« 歌舞伎町で25歳ホスト変死 後頭部に殴られた跡 殺人容疑で捜査(6日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2013年11月 6日 (水)

脱法ドラッグ:摘発の増加続く 取り締まりが課題(6日)毎日

脱法ドラッグのまん延は取り締まりの現場でも大きな課題だ。全国の警察が今年上半期(1〜6月)に摘発した脱法ドラッグに絡む事件は、前年同期に比べ3.2倍増の51件▽摘発人数は同2.6倍の66人で、いずれも上半期としては過去最悪を記録した。警察庁は「指定薬物を大幅に拡大した結果、販売側を摘発する効果が出た」とみているが、今回の罰則強化を機に「乱用者への取り締まりも可能になる」と期待する。
 同庁によると、このうち「麻薬」に該当する事案は、前年同期の3件から19件に急増した。うち17件は、依存性が高いなどの理由で薬事法の指定薬物から麻薬に「格上げ」された薬物だった。
 脱法ドラッグを吸った影響で人身事故を起こすなどした交通関係の法令違反も17件あったほか、暴行や脅迫容疑で摘発したケースもあった。
 一方、脱法ドラッグを扱う業者は今年7月末に226件確認され、昨年6月末の382件から大幅に減少した。しかし、インターネットで注文を受け、宅配や郵便で届ける無店舗型は増加傾向にあり、全国の警察が警戒している。【川辺康広】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131106k0000e040220000c.html

« 歌舞伎町で25歳ホスト変死 後頭部に殴られた跡 殺人容疑で捜査(6日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58525013

この記事へのトラックバック一覧です: 脱法ドラッグ:摘発の増加続く 取り締まりが課題(6日)毎日:

« 歌舞伎町で25歳ホスト変死 後頭部に殴られた跡 殺人容疑で捜査(6日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »