左足首に軽傷を負った。
 岐阜南署によると、白井さんは車を駐車場から出すためエンジンをかけた後、フロントガラスの汚れを拭き取るため降車したところ車が動きだしたという。駐車場は国道側にわずかに傾斜している。
 署は自動車運転過失致死容疑で白井さんから事情を聞き、事故当時エンジンが停止していたかどうかや、ギアやサイドブレーキの状況を調べる。(中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013121790001956.html

| トラックバック (0)

5千万円「入り」かばん、再現できず…猪瀬知事(17日)読売

東京都の猪瀬直樹知事(67)が医療グループ「徳洲会」側から現金5000万円を受け取った問題を追及する都議会総務委員会の集中審議。
 16日も、従来の説明とは異なる事実が次々と判明した。厳しい追及は午後11時前まで続いたが、猪瀬知事は「特別秘書に聞いてほしい」などと繰り返し、明言を避ける場面も目立った。
 ◆かばんが登場
 「あわてて持ってきました」。この日の審議では、徳洲会側から受け取った5000万円を入れたとする「かばん」が初めて公開された。都議側の要求を受けて、知事側が休憩の合間に港区西麻布の猪瀬知事の事務所から急きょ持参した。
 ところが、猪瀬知事が都議側の求めに応じて5000万円の大きさを再現した、紙でできた箱を懸命に押し込めようとしたが、かばんに入りきらずファスナーを閉めることができなかった。そのままの状態で回覧され、都議たちもファスナーを閉めようと試みたが、「全然閉まらないじゃないか」などの声が上がった。

続きを読む "5千万円「入り」かばん、再現できず…猪瀬知事(17日)読売"

| トラックバック (0)

市営住宅に頭から流血した女性 強盗致傷事件で捜査 鹿児島市(17日)フジテレビ

17日午前、鹿児島市の市営住宅で、60代の女性が、頭から血を流して倒れているのが見つかった。警察は、強盗致傷事件として捜査している。
鹿児島市三和町の住宅密集地の中にある市営住宅で、女性が、1階の部屋で血を流しているのを発見された。
付近の住民は「出てきたら、こんな騒動で。うちのめいが迎えに来たもんで。今、それ聞いて、びっくりしているところです」と話した。
警察によると、17日午前10時前、鹿児島市三和町の市営住宅の1階の部屋で、女性が頭から血を流して倒れているのを、女性の同僚が発見し、110番通報した。
倒れていたのは、ホームヘルパーの仕事をしている団体職員・丸山 千枝子さんで、丸山さんは、すぐに病院に搬送され、現在治療中だが、くわしい容体についての情報は入ってきていない。
丸山さんが出勤してこないことを同僚が不審に思い、事件が発覚した。
現場では、現在も鑑識作業が続いている。
警察は、強盗致傷事件として捜査している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| トラックバック (0)

西日本新聞社員を逮捕 タクシー運転手を殴った疑い(17日)産経

福岡県警西署は17日、乗車していたタクシーの運転手を殴ったとして、暴行容疑で、福岡市西区西の丘、西日本新聞社広告局企画推進部部次長、寺崎真二郎容疑者(43)を現行犯逮捕した。「やっていない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は16日午後11時45分ごろ、自宅付近に止まったタクシー内で後部座席から男性運転手(55)の顔を1回殴った疑い。
 西署によると、寺崎容疑者は料金の支払いをめぐり運転手と言い合いになり、殴られた運転手が110番通報した。酒を飲んだ帰りで、酔っていたという。
 西日本新聞社広報部は「誠に遺憾で深くおわびします。事実関係を調べ厳正に対処します」とのコメントを出した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131217/crm13121710260007-n1.htm

| トラックバック (0)

逮捕の男、高速バスで上京=捜査員同乗、500キロ追跡-「黒子のバスケ」脅迫事件(17日)時事

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる一連の脅迫事件で、威力業務妨害容疑で逮捕された派遣社員渡辺博史容疑者(36)=大阪市東成区=が15日朝、東京都内のポストに新たな脅迫文を投函(とうかん)するため、大阪から高速バスで上京していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁捜査1課は防犯カメラ映像の解析結果を基に、大阪に土地勘があり黒いリュックサックを持った人物が事件に関与したとみて捜査。12月下旬に集英社主催のイベントなどが開催されることから、大阪駅周辺で捜査員が警戒していたところ、似たリュックを持って高速バスに乗り込む渡辺容疑者を発見したという。
 捜査関係者によると、渡辺容疑者はスーツにジャンパー姿で、大阪駅から東京行きの高速バスに乗車。防犯カメラの解析で浮上した不審人物と背格好やリュックの特徴が一致したため、捜査員は急きょこのバスに同乗し、約500キロ離れた東京まで尾行したという。
 渡辺容疑者は新宿区内で途中下車して電車に乗り換え、渋谷区内のポストに脅迫文とみられる封書を投函した直後に身柄確保された。持っていたリュックの中には、年末までに予定されている集英社のイベント「ジャンプフェスタ」などを標的とした新たな脅迫文約20通が入っていた。

Top_header_logo21_2 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013121600667

| トラックバック (0)

「JKお散歩」補導対象に=秋葉原、児童買春防止で-警視庁(17日)時事

女子高校生(JK)らが店で知り合った客と外出し、食事やデートなどに応じる「JKお散歩」と呼ばれるサービスが児童買春などの温床となる恐れがあるとして、警視庁は17日までに、JKお散歩の店で働く18歳未満の少女らを新たに補導対象にすることに決めた。同日までに、東京・秋葉原の店で働いていた少女を一斉補導した。(2013/12/17-05:50)

http://www.jiji.com/jc/c?g=socTop_header_logo21

| トラックバック (0)

ギャンブル依存の相談最多 12年度 県センターに117件 (17日)共同

 県精神保健福祉センター(長野市)に2012年度に寄せられた「ギャンブル依存症」といったパチンコや競馬などのギャンブルに関係する相談が、統計を取り始めた04年度以降最高の117件に上り、同年度の約3・3倍に増えていることが15日、センターのまとめで分かった。センターは、仕事上のストレス発散の場として始め、のめり込んでしまうケースが少なくないとみており、悩みを打ち明ける場の活用を呼び掛けている。
 センターによると、ギャンブル関連の相談が寄せられるようになったのは01年ごろから。統計を取り始めた04年度は35件だったが、07年度は50件を超え、12年度は統計開始以来、初めて100件を突破した=グラフ。
 相談内容は「ギャンブルにはまって多額の借金を繰り返してしまう」といった趣旨の相談が多い。数百万円の借金があるとの内容が少なくないが、最高額で5千万円まで膨らんだ事例もあった。
 ギャンブル依存症は、世界保健機構(WHO)の分類で精神疾患の一つに位置付けられている。家族や友人らにギャンブル代を無心するなど信頼関係を壊してまでも続ける場合はその症状とされる。
 センターへの相談者は親や妻など家族が6~7割を占める。センターは家族グループを作って支援したり、家族が当事者への対応を学ぶ講座を開いたりしている。
 センターの小泉典章所長は「ギャンブル依存症は病気という認識がないことなどから問題がなかなか表に出にくい。仕事や対人関係などのストレスからギャンブルにのめり込む人が多く、相談は増える可能性がある」と指摘。センターや県内各地の保健福祉事務所でも相談を受け付けており、関連機関を早めに利用するよう訴えている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.shinmai.co.jp/news/20131216/KT131122FTI090035000.php

| トラックバック (0)

「黒子のバスケ」事件 「指紋残らないよう細心注意」(17日)NHK

人気漫画「黒子のバスケ」の作者を中傷する文書などが関係先に相次いで送りつけられた事件で、逮捕された大阪の男が「指紋が残らないよう細心の注意をしていた」と供述していることが、警視庁への取材で分かりました。
これまでに送りつけられた400通ほどの文書から男の指紋は検出されておらず、警視庁は証拠を隠すための工作をしていたとみて捜査しています。
この事件は、人気漫画「黒子のバスケ」の作者を中傷する文書などが出版社や報道機関などに相次いで送りつけられたもので、このうち去年10月に作者の出身大学の上智大学に硫化水素が入った容器などを置いたとして、大阪市の派遣社員、渡邊博史容疑者(36)が威力業務妨害の疑いで逮捕されました。
一連の文書は去年10月以降、漫画に関連する各地のイベントの主催者や出版社などに相次いで届き、警察が確認しただけで400通ほどに上っていますが、渡邊容疑者が調べに対し「文書に指紋が残らないよう細心の注意をしていた」と供述していることが、警視庁への取材で分かりました。
警視庁が確認したところ、いずれの文書からも渡邊容疑者の指紋は検出されなかったということです。
警視庁は、証拠を隠すための工作をしていたとみて捜査しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131217/t10013883631000.html

| トラックバック (0)

覚醒剤:2キロ持ち込み容疑で米国籍の女逮捕 福岡空港(17日)毎日

覚醒剤約2キロ(末端価格約1億4000万円)を海外から福岡空港に持ち込んだとして、福岡県警が米国籍の女を覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。今年、同空港で押収された覚醒剤はこれで10キロを超え、記録が残る2002年以降最多となった。
 関係者によると、女は今年11月下旬、航空機で福岡空港に到着した際、ブリーフケース(書類用カバン)に覚醒剤を隠し持っていたという。門司税関職員が発見した。
 門司税関によると、同空港では▽6月にカナダから帰国した日本人の女が約3.5キロ▽11月に中国経由で入国したドイツ国籍の男が約5キロ−−の覚醒剤を密輸した疑いで逮捕されている。今回を合わせると今年は計約10.5キロとなり、02年以降最多だった03年の約8キロを抜いた。
 財務省関税局によると、航空機旅客からの覚醒剤押収量は10年に過去最悪の約235キロとなり、11、12年も連続して200キロを超えた。空港での押収量の増加について、捜査関係者は「税関などが発見後すぐに押収せずコントロールド・デリバリー(泳がせ捜査)を実施して受取人を追跡するため素人の『運び屋』を使っているのではないか」と警戒している。【尾垣和幸】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131217k0000m040127000c.html

| トラックバック (0)

トラック横転、車内の1人救出活動 九州自動車道(17日)朝日

16日午後11時20分ごろ、北九州市八幡西区九州自動車道下り線の八幡インターチェンジ(IC)近くでトラックが横転した、との通報が北九州市消防局に入った。市消防局によると、10トントラックが大破し、17日午前1時現在、車内に閉じ込められた男性の救出作業をしている。
 福岡県警高速隊によると、現場は片側2車線。事故の影響で、九州道の小倉東IC―八幡IC間の下り線と、東九州道の苅田北九州空港IC―北九州ジャンクション間の上り線が16日午後11時47分から通行止めになった。

Logo2_2

http://www.asahi.com/articles/SEB201312160052.html

| トラックバック (0)

小笠原の新島、甲子園球場の2倍の大きさに (17日)TBS

小笠原諸島の西之島近くにできた新しい島の面積がおよそ8万平方メートル、甲子園球場の2倍の大きさにまで成長していることが、海上保安庁による映像の分析から分かりました。
 赤外線カメラによる撮影では、高温の部分が白く写っていますが、依然として火山活動が活発に続いている様子が分かります。
 西之島と新しい島の距離はおよそ200メートルで、専門家は、「活動の継続によっては結合する可能性がある」としています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2082323.html

| トラックバック (0)

被害1億円超か 市職員がカード不正使用疑い(17日)テレビ朝日

高松市の職員の男が、同僚のローン用カードを使って現金を引き出した疑いで逮捕されました。同僚職員50人以上のカードが無断使用され、被害は1億円を超えるとみられます。
 高松市納税課の多田晃容疑者(38)は今年6月、同僚職員名義のローン用カードを使い、ATM=現金自動預け払い機で現金160万円を引き出した疑いです。多田容疑者は容疑を認めています。高松市によりますと、一昨年夏以降、57人の職員とOBが、多田容疑者から「銀行に勤める友人のノルマ達成に協力してほしい」と依頼を受け、銀行のローン専用カードを作りました。その後、複数の職員に身に覚えがない返済請求があり、被害が発覚。カードを他人名義のものとすり替えていたとみられ、被害総額は1億3000万円です。警察が多田容疑者から事情を聴く方針です。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000018071.html

| トラックバック (0)

都内の介護タクシー社長行方不明でさいたまの解体工場捜索 連れ去り実行犯?を別の強盗容疑で逮捕(17日)産経

東京都台東区の介護タクシー運営会社社長の男性(49)が1月に車で連れ去られたまま失踪した事件で、連れ去りに使われた車が事件後、埼玉県に向かった疑いが強まり、警視庁組織犯罪対策4課は16日、逮捕監禁容疑で、さいたま市内の自動車解体工場など数カ所を家宅捜索した。車が処分されるなどした痕跡がないか調べている。
 連れ去りの実行犯とみられる指定暴力団住吉会系組幹部の男(37)が埼玉県警に別の強盗容疑などで逮捕されていたことも判明。同課は男から社長の行方について事情を聴く。
 同課の捜査で、社長から現金を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕され、不起訴処分となった住吉会系元組員(46)が関与した疑いが浮上。現場周辺の防犯カメラの映像などから元組員の知人の同組幹部らが実行犯とみている。
 元組員は事件後から行方をくらましているが、組幹部は埼玉県内の民家で昨年9月に約3千万円を奪ったとして、今月2日に強盗容疑などで逮捕されていた。
◇■介護タクシー社長失踪事件
 介護タクシー運営会社の男性社長が1月26日午後8時半ごろ、帰宅途中だった東京都台東区東上野の路上で、3人組の男にスタンガンのようなものを押しつけられ、白のワゴン車で連れ去られたまま行方不明となった。社長は知人の指定暴力団住吉会系元組員から現金を要求されるなどしており、警視庁組対4課は金銭トラブルが事件の背景にあるとみている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131217/crm13121702070002-n1.htm

| トラックバック (0)

米ハーバード大に爆発物設置? 学生ら避難(17日)産経

【ニューヨーク=黒沢潤】米東部ボストン郊外のハーバード大で16日、爆発物が仕掛けられたとの未確認情報があり、学生や教職員らが避難した。
 米メディアによれば、爆発物は科学研究棟や学生寮など、4棟に仕掛けられた可能性があるといい、地元警察が調べている。同日に予定されていた一部の期末テストは中止された。
 ハーバード大学は1636年に創立され、学生数は2万1千人。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/world/news/131217/amr13121700590000-n1.htm

| トラックバック (0)

« 2013年12月16日 | トップページ | 2013年12月18日 »