« 親族装い数十の役所に電話、個人情報引き出す(8日)読売 | トップページ | 沖縄の2人「上京後に誘われた」 中1女子誘拐で供述(8日)共同 »

2013年11月 8日 (金)

詐欺容疑:LED開発会社を家宅捜索 「電通」子会社被害(8日)毎日

大手広告代理店「電通」の100%子会社「電通ワークス」(東京都中央区)に発光ダイオード(LED)照明の架空取引を持ち掛けて現金を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策4課は8日、同区のLED開発会社「ワールド・ワイド・エンジニアリング」(WWE)など関係先数十カ所を詐欺容疑で家宅捜索した。
 電通ワ社が一連の取引でWWE社に前金として支払った「前渡し金」は40億円以上とされ、同課は押収資料を分析し被害の実態解明を進める。
 捜査関係者などによると、電通ワ社は2009年にLED照明事業に参入、WWE社と販売契約を交わした。10年8月、横浜市のコンサルタント会社から「全国チェーンのドラッグストアなど計1650店舗の照明をLED化する話がある」と売り込みを受け、WWE社に77万本を発注、前渡し金として約44億円を支払った。
 WWE社は都内のメーカーに製造を発注し、11年1月から電通ワ社に商品の納入が始まったが、計画通りに設置が進んだ店舗は数十カ所にとどまった。電通ワ社が調査したところ、コンサル会社の販売計画は架空だった疑いが浮上。WWE社はコンサル会社側に「営業協力金」として3億円を渡したとされ、警視庁は両者が共謀していた疑いもあるとみている。
 多額の損失を出した電通ワ社は12年3月にLED事業から撤退。警視庁に被害届を出していた。
 LED照明は寿命が白熱ランプの約40倍、消費電力は約8分の1という省エネ性能が特長。節電意識の高まりを受け、電通ワ社が参入した09年以降は市場規模が対前年比約2倍のペースで増え、民間のシンクタンク「矢野経済研究所」の調べによると、09年に374億円だった出荷額は12年に4204億円に達しているという。【浅野翔太郎、福島祥】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131108k0000e040204000c.html

« 親族装い数十の役所に電話、個人情報引き出す(8日)読売 | トップページ | 沖縄の2人「上京後に誘われた」 中1女子誘拐で供述(8日)共同 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58536530

この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺容疑:LED開発会社を家宅捜索 「電通」子会社被害(8日)毎日:

« 親族装い数十の役所に電話、個人情報引き出す(8日)読売 | トップページ | 沖縄の2人「上京後に誘われた」 中1女子誘拐で供述(8日)共同 »