« 中3自殺「いじめ大きな誘因」 調査委が報告書、広島・廿日市(17日)共同 | トップページ | 不発弾処理で住民7000人避難 作業は無事終了(17日)テレビ朝日 »

2013年11月17日 (日)

回収菓子からニコチン検出=毒物混入防止法適用も-「黒子のバスケ」脅迫・警視庁(17日)時事

人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、毒入りの菓子を置いたとする脅迫文が届いたため、コンビニ大手「セブン-イレブン・ジャパン」の店舗から回収された同作品のカード付きウエハース菓子から、毒物のニコチンが検出されていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。客が購入する前に店頭から撤去されており、健康被害は出ていない。
 一連の事件で、同作品の関連商品からの毒物検出が明らかになったのは初めて。警視庁捜査1課はこれまでの威力業務妨害容疑に加え、より刑罰の重い流通食品毒物混入防止法違反容疑の適用も視野に捜査している。ニコチンはごく微量で、致死量ではなかった。
 捜査関係者によると、10月下旬に報道機関や出版社などに届いた脅迫文には、千葉県内のセブンイレブンに「農薬を付けた菓子を作って置いてきた」などと書かれていた。この店を含む複数の店舗から撤去された菓子を警視庁が調べたところ、包装を破った跡がある商品を発見。中のウエハースからニコチン成分が検出された。
 たばこを水につけるなどして抽出したニコチンを付着させたとみられ、包装が破れた部分には「毒入り危険」などと書かれたシールが貼られていた。10月上旬~中旬ごろ、何者かが店頭の商品に紛れ込ませたとみられる。ニコチンは毒劇物取締法で毒物に指定されており、たばこ数本から成人の致死量が抽出できるという。
 作品の関連商品の撤去などを求める脅迫文は10月以降、書店やイベント会場など全国約250カ所に送られ、一部には「送付数は500カ所を超える」との記載もあった。コンビニのほか、大手書店やレンタルショップでも関連商品が撤去されるなど、各業界に影響が広がっている。(2013/11/17-02:35)

Top_header_logo21 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc

« 中3自殺「いじめ大きな誘因」 調査委が報告書、広島・廿日市(17日)共同 | トップページ | 不発弾処理で住民7000人避難 作業は無事終了(17日)テレビ朝日 »

脅迫・恐喝・略取・誘拐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58589780

この記事へのトラックバック一覧です: 回収菓子からニコチン検出=毒物混入防止法適用も-「黒子のバスケ」脅迫・警視庁(17日)時事:

« 中3自殺「いじめ大きな誘因」 調査委が報告書、広島・廿日市(17日)共同 | トップページ | 不発弾処理で住民7000人避難 作業は無事終了(17日)テレビ朝日 »