« 警視庁発表でアレフ名誉毀損、2審も都が敗訴(27日)読売 | トップページ | 32人からタイヤ144本盗む、容疑で宅配会社員を追送検/大和(27日)共同 »

2013年11月27日 (水)

教団元幹部の死刑囚“法廷で話をしたい”(27日)NHK

来年1月から始まるオウム真理教の平田信被告の裁判で証人となる教団元幹部の死刑囚が「法廷で直接話をしたい」と要望する書面を裁判所に送っていたことが分かりました。
死刑囚への証人尋問は法廷で行うか、別室からテレビモニターを使って行うか検討が続けられていて、裁判所の判断が注目されます。

オウム真理教の平田信被告(48)は、平成7年に東京・品川区で起きた公証役場事務長の拉致事件など3つの事件で起訴され、東京地方裁判所で来年1月から裁判員裁判が始まります。
裁判では、地下鉄サリン事件などに関わった3人の死刑囚の証人尋問が行われる予定で、このうち、教団元幹部の井上嘉浩死刑囚(43)が裁判所に「法廷で直接話をしたい」と要望する書面を送っていたことが関係者への取材で明らかになりました。
死刑囚への証人尋問は拘置所ではなく裁判所で実施されますが、法廷で行うか、警備上の理由で別室からテレビモニターを使って行うか、検討が続けられています。
井上死刑囚は、自分の弁護士に対しても「テレビモニターではなく、自分の知っている真実を裁判員や遺族の方たちに直接伝えたい」などと話しているということです。死刑囚への証人尋問は異例で、どのような方法で実施されるか裁判所の判断が注目されます。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131127/k10013364291000.html

« 警視庁発表でアレフ名誉毀損、2審も都が敗訴(27日)読売 | トップページ | 32人からタイヤ144本盗む、容疑で宅配会社員を追送検/大和(27日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教団元幹部の死刑囚“法廷で話をしたい”(27日)NHK:

« 警視庁発表でアレフ名誉毀損、2審も都が敗訴(27日)読売 | トップページ | 32人からタイヤ144本盗む、容疑で宅配会社員を追送検/大和(27日)共同 »